『カサブランカからアルジェ(アルジェリア)へ飛ぶことに決めて、航空券を買っちゃいました』@ラバト/モロッコ
モロッコの首都ラバト、そのラバトヴィル駅の駅前広場から1本奥に入った「ホテルヴェレーダ(HOTEL VELLEDA)」が、とても気に入った。
これは、僕の膨大な海外安宿宿泊経験の中でも、トップ3にはいる気持ちよさだった。
本当にいいホテル(部屋)を偶然見つけると、そこから離れたくなくなるもの。
外へ出ても、またすぐに部屋に戻ってしまう。
ステキな女性と出会って、恋人になったばかりのようなものかな。
そういうトキメキが続くものだ。
1988年3月9日の昼にチェックインした。
その日は、鉄道駅(ラバトヴィル駅)や郵便局へ行ったりした以外は、ほとんどはこの部屋で過ごした。
3月10日になると、実際の行動が要求される。
というのが僕がカサブランカで取ったアルジェリアビザが関係している。
僕のアルジェリアビザの条件は、「20日滞在のシングルエントリー(1回だけ入国できる)ビザ、有効期限は4月7日」となっている。
有効期限が4月7日なのは、申請したのが3月7日だったからだろう。
だから、とにかく、アルジェリアへの入国方法を考える。
モロッコからアルジェリアへは、空路と陸路の2つの選択肢がある。
一つは、モロッコからアルジェリアの首都アルジェへ飛んでしまうこと。
もちろん、モロッコとアルジェリアは国境を接しているのだから、陸路で入国することも考えられる。
ただ、僕はこのときまでは、「地球の歩き方・北アフリカ」を信じていた。
なにしろこの本を、わざわざ日本からバルセロナのスペイン語学校に送ってもらったんだから。
「地球の歩き方」によると、モロッコからアルジェリアへの陸路国境としては、2つある。
地中海沿いの「ウジダ(OUJIDA)〜トレムセン(TLEMCEN)」と、内陸部の「フィギーグ(FIGUIG)〜ベニウニフ(BENI OUNIF)」の2つだ。
でもこの時期、「ウジダルートでは、行っても国境で追い返される」という話。
フィギーグルートでは通れるらしいが、国境越えの税関検査で、「裸にされてチンコまで調べられる」という話があった。
この時代の「地球の歩き方・北アフリカ」に書いてあった記憶がある。
確認したい人は、国立国会図書館へ行って、その時代の「地球の歩き方」を調べれば、すぐにわかります。
それよりもなによりも、この時代は、アルジェリアに「強制両替」があったのが問題だった。
その額が、千ディナール(DA1000)だという。
この時期公定レートが1ディナール=25円なので、千ディナールとなれば2万5千円だ。
考えて欲しいのだが、モロッコを旅していても、僕は一泊が千円以下のところに泊まっている。
また、食事も交通費も結構安い。
だとしたら、アルジェリアの旅で、2万5千円も使えないのではないか?
僕は、アルジェリアにどうしても行きたいわけでもない。
ただ「モロッコ〜アルジェリア〜チュニジア」と、北アフリカを横断したいだけなんだから。
「地球の歩き方」に寄れば、「飛行機でアルジェへ入った場合は、強制両替がない」というのだ。
だとしたら、特にアルジェリアに思いいれもないことだし、サッと通り過ぎるのが賢いだろう。
いま旅をしているのは、ロンドンで受けた「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の結果が出るまでの暇つぶしだった。
スペインを出て、北アフリカを回ったら、とっととヨーロッパに入り、ロンドンへ戻るつもりだ。
大冒険をするつもりは全くなくて、ただ、ロンドンへ戻る途中で、ちょっと北アフリカに立ち寄っただけ。
無理をしないで、アルジェに飛んでしまいましょう。
カサブランカからアルジェへのフライトは、案外と本数は多かった。
が、僕は昼ごろにアルジェに着くように、と考える。
だって、アルジェに着いたら、ホテルも捜さなければいけないしね。
すると、午前9時50分にカサブランカを出て、お昼の12時40分にアルジェに到着するフライトが最適なようだ。
思い切って、3月16日発のフライトを予約してしまう。
航空券は、980ディルハム。
1ディルハムを14円と考えるので、13720円だ。
今日が3月10日で、ラバトにいる。
フライトを決めたので、モロッコを出るのは3月16日。
すると、それまでの約一週間を、迷宮都市フェズや、ジャマエルフナ広場のあるマラケシュで過ごせばいい。
フェズを見るのを明日にして、今日は、ラバトを歩いてみることにした。
さて、ラバトには何か見るものがあるのか?
とは僕は考えない。
海外旅行の基本は、「見知らぬ町を歩く(世界旅行主義)」ということだ。
別に名所旧跡を見る必要はない。
ただその町を歩いて、町の空気を感じたり、何気ない普通の町並みを感じることに意味がある。
例えば僕は、ローマを歩いて回った。
コロッセオ(円形競技場)からバチカンまで歩き、帰りも半分くらい歩いた
だから、僕はラバトの町へ出て、歩いて回りました。
町をぐるぐる歩いていると、いろんなものが見つかった。
町のど真ん中の観光案内所の近くに、アルジェリア大使館があったよ。
ここでビザを取れば、カサブランカのアルジェリア領事館までタクシーで往復しなくてもよかったのに…(涙)。
「地球の歩き方」には「ラバトではアルジェリアビザが取れない」と書いてあった。
でも、日本人旅行者から聞いた話では、この時期、ラバトで簡単にビザが取れたそうだ。
また、両替所を見つけたが両替所のドアに、東京銀行トラベラーズチェックのステッカーが貼ってあった。
僕の東銀の円のトラベラーズチェックを、すんなりと、モロッコディルハムに両替してくれた。
「地球の歩き方」には、「モロッコでは円は両替できない」と書いてあった。
だから、僕はわざわざスペインで、円をスペインペセタの現金に両替して持ってきていたのに…。
ここでもわかるのは、「旅行ガイドブックを読むよりは、自分で町を歩いた方が正しい情報が手に入る」ってことね。
ラバトの城壁に沿って歩いていって、大西洋を眺めた。
ラバトがいいのは、町を歩いていても、静かだというところかな。
モロッコに入ったタンジェでは両替商がうるさかった
また、カサブランカも、町を歩いていると、なにかと声をかけられて、ウザッたかったものだ。
これから向かう、マラケシュは世界中の旅行者が集まるところだから、いろいろ大変だろう。
ラバトは、もともと観光客が集まるところではない。
だから、観光客にしつこくするガイドも、両替商もいない。
もちろん古い町だから、メディナ(旧市街)もあれば、モスクもあり、城壁もあるしね。
そういう町を1人で静かに歩いて行くこと、これこそが本来の旅の楽しみなんだよ。
今日は、ラバトの町を歩いて、いろんなことを知った。
明日は、迷宮都市として有名な、フェズへ行くことにしましょう。
morocco algeria tunisia africa index