『ケープタウンに到着して4日目にやっと、テーブルマウンテンに上る』

【ビクトリアワーフショッピングセンターからテーブルマウンテンを見る】
1996年7月7日。
7月7日といえば、普通の日本人が考えるのは「七夕」だろうね。

しかし僕は、1937年7月7日の「盧溝橋事件」を考えるんだよね。
盧溝橋事件から日本は日中戦争の泥沼に足を踏み入れてしまった。

ただ、盧溝橋事件があろうとなかろうと、いずれは日中は全面戦争に入っていただろう。
蒋介石も日本政府も、互いに相手の力を見誤り、結局は中国共産党に利益を与えてしまったんだ。

そういうどうでもいいことをボーッと考えながら、メトロポールホテルのフロントで、ケーブルウェイの事を聞く。
前日は、雨が止んでなかなかいい天気だったが、ケーブルウェイは動いていなかった。

ケープタウンはこの一週間ほど天気が悪く、雨がしとしと降り続いているのだ。
フロントは電話をかけて、「Running, but very cold on top」と返事をくれた。

バスでの行き方も聞いていたが、とにかく急いでタクシーに飛び乗る。
駅前から、タクシーに乗って、ケーブルウェイ乗り場へ。

タクシー料金が32.6ランドだったので、チップを含めて35ランド(約875円)払う。
ケーブルウェイ駅に着くと、そこにはすでに長い列が出来ていた。

ケーブルウェイはなにしろ一週間も動いていなかった。
だから、観光客が溜まっていて、一斉に押しかけたってところかな。

【テーブルマウンテンへのケーブルウェイ】
午前10時半から午後12時半まで2時間も列に並んだ。
ケーブルウェイの料金は、往復で24ランド。

乗ってみてわかったんだが、ケーブルウェイのワゴンがたった2台しかない。
それがゆっくりと行ったり来たりしているだけなんだ。

【ケーブルウェイが駅に近づく】
ワゴンの定員が27人。
これでは、2時間も待つわけだ。

しかも、ワゴンには窓ガラスがない。
スピードも遅い。

【ケーブルウェイは、特に到着直前はほとんど垂直に上る】
南アフリカの観光地テーブルマウンテンの有名なケーブルウェイにしては設備が貧弱だ。
ただ、僕はこれが南アフリカ人の感性なのだと思う。

ケーブルウェイのワゴンから下を見ると、岩山を歩いて上っている白人が見えた。
彼は、ワゴンを見上げて、笑いながら手を振っていた。

【ケーブルウェイの駅】
その他にもよく見ると、岩山を上っている白人が3人ほどいた。
「日本人は道のない岩山を登るなんてことはしないよなー。彼らとは考え方が違うよ」と、わかった気がした。

それにまた、テーブルマウンテンの駅がすごいからね。
ケーブルウェイは、最後の部分ではほとんど垂直に上り、ロープで引き上げられるような感覚になる。

【手すりのある展望台】
テーブルマウンテンの上も、自然のままだ。
つまり、転落防止の柵や仕切りなんかはない。

わずかに、一部展望台ぽいところだけ、手すりがあるだけだ。

【ケープタウンの町を見おろす/展望台以外は全く安全設備はない】
しかし他のところは、自然のままで、何の設備もない。
帰りはケーブルウェイで駅へ降りたあと、町までずーっと歩いて行った。

MOLTENO,HOF,GOVERNMENTの通りを通って、ロングストリートへ。
ケープタウンの日曜日はほとんどの店が閉まっている。

テイクアウトで、カレーライスとソーセージ、フィッシュアンドチップスとビールを4本買った。
部屋に戻って、「GON!」の最終回の原稿を仕上げた。

夜は、テレビでジャンクロードヴァンダムの「TIME COP」を見る。
ケープタウンについて、4日目でやっとテーブルマウンテンに上れた。

短期旅行やツアーでは上れない人もいることだろう。
ということは、僕はやはり、神に愛されているってことかな。
アフリカ  西アフリカ INDEX 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
xxx