『タンザニアからマラウィへ自転車と丸木舟で国境越え』
このお話はメチャ面白いので、ネットで無料で読まずに、「世界冷や汗一人旅」を買って、読んでくださいね(笑)♪

【タンザニアからマラウィへ行く途中、丸木舟に自転車を載せて川を渡る】
1996年、僕の2回目の世界一周の時、タンザニア沖の島ザンジバルで一泳ぎして、水中翼船でダルエスサラームへ着いた。
ジャンボインという安宿にチェックイン。しかし、このホテルはセキュリティが厳しいというか、ドアに南京錠をつける金具が二つもついている。
よほど危ない地域にあるんだろうね。
それを気にせずに、ホテルの人にマラウィ行きのバス乗り場を教えてもらって、歩いていく。
(この続きは「世界冷や汗一人旅」を読んでね)


なんか、胃が痛くなってきた。
そこでヤケになって歌を歌う。
「いいさ生きてさーえいれば。いつかマラウィ国境に、たどりつーけるー♪」
杉良太郎の「すきま風」の替え歌だ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20081220