スエズからカイロへたったの1時間40分。「クレオパトラホテル」にチェックインして、九龍飯店へ(おまけに、日本人大学生の英語力を論ずる)@スエズ〜カイロ/エジプト

1988年5月28日、ハルガダから超満員ローカルバスに乗って、スエズに到着した。
ハルガダを出て6時間と、僕の旅行ノートに書いてあるので、午前8時に出たとしても、スエズ到着は午後2時だ。
スエズのバスターミナルでローカルバスを降りてホッとする。
立ちづくめで疲れたが、五体無事にスエズに着いて、まだ日も高い。
疲れは、スエズで、冷房の効いたホテルを捜して、ビールを飲んで、ベッドに転がり込めば、すべて解決だ。
ただ、ちょっと時間がありすぎるね。
暇つぶしもかねて、学生さんが切符の窓口に並び、カイロ行きのバスの切符を買うのを、眺めていた。
その時に聞いたら、スエズからカイロまで、たったの2時間で到着するとのこと。
切符売り場のすぐ横に停車しているカイロ行きの大型バスを見ると、冷房完備で指定席で、席はリクライニングをする。
バスの本数は、一時間に一本程度ある。
学生さんは、次に出発するバスの切符を手に入れた。
僕は、この瞬間、「僕もこのままカイロへ行ってしまおう!」と決意した。
スエズで中途半端な時間潰しをするより、カイロへ行った方がスッキリする。
カイロでは、エアコンの効いた「クレオパトラホテル」に泊まればいいし、そうすれば、ホテル地下の韓国レストラン「九龍飯店」で食事も出来る。
スエズにいたら、中途半端に時間を無駄使いするだけだ。
僕は、学生さんに、「一緒のバスでカイロへ行こう」と、命令に近い提案をした。
一緒に行くのはいいが、バスの座席は指定席だし、出発時刻も決まっているので、彼の切符を払い戻ししなければならない。
切符を買う列は長いので、払い戻しで並んでいるうちに、彼のバスは出てしまう。
僕は学生さんに、「エジプト人に切符を売れ」と言う。
学生さんは、列に並んでいるエジプト人に「ウッジューライクトゥー…(Would you like to…)」と話しかけて、そこで英語が止まった。
これが日本人の学生が、英語を話すときの、平均的なレベルだ。
スペインのバルセロナでも、鉄道駅で、日本人学生が長蛇の列を作って、切符の窓口に並んでいたのをみたことがある。
彼らは、みんな「アイドライクトゥー(I'd like to…)」までしゃべって、英語がそこで止まっていたものだ。
こういうかったるい英語だと、ウザッタがられるだけ。
英語は、スパッと本質を伝えることが重要。
鉄道駅の窓口で切符を買うときは、「どこ行きの何時の切符を何枚欲しいのか」を伝えればいい。
一度に言えないなら、行き先だけ言えば、出発日や、時間や枚数は、窓口の人が聞いてくる。
だから、まず最初に、どこ行きかを伝えればいいだけなんだよ。
それ以前の段階で止まっているから、英語がしゃべれないわけだ。
まあこれは、英語の問題ではなくて、日本の英語教育が間違っているわけだけどね。
それ以前に、日本人は、自分が何を言いたいのか、わかってないってこともある。
ま、それを語ると、日本人論になるが。
この英語論、日本人論に着いては、また別の機会に、語ることもあるでしょうから、御期待ください。
さて、僕はスエズのバスターミナルで、学生さんのバスの切符を、取り上げた。
それを、列に並んでいるエジプト人に見せて、「バスティケット、カイロ!ジスバス!」とバスを指差して大声を出した。
そうしたら、定価で、すぐに売れました。
買った人は、早いバスに乗れるのでうれしいし、僕たちも、切符が処理できて、スッキリ。
次は2人で列に並んで、その次のバスの切符を一緒に買う。
乗ってみると、ハルガダからスエズへの満員ローカルバスとは大違いで、ゆったり座れて、いい気持ち。
思い返してみると、この学生さんと出会ったのがアスワンで、それからルクソールをあちこち見物して、ハルガダでは一緒にダイビングもした。
学生さんとは、5月23日に出会って、今日が28日。
足掛け6日も一緒にいるわけだし、ハルガダでの2日は、一緒の部屋に泊まった。
ハルガダからスエズへの満員バスで、6時間も立ち尽くしのひどい体験も共有した。
これからカイロへ着けば、学生さんは、そのころ有名なバックパッカー宿「オックスフォード」へ、僕は「クレオパトラホテル」に泊まると決めている。
つまり、今日でお別れだ。
僕は、かなり疲れていて、頭がボーッとしていたので、彼にアドバイスしたくなった。
まずは、「英語論」だ。
彼は東京外大だから、一応英語は出来る(ことになっている)。
僕はなにしろ、もともと頭がいい(京大工学部卒業)上に、「ケンブリッジ英検特級(CPE)」という超難関試験を取ったばかりだから、説教しても許されるだろう。
10年以上前に英検一級も取っていて、この世界一周旅行のあと、日本で「通訳ガイド試験(通訳案内士試験)」にも合格した。
海外旅行中は、時間があれば、英語の新聞(International Herald Tribune)雑誌(Newsweek)、英語のペーパーバックを読んでいた。
旅の共通語は英語なので、毎日英語をしゃべっている。
ここで語ったのは、主に、相手が理解できるレベルの英語をしゃべれってこと。
英語教育を受けてない普通のエジプト人に「would like to…」なんて丁寧表現を、使っても混乱するだけ。
それより、「I want to…」の方が理解される。
切符を売りたいなら、切符を買うために列を作って並んでいる人に、バスの切符を見せれば、誰だって売りたいのだと理解できる。
だから、英語をきちんとした文章として話す必要はないって事ね。
日本人は、英語を話すときに、まず頭の中で英作文をして、そのきれいな文章をそのまま話そうとする。
こんなかったるい、時間のかかることをやっていたら、英語をしゃべることは出来ないよ。
受験英語の致命的な欠陥だ。
英語論のあとは、続いて旅行論を語る。
僕はこの時までに、海外で仕事をしたこともあるし、アジアのリゾート地へも旅をしたことがある。
結婚していた女性と別居してからは、東南アジアやインドは個人旅行をした。
その中でいろんな経験をしているので、旅の経験を語る。
今回の旅行では、ロンドンでの英語留学、バルセロナでのスペイン語留学から、西ヨーロッパを旅した。
ロンドンを出て、ギリシャ、トルコ、ギリシャ、と旅をして、いまエジプトにいるが、これからケニアに行く。
まだまだ暇と金が潤沢にあるので、いつ日本へ戻るか、わからない(この旅行は、2年8か月続きました…)。
学生さんに、社会と仕事に着いても語る。
仕事について語れば、自然と社内恋愛の話になっていくよね。
さらには恋愛論のディープな話につながっていく。
僕は語学もすごいが、海外旅行もスゴイ。
問題なのは、恋愛も、いろいろ、ディープに経験している。
もちろん普通は恋愛を語ったりしないが、この時は、ちょっと疲れていたし、若い男の子に言いたいこともあった。
僕は知性もあり、常識もあり、社会性もあるのだが、思想的には一般日本人からはズレている。
疲れと、どうせ今日別れて、二度と会わないという流れの中で、僕の体験を一部語ってしまった。
正直に言い過ぎたようで、僕の存在は、カイロの安宿「オックスフォード」経由で、パッと広まったようだ。
これから僕は、ケニアへ行って、ナイロビの有名な安宿「リバーハウス」に行った。
すると、僕の存在は、ナイロビのバックパッカー連中の間で、すでに超有名人になってたよ(笑)。
それはまた語ることもあるかな…。
バックパッカーの世界は(世間は)とても狭いってことね。
カイロに着いたのは、スエズを出て1時間40分後だった。
バスターミナルから、ラムセス通りの市電に乗って、5ピアストル(3円)。
彼と別れて、クレオパトラホテルへ直行。
前と同じような部屋に落ち着く(1泊20ドル)。
地下の九龍飯店へ行って、韓国女性と話をすると、ボヤ騒ぎがあったらしく、「怖い、怖い」と言っていた。
それをなだめて、韓国料理を食べ、部屋に戻って、ベッドに入り、ペーパーバックを読んで、ゆっくりと寝る。
さて、僕がアテネで予約していたのは、カイロからナイロビへのフライトが、5月29日。
明日だよ。

もう少しカイロ周辺を観光したかったので、とにかくナイロビへのフライトを、変更しなければならない。
すると、ナイロビからカイロへの帰りのフライトも変更しなければならないが…。
フライトをいつにするのか、そういう面倒なことは、明日になって、考えましょう。
旅先では、つねに、出たとこ勝負です。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt