そこは恐怖の町だった@ヨハネスブルグ/南アフリカ共和国

【円形のロトゥンダバスターミナル(1996)】
ビクトリアフォールズから、ローカルバスでジンバブエ南部の中心都市ブラワヨへ戻る。
ビクトリアフォールズへ行く前に泊まっていた「ホテルセシル」に戻った。
すると、レセプションの黒人男性たちが大喜びで歓迎してくれたよ♪
すぐに明日の、ヨハネスブルグ行きバスの切符を買う。
もうジンバブエへ来ることはないだろうと、ブラワヨのきれいな公園を歩く。
博物館を見学したりしてジンバブエ最後の日を過ごす。
ブラワヨを「BLUE ARROW」バスで出るのが午後4時、夜9時過ぎに、ジンバブエと南アのベイツブリッジの国境を越えて南アへ入る。
バスで陸路国境を越えるのはなかなかドキドキするもので、特に頭がボーっとしている夜中だと変にキモチがハイになっていたりする。
だって、バスに乗っている中にもけっこう怪しげな人がいる。
僕がトラブルにならなくても、他の人がトラブったりするとこちらにも影響が出てくるからね。
しかし、南アフリカ国境の入国審査はなかなか紳士的で、「おー、日本からですか、コンニチワ!」などとちゃんとした対応だ。
こちらも「南アの入国シールはステキですねー♪」などと褒め上げるよ(笑)。
バスの乗客は無事に全員国境を通過して、バスのシートで眠りに入る。
国境を越えた後、ガソリンを入れるための休みがあってカフェに入ったが、南ア通貨「ランド」がないので何も買えない。
米ドルを出しても通用しない。
米ドルが通用しないというのは、国がしっかりしているとの証明だね。
南アの首都プレトリア到着が午前3時半、そしてヨハネスブルグのロトゥンダバスターミナルへの到着が朝4時半になった。
円筒型のバスターミナルはヨハネスブルグ鉄道駅の近く、ダウンタウンのど真ん中にある。
朝を待ちながら、バスターミナル内部をうろついてみる。
ヨハネスブルグからは、ジンバブエのハラレ、ザンビアのルサカ、ナミビアのウィントホックなど、近くの国への直行バスが出ているみたいだ。

【このオフィスでは、ヨハネスブルグから、ザンビアのルサカへの直行バスがあるようです】
いろんなバス会社がある。
目に付いたので写真を取ったのが、ヨハネスブルグからザンビアの首都ルサカへのバス会社。
料金が片道300ランドとある。
この時期、1ランドは25円と考えるので、7500円程度です。
まったく現地通貨のランドがないので、荷物を預けることも、コーヒーを飲むこともできない。
ATMマシンがあったのでシティバンクの国際キャッシュカードを入れてみるが、これは「Not Authorized」となって、お金が出てこない。
VISAを試すと、うまく200R(ランド)が出てきた。
この時期、南アの通貨1Rが25円程度なので5千円くらい。
長期旅行ではなるべくクレジットカードを使いたくない。
明るくなったら近くの銀行へでも行って、トラベラーズチェックを両替するつもりだ。
安宿のパンフレットがけっこう置いてあって、どれも「電話をくれれば迎えに行く」と書いてある。
つまり、「旅行者が個人で行くことは危険だ」との意味だろうね。
ケニアのナイロビで出会った旅行者が話していた。
「ケニアでは金を盗ろうとして襲い、抵抗すると殴られるが、南アではまずボコボコに殴って動けなくなったところで金を盗る」とのこと。
金があってもなくても、とにかく動けなくなるまで殴られるそうだ。
動けなくなるほどボコボコにしたあとで、金を持っているかどうか調べるんだって。
ヨハネスブルグのダウンタウンの危なさは「Lonely Planet」にもはっきりと警告してあるくらいだからね。
しかし、朝になって、町に人が多くなるころ、世界旅行者は大胆にもバスターミナルから外に出た。
バスターミナル周囲には人はいない。
そこから鉄道駅のほう、ビジネス街へとすこし足を伸ばした。
バックパックはバスターミナルの荷物預かり所に4Rで預けておく。
鉄道駅はなかなか大きかったが、改修工事中らしく、特に目立つ設備もなかった。
まともなキオスクも本屋も見当たらない。
駅を出て銀行を見つけて入っていくと、銀行の入り口が頑丈な二重扉になっているのに気が付いた。
これは、銀行強盗を防ぐためだろうね。
もちろん自動小銃を持った警備員がいる。
調子に乗って、バスターミナルから駅の反対側へちょっと歩き出したら、すぐに怪しい通りに出る。
その雰囲気はというと、とにかくビリビリしている。
僕を通りの向うから見る黒人の、冷酷な目つきで身体が震え上がったよ。
世界旅行者は完全にビビッたので、とっとと回れ右をして、小走りでバスターミナルへ戻って、おとなしくしていました。
とても外へ出られる雰囲気ではないよ。
ただ、バスターミナルから「サンシティ」へのバスがある。
サンシティとは、どうやら総合レジャーランドみたいだ。
でも、バックパッカーが1人でディズニーランドへ行っても場違いだ。
バスターミナルの時刻表を眺めて、ケープタウン行きのバスを見つける。
午後3時発、ケープタウン到着が翌朝8時45分だから、18時間(涙)だけどね。
僕は結局ヨハネスブルグにビビッてしまって、一泊もせずに、その日午後3時のバスでケープタウンへ向かった。
まあ、ヨハネスブルグのダウンタウンをちょっと歩いたのだから、これで十分じゃないかな。
ヨハネスブルグのダウンタウンを、自分の足で歩いて無事だった旅行者なんて、珍しいだろうからね。
(注)ヨハネスブルグのバスターミナルは、現在は新しく鉄道駅と合体して、パークステーショントランジットセンターになってるようです。
【写真】ロトゥンダバスターミナル
【旅行哲学】ヨハネスブルグダウンタウンの危険度は、肌でビシビシ感じるほどすごい。