『ラバトのHOTEL VELLEDAが気に入って、ホテルの部屋に引きこもってしまいました』@ラバト/モロッコ
カサブランカで、アルジェリアのビザをゲットした後、鉄道でラバトヴィル駅に移動した。
ラバトでは、まず「ホテルセントラル(HOTEL CENTRAL)」にチェックイン。
1988年3月のモロッコディルハムは、1ディルハムが14円と考える。
ホテルセントラルは、バストイレつきのシングルルームで51ディルハム(714円)。
僕はスペインからやってきたので、1泊千円以内ならば許せる状況だった。
悪くはなかったが、ホテルセントラルは部屋が殺風景でビジネスホテルのような感じ。
決してホテルの部屋にいることを楽しむというところではなかった。
さらに、最初の夜に、水の流れる音が響いた。
お風呂の音かとも考えていたが、海外ではバスタブを使わず、ほとんどはシャワーなので排水音が響くことはない。
いま思い返すと、トイレの水が流れる音だったかもしれないが、それにしては排水音が長かった。
でもそんなことを考えて、悩むだけムダだ。
ホテルに宿泊していてキモチイイのは、嫌なことがあれば、チェックアウトしてしまえばいいから。
これが自分の家だと、近所に布団を叩くおばさんがいたり、ちょくちょく下着を盗まれたりしても、我慢しなければならない。
旅先でホテルに泊まっていると、ちょっとでも気に食わなければ、別のホテルに移動すればいい。
とてもスッキリしているので、だから旅ではどんなひどいホテルに泊まったことでも、深刻にはならない。
ひどいホテルに泊まった体験も、そのまま笑い話に出来る。
一晩だけなら、ひどいホテルに泊まった話は、絶対にウケル。
でも、2晩泊まったら、馬鹿だ。
一回だけひどいホテルに泊まったことは、笑い話に出来る。
わかりやすく言い換えると、恋愛と結婚のようなもの。
恋愛話は、どういうことがあっても、時間がたてば懐かしく思い出すことも出来るだろう。
結婚した場合は、いろいろあって離婚したとしても、心の傷になるからね(涙)。
僕はすべてのことを神の導きだと考えている。
だから、ホテルセントラルが居心地が悪いという意味は、「もっといいホテルを用意しておくからホテルを出なさい」とのお告げだ。
確かにホテルセントラルは、騒音のことがなくても、部屋に趣がなかったんだよ。
部屋で本を読みながら一日を過ごす、みたいな気持ちにはならないところだったのね。
というわけで、次の日(1988年3月9日)の朝、ホテルを捜しに出た。
ラバトヴィル駅の駅前広場から1本奥に入ったと通りに「ホテルヴェレーダ(HOTEL VELLEDA)」を見つける。
飛び込んで部屋を見せてもらうが、これがとてもステキな部屋だった。
昔はかなり高級なホテルだったような趣がある。
ホテルに手を入れないまま、だんだんと古ぼけてきているという感じがする。
つまり、部屋は広く、設備も整っているが、古いので料金が安い。
場所はラバトの中心、ラバトヴィル駅から一筋目なので、とても便利だし。
僕が思い出したのは、1985年にスリランカの古都キャンディで泊まった「クイーンズホテル」だった。
キャンディのクイーンズホテルも、とても立地条件がよかったが、ちょっと古ぼけてきていて、このとき1泊12ドルで泊まれた。
そのあと改装して、いまは結構なお金がかかり、バックパッカーには縁がなくなったとか(涙)。
それと、ホテルヴェレーダは、受付のおじさんが、とてもいい感じだったんだよ。
軽くフランス語で話をやり取りしただけで、とてもいい人柄だとわかった。
向こうも僕を認めてくれたようで、スンナリといい部屋を出してくれる。
前にも書いたように、部屋は広くて、ベランダがついていた。
さらには、部屋には家具もあり、室内装飾の絵がかけられていて、バストイレつき。
これで60ディルハム(840円)だ。
正直、海外個人旅行では、ホテルの素敵な部屋に引き付けられて、特に見るものがない場所に長居するってことがある。
これから後に旅をしたケニアでは、ナイロビの「イクバルホテル」から離れられなくて、ナイロビに長期滞在していた。
ボリビアでは、ラパスの「ホテルトリノ」の部屋が気持ちよくて、それで長居してしまった。
アジアでは、バンコクの「ジュライホテル」も、だらだら過ごすには最適のところだったね。
もちろん僕が、1988年から毎年ロサンゼルスへ行っていたのは、「ホテル加宝」があったからだ。
僕の人生の楽しい思い出は、ほとんどがロサンゼルスの安宿「ホテル加宝」の記憶によって占められている。
ホテルヴェレーダの部屋が大好きになったので、この日は部屋にいることにした。
もちろんちょっと外には出るんだが、なにしろ、町の中心にあるので、すぐに部屋に戻れる。
絵葉書を買ってきて、友達と実家へ絵葉書を書いたりする。
また、すぐ近くの鉄道駅へ行って、フェズやマラケシュへの列車の時刻を確認する。
列車の出発時刻を確認なんかする必要はないんだけどね。
せっかく調べたので、ここに書いておきます。
でも、1988年3月のラバト発の列車時刻表ですから、いまは何の役にも立ちませんが(笑)。
ラバトからフェズへは、7:22/ 9:05/ 13:26/ 14:09/ 15:57/ 18:14の6本で、フェズまで4時間程度。
ラバトからマラケシュへも、約4時間で到着する。
ラバトの出発時間は、4:22/ 5:18/ 8:45/ 11:03/ 14:34/ 18:19/ 20:43/ 21:11となっていた。
でも、今日はどこへも動かない。
この部屋に閉じこもって、ベッドに寝て、本を読んで過ごそう。
考えてみれば、スペイン語学校に通っていたバルセロナを出てから、動き尽くめだった。
バルセロナを出てからは、コルドバ、グラナダ、セビージャ、カディス、マラガ、アルヘシラスと移動の連続。
アルヘシラスからフェリーでモロッコのタンジェに着いて、そのままカサブランカへ。
カサブランカでもゆっくりできず、アルジェリアのビザを取っていたのだから…。
ラバトでしばらく身体を休めるのもいいでしょう。
と、ホテルの部屋が気に入ったら、部屋に長居する理由を考えていました。
morocco algeria tunisia africa index