チュニスからカルタゴの遺跡へ、電車で往復。@チュニス/チュニジア

1988年3月26日になる。
昨日は、大阪からの旅行者のシンガポール航空の予約をするために、チュニスからローマへと電話をかけた。

自分のためではなかったが、面白ければすべていい。
話のネタが、一つ出来たと喜ぶ。

あのあと、ふらふらと軽くメディナに迷い込んだ。
モロッコでも、散々見てきたし、アルジェではカスバを歩いたこともあるので、チュニスのメディナを歩いても、それほどの感動はない。

ローマへ飛ぶことは決めていたのだが、切符を買ったのは、昨日25日だったと思う。
フライトは明日27日だ。

それで、ポッカリと、3月26日が空いている。
これはわざと一日空けて、チュニス近郊のカルタゴ遺跡(Carthage)を見に行く計画だった。

カルタゴは、ローマとのポエニ戦争で負けて、完全に破壊されたと聞いている。
だから、大きな遺跡は残ってないだろうが、それでもなにかあるでしょう。

一時期、カルタゴを日本に例えて、国際問題を論じるブームがあった。
バブル崩壊直後に、日本のあり方をカルタゴの繁栄と滅亡を材料にして論じたものがあったような。

僕は、確かにいろんな本を読むのだが、ほとんどは覚えていない。
なんとはなしの印象が、脈絡なく、記憶の中に残っているだけだ。

しかし、海外旅行で遺跡を見たことは、間違いなく体験として残る。
本で読んだことは忘れたりするが、自分で実際に現地へ行って、見たものは忘れない。

だから、海外個人旅行をすれば、確実に記憶に残るんだね。
そういう意味では、本を読むよりも、旅をした方がいいだろう。

さて、カルタゴの遺跡は、チュニス郊外の高級住宅地にある。
郊外電車に乗って30分程度だっただろうか。

僕が行ったときは、電車もガラガラで、人も少なくて、歩いて見て回るのに、ぴったりだった。
僕が見た感じでは、円形の軍港跡は、ちゃんと残っていたが、他のものは、たいして残ってなかった。

まあ、トルコのトロイ遺跡よりも、ましだったかな。
記憶に残ってるのは、遺跡で見た日本人の若いカップル。

遺跡を歩いて、だいたい見終わって、帰ろうと歩いていたとき、逆方向から歩いてきたんだけどね。
この時代は、中国人や韓国人は、まだアフリカを旅する人は多くなかったので、ここら付近で出会うのは、だいたい日本人だったんだ。

僕は、「おーい、日本人。遺跡はこっちだよー」と声をかけた。
カップルも、大声で、「こんにちわー!」程度の返事をした。

これだけでも気持ちよかった。
手許のガイドブックを見ると、「カルタゴ博物館」というものがあるようだ。

1988年にもあったようだが、中に入ったかどうか覚えてない。
でも円形の軍港跡を模型で見た記憶が在るから、博物館に入ったんだろうね。

天気がよかったので、遺跡を歩くのも気持ちよかった。
また電車に乗って、「シブディサイド」という町に行った。

ガイドブックに景色がいいところだと書いてあって、カルタゴの遺跡からも近かったからだ。
でもたいしたことはなかった。

あとは、とっととチュニスへ戻る。
チュニスには、「バルドー博物館(MUSEE NATIONAL DU BARDO)」というところもあるようだ。

しかし、僕がチュニスにいたときは、バルドー博物館の存在自体を知らなかったので、行かなかった。
2015年3月18日におきた「バルドー博物館テロ事件」は、ここで起きたわけだが。

明日は、チュニスからローマに飛ぶので、ホテルの支払いを済ませる。
残金が8TD(1200円)だった。

町を歩いてピザ屋を見つけたので、ピザとワインを買って、部屋に戻って、本を読みながら食べた。
モロッコ、アルジェリア、チュニジアと、北アフリカを横断したわけだが、この後アルジェリア情勢が悪化して、オキラクな旅は終わりになった。

1988年の春に、マグレブ三国を横断していたというのは、世界旅行者のすごさだね。
いま行けと言われても、よほどの取材費をもらわないと、わざわざ行きたくない。

明日は、イタリアへ入る。
三月の終わりだが、まだまだ日本人の女性旅行者がいることだろう。

そして、世界旅行者は、イタリアでは、連日、日本女性と出会って、ディープな話をして、盛り上がるのでした。
確かに、北アフリカよりは、イタリアの方が楽しかったね(笑)。

morocco algeria tunisia africa index
xxx