トゥーグルトからエルウッドへ移動し、ドーム屋根のホテルに泊まり、気楽に砂丘へ入ると、一気に方向を失って、死にそうになる。@エルウッド/アルジェリア

1988年3月18日、アルジェから砂漠を走って、トゥーグルトへと移動する。
バスは快適で、途中で食事の休息もあった。
予定では9時間でトゥーグルトへ着く予定だったが、一時間遅れの10時間かかっただけだ。
バスの乗客のアルジェリア人に食事をおごってもらったし、トゥーグルトのホテルまでも案内してくれた。
この体験から、僕はイスラム教徒の人たちは、暴力的ではなく、愛想のいい商人だと考えていた。
イスラム商人は騙しはするのだが、暴力的な人に出会ったことがないからね。
騙しとは言っても、商売上の口がうまいというだけで、誰も犯罪だとは考えていない。
口がうまいので、安物を高く売り付けたり、恋愛詐欺をしたり、強引に日本女性の部屋に入ってきて口説いたり、するだけだ。
結局、旅先で現地人と親しくなりたいと考えている日本人旅行者が、餌食になるわけだが。
日本女性が、(特にトルコで)現地の男性に口説かれて、金を貢いだり、結婚して、じゅうたん屋をやる資金を出したりするのは、日本女性がそうしたいからなんだよ。
恋愛とは「大きな夢」だ。
海外で、現地の人と知り合って、やさしくされて、恋愛関係になったら、一生忘れられない思い出が出来るだろう。
少々お金を損しても、自分が好きな相手に、貢いだ金のことは、後悔しないだろう。
好きな相手を幸せに出来たことで、満足できるのでは??
人生は短いし、堂々と恋愛が出来る時間は短いのだから、いろんな恋愛をしたらいいと思うよ。
たとえ別れたとしても、人はその思い出だけで、生きていけるからね。
という風なことを、取りとめもなく考えたりして、トゥーグルトの宿で、ゆっくりと寝た。
翌朝は、本来の目的地、エルウッドへと向かう。
移動手段は、ルアージュ(乗り合いタクシー)だ。
確か、この時期は、ルアージュは、フランスの自動車プジョーを使っていた記憶がある。
前日、ルアージュの出発時間は調べてある。
旅行ノートを見ると、7時半、9時、11時、15時、16時、となっている。
もちろん僕は、朝一番の7時半のルアージュに乗る。
この時は、乗客が揃っていて、特に問題なく、だいたい時間通りに出発する。
料金は、トゥーグルトからエルウッドまで30DA(750円)。
距離は、60キロ程度だったので、一時間で着いたと思う。
到着したら、まずはホテル探し。
正直、どうやって見つけたか記憶にない。
多分僕のことだから、フランス語の練習ついでに、人に聞いたのだろう。
それとも、飛び込んだだけか。
このエルウッドは、「千のドームの町」と言われているようで、町の建物の天井は、ドームになっていた。
ホテルの部屋の天井もドームだ。
これは、珍しかったね。
この町のドーム屋根の絵はがきを送ったはずだが、いま捜したらないので、届かなかったのだろうか。
時間潰しに、ぶらぶらと町外れまで歩くと、砂丘が町に迫っていた。
椰子の木が砂に埋もれているのもいいね。
調子に乗って、道からちょっと外れて、砂丘の中に入ってみた。
砂に囲まれたくぼ地に入ると、まわりは完全な静寂で、サハラ砂漠の真ん中にたった一人でいるような気になる。
これはなかなか素敵だった。
しかし、実は、とても危険だった。
突然、自分がどこにいるのかわからなくなったんだ(汗)。
道路からちょっと入っただけなのに、砂丘で町や道路が見えなくなったら、本当に砂漠の中なんだから。
本気で焦った。
道路からたいして入ってないのに、完全に方向がわからない。
下手に動くと、ますます砂漠の奥へ入り込みそうだった。
あのままむやみに歩いていたら、道路から10メートル程度離れた場所で、死亡していただろう。
僕は冷静に、自分の足跡を捜し、砂丘の高いところへ上って、位置を確認したんだが。
今でも時々、僕はあの時死んでいて、いまの僕は魂だけの存在なのかもと、思うことがあるよ。
サハラ砂漠でなくなっていたら、旅行者としては、ふさわしい死に方だったろう。
でも、あそこで死んでたら、世界一周もできなかったわけで、心残りだったろうね。
まあとにかく、「砂漠は危険だ」という話でした。
明日は、アルジェリアを出て、とっととチュニジアへ向かいます。
morocco algeria tunisia africa index
xxx