レインボーロッジ@ビクトリア滝/ザンビア

レインボーロッジ49号室@ザンビア
ビクトリアフォールズに到着したらすぐに宿を捜さなければならない。
とにかくここは宿が少ない上に高いと評判のところだからね。
「Lonely Planet」で一番安い値段を出してたホテル「Spray View Hotel」へ飛び込むと、心配していた通り「満室」とのあっさりした返事だ。
念のために値段を聞くと、この一番安いホテルのシングルが343.94Z$(ジンバブエドル)。
この時期、簡単に言うと1Z$=10円と考えるとわかりやすいよ。
しかし、このホテルでは民宿を紹介するようで、それが400Z$だ。
一般家庭だといろいろ気を使うし、それで4千円では決められない。
ビクトリアフォールズの観光案内所でも「ホテルは満杯なので民宿しかない」と言われる。
つぎに、キャンプ場へ行き、そこの受付で聞くと、「キャンプのスペースはあるので、キャンプ道具を借りて自分でテントを張ればいい」との優しい返事。
「ロッジもあるが今は満室なので、明朝10時半にくれば空きがあるかも」とアドバイスをくれた。
そこで世界旅行者は考えたね。
「ジンバブエ側は白人のキャンパーの天下だ。なんとなく肌に合わない。一気に国境を越えてザンビアに行けば、こんなに高くはないだろう」ってね。
ズンズンと歩いて、左にビクトリア滝の水雲が上るのをみて、ザンベジ川にかかる橋(バンジージャンプをしていた)を渡り、国境を越える。
ザンビアへ入ると、タクシーが待っていた。
「近くにホテルはないか?」と相談すると「RAINBOW LODGE」へと運んでくれた(2米ドル)。
が、歩いても行けるところだったので、次からは国境へ歩いたけどね。
このホテルは全部ロッジ形式らしい(一部屋25米ドル)。
ただ、管理はいい加減みたいで、シャワーの出ない部屋、ライトの灯かない部屋、いろいろあったよ。
見せてもらった部屋に次々に文句をつけて、結局49号ロッジに落ち着いた。
ここでも、いろいろとトラブルがあって、もちろん世界旅行者はケンカしたりしたんだが、それはまた別の機会にね。
その印象だが、東洋人が1人でやってくるのは珍しかったので、ロッジのスタッフもどう扱えったらいいかわからなかったんだろうね。
とにかく、レインボーロッジはビクトリア滝のすぐ上にある。

【これがビクトリア滝の少し上流のザンベジ川/水煙がビクトリア滝です】
レインボーロッジのザンベジ川沿いのテーブルに座って、ビールを飲む。
すると、ビクトリア滝が落ち込んでいるところが見えたよ。

【写真】レインボーロッジの49号
【旅行哲学】やはり流行ってないロッジの管理はいい加減かもね。