『ブランタイヤ(マラウィ)からテテ回廊(モザンビーク)を通ってハラレ(ジンバブエ)へ@アフリカ』

【ブランタイヤ(マラウィ)からハラレ(ジンバブエ)へのバス】
1996年6月25日(火曜日)。

6月24日の月曜日に、ブランタイヤのモザンビーク領事館で、モザンビークのトランジットビザをゲットした。
そのときに、25日のバスの予約をしている。

出発の朝は緊張するので、いつものように朝早く、(この日は)午前4時に起きてしまう。
バスにトイレが付いてないと考えているので、トイレに何度も通って、体調を整える

アフロモーテルを午前6時に出て、バスのところへ行く。
バックパックをバスの屋根に縛り付ける。

バスは3台くらいある。
僕の乗るバスは乗客が三分の一程度しか埋まらなかった。

バスのシートに座っていると、マラウィの英字新聞「THE NATION」を売りにくるを配る(7クワッチャ/約50円)。
この新聞に掲載されている両替レートで、今日行くジンバブエの通貨、ジンバブエドルが10円だと見当を付ける。

新しい国に入るときは、その国の通貨の価値をある程度知っておくのが基本。
ただ、公定レートと実勢レートが大きく違っているところも多いけどね。

バスは午前7時半ぴったりに出発。
午前8時25分に、バスの中で、マラウィの出国カード(黄色)が配られる。

その中には、マラウィの滞在日数と、その期間に使ったお金を書くところがある。
僕の場合は、急いで通過したが、マラウィ滞在は5日で使ったお金は220ドル。

それから50クワッチャ(または5ドル)の支払いをする。
これがマラウィの出国税なのか、モザンビークの入国税なのか、よくわからない。

続いて、午前8時50分に、マラウィのボーダーポスト(国境事務所)へ到着。
ここで、パスポートにマラウィの出国スタンプをもらう。

税関で乗客は一列に並び、マラウィクワッチャをいくら持っているか聞かれた。
9時10分にバスはモザンビークへ出発。

モザンビークのテテ回廊を、バスはゆっくりと通る。
この回廊は、内戦があったときは、とても危険な場所だったらしい。

1996年現在は、内戦も終わってモザンビークの治安は回復しているが、かなり緊張する。
しばらくすると鉄橋をわたる。

鉄橋の下を流れているのが、「ザンベジ川」だ。
鉄橋を渡った時に写真を撮ろうかと思ったが、敢えて撮らなかった。

発展途上国の鉄橋というのは、軍事的に重要な施設なので、こういう国では一般的には撮影禁止だ。
注意は受けなかったが、下手に撮影するとカメラを没収される可能性もあるからね。

僕はただの旅行者なので、トラブルは可能な限り避けるようにしている。
とにかく、海外に出ると、規則があるないに関わらず、いちゃもんを付けられるものだからね。

風景は、目に焼き付けておけばいいだけの話。
1996年の時点では、自分のサイトを作るということも全く考えてなかったので写真にこだわりがない。

モザンビークでは、バスの通る道沿いに、いかにもアフリカの小屋という感じの、家が見える。
つまり、丸い家の上に円錐形の藁屋根が乗っかっているという感じ。

テレビでアフリカといえば定番で出てくるタイプの家だ。
このキノコみたいな家が固まっているのが、ポツリポツリと見える。

これを僕が実際に見たのは、モザンビークだけだった。
それで、強く記憶に残っているが、いかにもアフリカらしくて、面白かったよ。

バスがさらに進むと、次にバスの中で、ジンバブエの入国カードと関税申告書が配られる。
乗り物の欄には、このバスを厳密に「BK8256」と書くように指示される。

モザンビークのボーダポストでスタンプをもらう。
ゲートを越えて歩いて、ジンバブエのボーダーポストへ。

ジンバブエの入国審査で、「あれっ、日本人はビザがいらなかったかなー」と言われる。
表情から、単にからかっているのだとわかる。

続いて、「日本までの航空券を持っているか?」と聞かれる。
この質問は、「十分なお金(sufficient fund)がある」と宣言して、切り抜ける。

続いて税関で持ち物を申告する。
入国審査で、十分なお金があると言ったので、4千米ドルとカメラを申告した。

税関申告書と一緒に、税関を通過したという証明の紙をもらう。
次に荷物を全部持って、チェックを受ける。

これで、モザンビークとジンバブエの国境を超えたわけだ。
入国審査の付近に両替商がいたが、とっとと通過したのでジンバブエドルへの両替をしなかった。

再度バスに乗り込み、13時44分にバスはハラレに向かって出発する。
ジンバブエの道は、よく整備されている。

ハラレに入ったと思ったら、敷地の広い高級住宅街の中を通る。
町の中心へ入ると、キレイに整備された歩道を、黒人と白人が話しながら並んで歩いているのが見える。

これはこれは、まともな国に来たみたいだ、と思う。
午後5時少し前に、THIRD ST. とSPEKE AV.の角に到着。

バスはここで終点。
つまり、朝7時半にブランタイヤを出てから、ハラレの街角まで、約10時間かかったことになる。

国境を2つ越えたので、その手続きでずいぶん時間がかかった。
実際にバスが動いている時間はもっと短かったけどね。

マラウィ、モザンビーク、ジンバブエの3つの国を1日で旅したことになる。
これで、1日で3カ国を旅行したわけだ。

でも僕は、「1日で4カ国」旅行したことがあるけどね。
さて、午後5時ということは、だんだん日が暮れる時刻だ。

国境を越える時に話をしていたイギリス人カップルと一緒にハラレの町を歩く。
彼らは英国のバークレー銀行のカードで街角のATMからジンバブエドルを出すという。

僕もこのとき、VISAとシティバンクの国際キャッシュカード(シティカード)を持っていた。
ただ、初めて来た国の街角のATMにカードを入れる度胸がない。

とにかく宿さえきめればいいだろうと、彼らと別れて、とっとと歩く。
「BACKPACKER'S REST」へ歩き、部屋を確保する。

シングルルームで、107ジンバブエドル。
1ジンバブエドルを(1996年8月は)10円と考えるので、千円ちょっと。

殺風景なベッドだけの部屋だが、シングルで千円なら我慢できる。
ジンバブエはそんなに物価の安いところではないからね。

バックパッカーズレストの人に、両替できるところを聞く。
「AMBASSADOR HOTEL」へ行くと、ここの両替窓口は午後10時までオープンしていた。

100ドルのトラベラーズチェックを両替すると、963.23ジンバブエドル。
それから、2パーセント(19.27ジンバブエドル)の手数料が引かれて、手にしたのが943.96ジンバブエドルとなった。

「国境の両替レートの方がレートがよかった」と僕のノートに書いてある。
が、国境のレートは記録してありません。

国境を越える時は、何とかなると思っていても結構緊張する。
国境を通れた喜びで両替レートを記録してなかったんだよ。

でも面倒なので、これ以降も「1ジンバブエドルは10円」と考えることにします。
お金を手に入れて、まずやることはビールを飲むこと。

アンバサダーホテルの隣の「SOCCER INN」という、英国風パブに入った。
ここでも、黒人と白人が同じ部屋で普通に会話しながら、ビールを飲んでいた。

キャッスルビールがワンパイント7ドル(70円)。
これを2杯飲んだ。

「CHIKEN INN」というバーガー屋で、チリバーガー、ステーキバーガー、チップス、コークを頼む。
これが全部で50ドル(5百円)弱だった。

ホテルへ戻ったら、まだ飲み足りなかった。
隣の学校みたいな建物にもバーがあるというので、またキャッスルビールを飲んだ。

ほとんど客がいなくて、カウンターに座ると、歳をとった白人のバーテンが話しかけてきた。
「ジンバブエは黒人と白人の仲がいいみたいですね」なんて、見当違いのことを話したっけ。

でもこの時期まではまだよかったんだよ。
これがジンバブエの崩壊が始まる直前だった。

1996年のこの時代は、ジンバブエの治安は非常によかった。
町も清潔で、都市部では黒人と白人は平等に生活をしていた。

とすれば、ここからビクトリアフォールズへ行くのも問題ないだろう。
そのあと、南アへ下ればいいだけだ。

問題なのは、ジンバブエも南アも物価が高いだろうってことだけどね。
でも、モザンビークを通過したのはよかった。

実際アフリカの国々の治安は、いつ乱れるかわからないからね。
ジンバブエは2000年ごろから、ムガベ大統領の失政により猛烈なインフレが起きた。

白人農場主を追い出す政策をとったために、治安の悪化が起きているとか。
僕がいた1996年はまだ政策転換がなされず、白人と黒人の協調がうまく行っていた時期みたいだよ。

2008年現在では、ビクトリアフォールズは大丈夫みたいだが、他の町を個人旅行するのは躊躇するよね。
とにかく、海外個人旅行では、その国に安全に旅行すること自体が、大変なことなんだよ。