スエズ運河(ハルガダからスエズまでの満員バスで、立ったまま6時間)@スエズ/エジプト

スノーケリングすれば、もうハルガダに用はない。
エジプトには、他にも見るものがたくさんあるんだからさ。

スノーケリングのあとで、バスターミナル(というか、バスが来る広場)に行って、翌朝のカイロ行きのバスを調べる。
切符売り場のおじさんに、英語とフランス語を使ってなんとかたどたどしい会話が成立する。

「テレビ付き、リクライニングシートのカイロ行き豪華バスが明日の朝出る」らしい。
身体も疲れていることだから、とにかくこの豪華バスを予約する。

翌朝、疲れた身体をベッドから起すと、ホテルの水が出ない。
だから、歯も磨けないし、顔も洗えないし、髭も剃れないし、トイレも流れない。

残っていたミネラルウォーターをUくんと分け合って、なんとかやれるところまでやる。
トイレはもちろん流さない(流せない)。

バックパックを背負って、バスターミナルに行く。
そこにいた人に豪華バスのことを聞くと、そんなものは来ないという。

もらった切符を見せて追求すると、どうやら、この豪華バスというのが夜行バスらしい。
出発時間が午前と午後と間違っているわけだ。

これは困った…。
あと12時間、夜まで待てばバスに乗れるが、夜まですることがない。

こんな日差しの強いところで、時間は潰せない。
となると、昼間だけでもホテルを取って休むか、それとも…。

考えているところにバスがやってきた。
相談していたエジプト人男性が「スエズ!スエズ!」と叫ぶ。

僕はUくんに、「これに乗る!」と叫んで、バスへ突進する。
カイロまではいけなくても、スエズへ移動することが大切だ。

とにかく、ハルガダには何もないんだから。
バックパックはバス屋根の上に乗せられる。

そうして乗り込むと、超満員だ。
ところでこの「超満員」という定義だが、言葉どおりの本当の超満員なんだ。

何とかぎりぎり身体はバスへ押し込んだ。
すると、立ったままで身体が一つも動かせない。
動かせるのは指の先くらいなものだ。
世界に悪名高い日本の満員電車もこれほどではない、というくらいの満員なんだ。
こんなに満員だと腕を動かせないので、痴漢行為も不可能だ。
これはとても耐えられないと、バスを降りようと思っても、身体が動かないのだからバスから脱出することも不可能。

世界旅行者は覚悟を決めて、Uくんと世間話をしながら、スエズへと向かうことにした。
ま、選択肢はないからね。

しかもそのあと、ハルガダの町外れで、さらに乗客が増える。
あまりに押されるので、胸の肋骨がみしみしときしみ、折れそうなくらいだ。

もうUくんと話す気力もない。
このオンボロバスには、もちろんクーラーなんか付いてない。
窓は開いているが、人が多すぎて風を感じられない。
冷や汗が顔に湧いてくる。
運がよかったのは、トイレに行きたくならなかったってことね。
こんなところでウンコをちびっていたら、生きて帰れなかったかもしれないよ。

身体を硬直させて立っていると、スエズ運河に入ったようで、大きな船がゆっくりと動いているのが見える。
このころ乗客がちょっとだけ降りて、身体の圧迫感が減少した。

こんな感じで、スエズの町へ到着したのは、ハルガダを出て6時間後。
つまり、世界旅行者は6時間も超満員バスで立ちっぱなしだったってことね。

いやあ、思い出すだけでも疲れる。
僕はバスの中で、「もうダメだ。とにかく、スエズへ到着したら、とっとと宿を捜して身体を休めよう」と決意していた。

バスは、スエズのバスターミナルに到着。
Uくんは、バスターミナルからそのままカイロへと向かうという。
暇つぶしに、彼を見送ろうと、彼の出発を待つ。
切符売り場の窓口には長い列が続いていた。
Uくんがカイロ行きの切符を買う。
そのとき僕の頭にひらめいたことがあった。

【旅行哲学】乗り物に乗る話はイロイロあるが、「満員バスで立ったまま6時間」というのはさすが世界旅行者だね
注) 、「Lonely Planet Africa 2001 9th」によると。
2010年だと、ハルガダからカイロへは毎時間バスが出ていて、所要時間は6時間。
ハルガダから、ルクソールは5時間で行くそうです。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt