『ナイロビに飛ぶ途中、モスクワ・シェレメチボ2空港からトランジットホテル「ソユーズホテル(SOYUZ HOTEL)」に泊まる(1996)』

【シェレメチボ2空港のトランジットホテル、ソユーズホテル1008号室(1996)】
1996年6月5日、僕は2回目の世界一周旅行に旅立つ。
まずはモスクワへ飛んで、アフリカ旅行をする予定。

成田からモスクワへのフライトは、アエロフロート「SU582」便。
成田発午前9時15分のフライトなので、自分の部屋を出るのが午前5時15分にした。

この時期はまだ麻布十番には地下鉄が通ってなかったので、歩いて田町駅へ。
田町駅からJRで上野駅へ(160円)。

JR上野駅から歩いて京成上野駅へ移動。
午前6時6分の急行があったが、時間に余裕がある。

なにしろ二度目の世界一周旅行なので、奮発してスカイライナーにする。
少し待って午前6時32分発の「ライナー1号」に乗る。

成田空港では、JALのFカウンターでアエロフロートにチェックイン。
座席は28Kの窓側を取った。

9時15分発のボーディングは8時45分。
さすがに朝が早いせいか、乗客は少なく、機内はガラガラだ。

乗り込むときには、「ドーブロエ ウートロ/доброе утро(おはようさん)」とあいさつする。
僕が京都大学で5年間もロシア語を学んで、覚えたのはこれくらいだ(涙)。

機内のアナウンスは、ロシア語、英語、日本語の順にあった。
が、ロシア人が話しているのでわかりにくかった。

日本語インフライトマガジン「オーロラ」春号がある。
それを見ると、1996年の両替レートは「1円=50ルーブル」らしい。

成田からモスクワ・シェレメチボ2空港までは、飛行時間10時間5分。
使用機体はエアバスA−310で、特に問題はない。

このフライトは、モスクワ経由でそのままロンドンへ飛ぶようだね。
スッチーがヘッドセットとスリッパをくれる。

エコノミークラスでスリッパをくれたのは、うれしかったね(使わなかったけれど)。
ランチには、チリ産の赤ワインを小さなボトルでくれたのもよかった。

ビールは「ストリチノエ(STOLICHINOE)」で、悪くない。
映画も上映されたが、タイトルは記憶してない。

アナウンスでは、モスクワは27℃だそうだ。
夏時間なので、日本との時差は5時間(冬だと6時間)。

日本では午後7時だが、時差があるのでモスクワではまだ午後2時。
僕が乗ってきたSU582の乗客はほとんどがロンドン行き。

僕だけが1人残されて、「21番で待て」と言われる。
21番といっても部屋になっているのではなくて、通路の横に21番という表示があるだけだ。

21番に行くと、多分中国人(ひょっとして北朝鮮人)が数人寝ていた。
他に人がいないので、心配になる。

そこにやってきたガンビア人と話をした。
彼は、ノルウェーで働いていて、これから故郷(ガンビア)へ帰るのだとか。

じりじりと待ち続けると、スタイルのいいロシア女性が靴音を響かせて、やってきた。
僕の名前の書いてある書類を持っている。

ガンビア人と僕の2人だけを、大型バスに乗せてホテルへと送る。
2人一緒だと思ったら、ガンビア人はすぐ近くの「ノボテル」で降ろされた。

僕は大型バスに、運転手とロシア美女の他は、たった一人だ。
バスは、どんどんと空港から遠ざかる(涙)。

心配で泣きそうになったころ、バスは道路をそれて、ホテルへ到着。
これが、「ソユーズホテル(SOYUZ HOTEL)」だった。

ソユーズホテルは10階建て。
僕の割り当てられた部屋は、1008号室。
日本の旅行社「プロコエアサービス」で予約して、シングル5千円だった。
ところで、2008年はシングル2万4千円になっているとか。
部屋に荷物を置いて、ロビーに戻り、まずは生ビールを飲む。
これが2万1千ルーブル。

レートを「1円=50ルーブル」で考えると420円だ。
売店のビールを部屋で飲もうと値段を聞くと、なんと一缶4ドル。

ホテルの両替レートは、「1ドル=5千ルーブル」でやっていた。
結局、僕は10ドル札を5万ルーブルに両替して、生ビールを2杯飲んだだけ。

僕をホテルまで送ってくれたロシア女性が、「ナイロビへのフライトのためのピックアップが午前1時」と言っていた。
ということは、とっとと寝た方がいい。

実はこのソユーズホテルからは、モスクワへのツアーが出ているという話を聞いていた。
ホテルを出て、モスクワの名所を見て、またホテルへ戻ってくるツアーらしい。

それらしいバスがないので、フロントで聞いてみる。
すると、タクシーでモスクワ観光ができるとのこと。

ただこれが、50ドルかかるという。
しかし、午前1時にピックアップがあるのならば、寝た方がいい。

まず、部屋の写真を取る(上の写真)。
それから、バスタブにお湯を張って、ゆっくりと浸かった。

部屋の風呂には、バスタブの栓があった。
急いで寝ようとするが、なかなか眠れない。

ウトウトして11時半に目が覚めて、また寝る。
午前1時3分に、ウェイクアップコールがある。

トイレに入って、すぐにロビーへ降りる。
すると、身体の大きな黒人が15人ほどいた。

一緒にバスに乗るのが午前1時35分。
15分で空港に到着する。

黒人はここから普通に飛行機に乗るようで、ぞろぞろとバスを降りる。
僕は、トランジットなので、別の入り口へ運ばれて、仮のボーディングパスを受け取る。

「トランジットオフィスへ行け」と言われる。
空港の中をトランジットオフィスを捜したが、見つからない。

というのが、トランジットオフィスの前に「TRANSIT OFFICE→」と看板があったからだ。
矢印の方向へ進んでも、トランジットオフィスが見つからない。

そりゃ当然の話で、看板の場所がトランジットオフィスだったんだから(涙)。
僕が乗るのは、ナイロビ行きの「SU445」便。

ボーディングが午前3時25分、離陸が午前4時5分とある。
僕の席は「8C」、つまり通路側だ。

時間つぶしに、空港でビールを買うと、CARLSBERGのロング缶が1ドル半。
これはさすがに納得のできる値段だね。

1ドル札と3千ルーブル(60円)を出すと、アメリカの25セントが戻ってきた(!?)。
午前3時30分にボーディング。

機体は「TU(ツボレフ)154」。
これから、僕はナイロビに向かいます。

ナイロビは1988年に来ているので、2回目。
はてさてどのような冒険が、僕を待っているのでしょうか?
参照: 『モスクワのシェレメチボ2空港に着いて、かなり待たされて、トランジットホテルの「ノボテル」へ』
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080930