トズール(TOZEUR)〜ケビリ(KEBILI)〜ガベス(GABES)〜メドニン(MEDNINE)〜ジェルバ(JERBA)と移動して、フームスークに泊まる。@ジェルバ島/チュニジア

今日は1988年3月21日、昨日(3月20日)は、アルジェリアからチュニジアの国境を越えた。
これで、モロッコ、アルジェリア、チュニジアのマグレブ三国を横断したわけだ。
この時期、アルジェリアの情勢は非常に微妙だった。
首都のアルジェはモノもなく、レストランも閉まっていて、とてもとても長居出来る状況ではなかった。
フランス領だったから、当然ワインは飲めるはず。
それなのに、ワインもなく、ビールも飲めなかったというだけで、お酒の好きな僕はアルジェリアにいる理由がない。
だから、とっととアルジェリア滞在を切り上げたわけだが。
特にトラブルもなく、アルジェリアは通り抜けた。
アルジェリア内部では、出会う人はみんな親切で、旅は楽だった。
それ以降、アルジェリア情勢は悪化し、旅行は実質的に不可能になった。
「Lonely Planet Africa」でも、アルジェリアの項目は削除された。
ある程度治安が回復して、ガイドブックに記事が載ったりした。
ガイドブックにも詳しい説明が出てきたが、また旅行に着いては、注意書きが出てきたりした。
正直、世の中は常に変化して、将来の予測は不可能だね。
言えることは、1988年の春に、僕が確かにアルジェリアを旅したことだけ。
これだけで、,僕が旅行神に愛されているのが証明されている。
僕が旅をしていたころは、日本の景気がよかったバブルの時期だった。
だから、海外で出会うような若者は、大手企業に入社するのは当然だった。
旅行者と話をしても、基本的に、楽観的でオキラク。
旅自体も思い切り楽しめたし、旅先で出会う日本人旅行者との話も、楽しいものだった。
いまも長期の海外旅行に出る人はいるだろうが、日本人の海外旅行をめぐる状況が変化してしまった。
いま海外旅行に出ても、あのころのような、余裕のある旅は出来ないだろうね。
こんなことをわざわざ書いたのは、今日(2015/04/16)美女と会って、昔といまの変化に着いて、真面目な話をしたからだ。
僕が考えたのは、「僕がやったような世界一周旅行は、いくら金があっても、今は無理だ」ってことね。
1988年3月21日、まずホテルでトラベラーズチェックを両替した。
持っていたイギリスポンドのトラベラーズチェックを40ポンド分、アルジェリアディナールに換えた。
午前9時に、バスターミナル到着。
バスはから、午前9時半に出発。
途中は、塩湖(chott el jarid)を渡った。
ケビリ(KEBILI)まで2700ミリームと、ノートに書いてある。
1000ミリームは1アルジェリアディナールだったので、2.7アルジェリアディナール、つまり、400円ちょっとくらいでしょう。
バスでケビリに到着し、次のバスを捜していたら、ルアージュ(乗り合いタクシー)の客引きが声をかけてきた。
僕はイスラム教徒の人を信じているので、言われるまま、次はガベス(GABES)行きに乗る。
ガベスに着いたら、次は、メドニン(MEDENINE)へ。
乗り継ぎは全部、ルアージュ乗り場の人に声をかければ、次のルアージュに連れて行ってくれる。
料金は、車の中で乗客が手渡して支払う。
メドニンに着いたのが、午後3時だった。
ここでもルアージュを乗り継いで、ジェルバ島のフームスークへ。
つまり、今日は、ジェルバ島への移動でした。
このジェルバ島は、そのころの日本のガイドブックで大推薦してあったビーチリゾート。
ただ、このガイドブックの記事は、モロッコでもアルジェリアでもウソだらけだった。
だから、信用はしていなかったのだが、ある意味、「どれだけウソが書いてあるか、最後まで確かめたい」という気持ちもあった。
ガイドブックによると、ジェルバ島は、「精緻な金細工で有名」で「ビーチのホテルはコートダジュールのよう」らしいからね。
これも、もちろん、きれいな嘘だったけれど。
でも、南米に行くと、もっとすごいウソが書いてあった。
この時代に、日本のガイドブックは、ものすごいでっち上げをやっていたので、それを見破っていくのが、旅行者の楽しみでもあったわけだ。
フームスークの町で、適当なホテルにチェックインする。
町を歩いて、旅行代理店を見つけ、ジェルバ島から首都のチュニスへの飛行機を捜した。
というのが、北アフリカの旅に疲れていたので、とっととチュニスへ移動して、ヨーロッパ(イタリア)へ移動したかったからだ。
チュニスへのフライトは、火曜と土曜日にあって、22.2チュニジアディナール。
1ディナールが150円だから3330円、約3千円。
もう砂漠の旅には飽きてしまったので、とっとと移動した方が、スッキリする。
夜は、ワインと魚料理を食べに出かけた。
ところが、ワインに癖があり、魚もおいしくないので、途中で食べるのを止めて部屋に戻ってきた。
明日はジェルバ島のビーチへと移動する。
これも、ジェルバ島のビーチがいいと書いてある、ガイドブックを確かめるためだ。
morocco algeria tunisia africa index
xxx