『左足の親指が化膿したので、ナイロビ病院へ行ったら、破傷風の予防注射をされた』
【ナイロビ病院で破傷風(tetanus)の予防注射をした記録】
ナイロビ中心の大通りケニヤッタ通りを歩いていたら、左の足の親指が痛くなった。
チェックしてみると、ちょっと腫れている。

これはまずいなー(涙)。
だいたい、海外個人旅行では歩きが基本。

歩けなければ、旅は不可能だ。
しかも、ここはアフリカで、土の中には、未知のウィルスがどっさりいるかもしれない。

僕がいたのは、1988年の6月。
ナイロビの雨季はまだ明けず、ナイロビの中心街でも道路の土は、ねちょねちょぬるぬる状態だった。

その日の朝、まず僕はバークレイ銀行に行って、70英ポンドをケニアシリングに両替した。
2万円程度だね。

続いて、タンザニアビザの申請に行く。
これは2日後の午前中にもらえることになった。

タンザニアのビザをもらうために、もちろんパスポートを預ける。
だから、その前に銀行へ行ったわけだよ。

僕のお金はすべて、このとき、トラベラーズチェックだったからね。
日本円とイギリスポンドで2百万円程度のトラベラーズチェックを持っていた。

用事は午前中の早い時間に終わってしまった。
ナイロビ病院へ行ってみる。

ナイロビ病院はナイロビ市内から西の方向へ行った郊外にある。
このときに初めて僕は、ナイロビの市内バスに乗った。

どこで降りたらいいのかわからないので、乗客の黒人の皆さんに声をかける。
「ナイロビ病院に来たら教えてね」ってね。

ナイロビ病院はそれほど混雑してはいなかった。
診察してくれたのは、50歳くらいの黒人の落ち着いた医師。

僕の症状は、左足の親指がちょっと腫れているだけ。
普通の人ならば、この程度の傷でナイロビ病院まで来ないと思う。

なので、ちょっと恥ずかしい。
「これからアフリカへの旅に出るので、治療できるところはナイロビだけだと思いますし…」と言う。

また、「アフリカは危険ですから」と付け加えたら。
「アフリカのどこが危険だと思うんですか?」と、聞き返されたよ。

この時期は、エイズが大変な問題になっていたので、僕はエイズを意味していた。
でもまあ、それは失礼だから?言えなかったけどね。

診察してもらうと、やはり少し化膿していたようで、膿を出して、それを検査に回す。
まあ、あとは傷口を治療して、飲み薬ももらった。

おまけに「破傷風(tetanus)」の1回目の予防注射までされてしまった。
でも僕は、面倒だったので2回目は受けなかった(というか忘れていた)。

僕はこの最初の世界一周旅行で、それまで結構病気をしてきた。
イギリスでは、たぶん勉強のしすぎ(お酒の飲みすぎ)で、身体にぶつぶつが出来た。

ロンドンの日本クラブの医師によると「アトピー」だったようだ。
そのあと移動したパリでは上半身が真っ赤になった。

アメリカンホスピタルの医師によると、「Tシャツの染料によるアレルギー」という診断だった。
僕の考えでは、「染料アレルギー」が「アトピー」と戦って、勝利したんじゃないかな。

つまり、染料アレルギーの方がアトピーよりも強力だったので、アトピーは治ったわけだ。
続いて、医者の言うとおりに、しばらくは風呂に入らず、色物のTシャツを着ないようにした。

染料アレルギーの症状は、スペインで治った。
治ったと思ったが、そのあとヨルダンで青いシャツを着たら、軽く皮膚が荒れた。

それ以来、僕は派手な色物のTシャツは着ないようにしている。
僕の写真がいつも、同じ色のTシャツでロゴだけが違うのは、そのせいなんだね。

ところで、それまでは、海外で医者にかかると、だいたい「1回1万円」という感じだった。
ナイロビホスピタルも、いろんな検査や薬を合計すると、やはり1万円(8千円程度)かかったよ。

まあこの話は、1988年のことなのだから、いまはもっとするだろうけどね。
もちろん僕は、AIUの2年の海外旅行保険に入っていた。

だから、病院に行って治療費がかかっても、「自分で一度支払って、それを小切手で取り戻す」というパターン。
まあ、いまは、海外旅行保険では、最初から保険会社が支払ってくれるよ。

この話は何しろ1988年なので、一応自分で支払うのが原則でした。
化膿した部分を切開して、薬を塗って、抗生物質をもらったら、もちろんスカッと治癒した。

でも、一応、検査結果を聞きに行ったよ。
それで全部合わせて治療費は、996シリングだった。

この時代1ケニアシリングは8円と考える。
だから、8千円程度だね。

AIUのパンフレットの中に、ナイロビのAIUの事務所が書いてあった。
それは、ナイロビの高層ビル群の中にある。

だから、治療の診断書や支払い明細の書類を持って、訪ねてみた。
書類を提出したら、30分ほど待たされて、その場で現金で支払われました(笑)♪

待ってる間に、担当者の机の上に山積みになっている書類をぱらぱらとめくっていた。
すると、平塚さんという23歳の女性が、ヒルトンホテル前で引ったくりにあったとか。

よく読むと、彼女は引ったくり犯のために、道路に倒れ、その時に顔面に擦り傷を作ったそうだ。
その時の被害は、バッグと、バッグに入っていた現金1万3千円。

やはり、ヒルトン前の繁華街でも、危険なんだねー。
ところでいま思い起こすが、1988年に23歳のピチピチヤングギャルだった女の子の平塚さん。

いまでは、43歳になってるんだよなー。
もちろん若い時にケニアに来るような女性は、40歳を過ぎても十分に魅力的でしょう。

でも若いうちにいろんな楽しいことを、たくさんした方がいいよ♪
世界旅行者でしたっ!
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080805