『タンジェから鉄道に乗り、深夜カサブランカへ到着して、「ホテルプラザ」にチェックイン(1988/03/06)』
二等車の列車のコンパートメントは、ヨーロッパの鉄道車両と同じく、向かい合わせに3人ずつ、6人が座れるようになっている。
日本人学生が3人、僕が一人で、日本人が合計4人。
モロッコ人は東洋人が4人もいるコンパートメントを敬遠しているようだった。
でも、列車が混んできて、モロッコの人がコンパートメントに入ってきた。
モロッコ人の中年女性が、フランス語でいろいろと僕たちに質問する。
ありふれた人定質問がある。
つまり、どこの国の人、観光旅行なの、どのくらいモロッコにいるの、のあとで、「モロッコ人女性をどう思う?」という定番の質問だ。
これは、特に興味がない相手との話を盛り上げるための必殺の質問だから、読者も覚えておくといいだろう。
例えば、海外で外国人旅行者と話をしたいが何を持ち出したらいいかわからないとき、これが使えるんだよ。
「日本女性をどう思いますか?」ってね。
相手が日本女性について話すことがあれば、話が盛り上がる。
知らなければ、「日本女性は外国人男性が大好きなんですよ」と、こちらから話を続けられるからね。
また、こういう決まりきった質問については、考えなくてもすぐに答えられるように用意しておくのが本格的な旅行者なんだ。
僕はすぐに、「モロッコの女性はとてもきれいで、魅力的だと思います」と、定番の答えを返す。
すると、「モロッコ女性と結婚したらどうか?」と話を返される。
ここで「そうは言われても、僕は結婚はまだ早いし…」などと真剣に考え込んではダメだよ。
これは、ただ話の流れで出てきた質問なのだから。
僕は、「お金がないので結婚できません。ですから、お金持ちの女性ならいいですよ」と、すらっと答える。
そこで「はっはっは」と笑いあって、一つの話がにオチがつくってわけなんだね。
この一緒になった日本人男子学生三人組は、とても愛想が悪かった。
今から考えると、この1990年以前のヨーロッパの三月は、卒業旅行の日本人大学生だらけだった。
この3人も特に旅行好きというわけでもなく、ただなんとなく旅に出てしまっただけなのだろう。
元気のいい学生ならば一人で列車に乗って列車で寝て、ヨーロッパ中を走り回っていた時代だ。
それに取り残された、暗い性格の3人がくっついてしまったというわけだ。
話の接ぎ穂がないので、大学の専攻を聞くと、リーダー格の学生は「社会工学です」という。
社会工学とはあまり聞いたことがない。
「それはナニを研究するの?」と聞くと、「橋を作ったり、道路を作ったり」と返事がある。
ってことは、「土木工学」じゃないのかな?
それを聞くと、「一般的には土木工学ですが…」と言うので、ただ「土木」という言葉が恥ずかしかったのだろう。
ま、土木工学を英語で書くと「Civil Engineering」なので「社会工学」と訳せないことはないのだけどね。
これで彼が一流大学生ではないとわかった。
というのは、一流大学生はわざと自分の専攻を卑下するものなので、土木ならば「ドカタです」と言うものなのだよ。
例えば、電気工学だったら「電気屋です」とかね。
これは、海外旅行で出会った学生の本当のレベルを簡単に判断できるテクニックなので、覚えておくと便利だと思うよ。
相手が一流大学生を名乗ったら、その大学をほめまくるのが原則。
ホンモノならば、「いや、つまらないところですよ」とか「馬鹿ばかりですね」と答えるものだ。
実際、日本の大学なんかに、本格的に頭のいいやつなんか、いるわけないんだからね(涙)。
列車はタンジェ駅を定刻に出発し、夜11時過ぎにカサブランカに着いた。
学生はここでマラケシュ行きに乗り換えるので、そのまま駅で列車を待つという。
僕は無理をせずにカサブランカ泊まりだ。
駅を出て大通りをまっすぐ歩き、明りのついていた大きなホテル「ホテルプラザ」にチェックインした。
ベランダ・バスタブ付きのツィン、という日本の一流ホテル並みの大きさの部屋に1泊162DH(2700円)で泊まることになる。
もうほとんどのレストランは閉まっていた。
が、おなかもすいているし、アフリカ最初の夜を祝いたい気持ちもする。
ホテルのフロントでビールを飲めるところを聞く。
紹介された近くのバー"Les Fleurs"へ行く。
ここはハイネケン1杯16ディルハム( 270円)。
ホステスではなくて、客という形でフィリピンの女性が多い。
まあ、フィリピンから出稼ぎの人たちなんだろうね。
このホステスさんに「韓国人か」と尋ねられる。
港の建設工事に韓国人がたくさん来ているそうだ。
そういえば「ホテルプラザ」も日本人技術者が良く泊まるとか。
個人旅行者がどんな辺鄙なところへ行ったとしても、そこには日本からの企業戦士がすでにいるものなんだよ。
ラングーンのホテルでも、日本人の電気技術者に会ったことを思い出すね。
スペインではモロッコの悪い噂を散々叩き込まれていたが、たいして変わったところでもない。
タンジェの両替屋がしつこいだけで、列車の中で話した人もごく普通の人たちだった。
モロッコに、ほんの数日、観光旅行で滞在した所で何の話のネタにもならないね。
「ここに来る旅行者が臆病で大げさだから、モロッコをとんでもなく旅行が難しい所のように言っているだけなんだ」と思う。
「実際、ここで普通に仕事したり生活している日本人(韓国人も、フィリピン人も)いっぱいいるのだ」と少し酔った頭で思う。
軽く飲んだだけで、ホテルに戻って寝た。
というか、実際は、ホテルにチェックインしたあとで、カサブランカ駅でマラケシュ行きの列車を待っている日本人旅行者のところへ戻ったんだけどね。
というのは、ディルハムが少なければ、交換してあげようかと思ったからね。
翌朝起きると、もう日は高かった。
シャワーを浴びて、4階の僕の部屋のベランダへ出る。
真っ青なモロッコの空、大通りの椰子の街路樹、通りを隔てたメディナの雑踏、ビルの透き間からカサブランカ港の群青が見える。
向かって左側、港と逆の方向の青空にそびえているのはシェラトンホテルだ。
新鮮な力がみなぎって、アフリカの大気をいっぱいに吸う。
カサブランカは近代的な町だ。
モロッコも人から聞いて、恐れていたほど特別なところではない。
マラケシュのジャフナ広場に行った所で観光客だらけだろうさ。
そこで出会う旅行者も、このところ会った普通の日本人のように、あんまり変わっていない気がする。
こうなると、少なくともサハラ砂漠は見なければ、こわごわジブラルタル海峡を越えた意味がないよね…。
えーい、こうなれば今日はアルジェリア領事館へ行こう!
ビザを取って北アフリカの砂漠地帯を横断するしかない。
僕はこの朝、スペインに戻ることを止めると決意した。
モロッコからアルジェリアへ、そしてチュニジアへ、サハラ砂漠を横断しようと考えたからね。
moroccoalgeria tunisia africa index