『カサブランカでアルジェリアのビザをゲットして、ラバト駅近くの居心地のいいホテル(HOTEL VELLEDA)に納まる』@ラバト/モロッコ
注:1988年3月のモロッコディルハムのレートは、1ディルハムを14円と考えています。
1988年3月6日、スペインのアルヘシラスから、フェリーでジブラルタル海峡を越えて、アフリカへの第一歩を踏む。
そのまま鉄道に乗って、モロッコのタンジェからカサブランカへ。
カサポール駅に午後11時過ぎに到着した。
駅から伸びる「ムハンマド・エル・ハンサリ通り(Blvd. Mohammed el Hansali)」を歩き、通りに面した、ホテルプラザ(Hotel Plaza)にチェックイン。
ツインの部屋の料金が、1泊162DH(2300円)。
この部屋は、通りに面したベランダもあり、大きくてとてもステキだったが、僕には大きすぎた。
翌日の3月7日に、シングルルームへ移動する。
ホテルプラザのシングルルームは、93ディルハム(1300円)。
この部屋も、通りに面していて、ベランダもあったが、やはりちょっと雰囲気が落ちたね。
でも、朝に部屋を移動して、そのまま僕は、アルジェリアのビザを取りに行きました。
申請した翌日3月8日の午前中に、アルジェリアのビザの受領。
またカサブランカからアルジェリアの首都アルジェへの片道航空券の値段を調べた。
カサブランカからアルジェまで、980ディルハム(1万4千円弱)。
アルジェリア領事館での、ビザ料金は88.5ディルハム(1240円)でした。
ところで、モロッコの首都はラバト。
だから、ビザを取るには、首都のラバトのほうがいいのでは?と思う人もいるかもしれない。
僕も実はそう思った。
ところが、1988年にわざわざ日本から送ってもらった「地球の歩き方・北アフリカ」には、「ラバトではアルジェリアのビザは取れない」とあった。
だから僕は、わざわざカサブランカで、結構遠いアルジェリア領事館へタクシーで往復してビザを取ったんだ。
でも、この時期、ラバトで普通に、アルジェリアのビザは取れたそうだけどね(涙)。
それは「カサブランカでアルジェリアのビザを取る話」で詳しく書くことにしよう。
アルジェリアのビザはゲットした。
カサブランカからアルジェへの航空券はノーマルチケットなので、どこでも買えると確認する。
だとしたら、カサブランカにこれ以上いる意味はないわけだ。
1988年のモロッコでは、日本人旅行者の場合は、もともとモロッコが目的で来たという人は少なかった。
ヨーロッパ旅行をしている日本人旅行者が、調子に乗ってスペインまでやってきたりする。
すると目の前にはアフリカ大陸がある。
ここで、時間のある人は、モロッコまで行ってしまおう!と決断するってわけね。
だから、モロッコ旅行には、普通はそんなに多くの時間は使わない。
特に学生さんたちは、一気にマラケシュのフナ広場まで行って、それを話のネタにして、とっととスペインへ戻ったもの。
この文章を書いている時代は(2010年)は、モロッコへ向かう人たちは、モロッコ自体が旅の目的地となっているようだ。
モロッコへ行って、砂漠ツアーがメインのようだ。
また、日本女性の場合は、モロッコの雑貨なども人気だとも聞く。
女性向けの旅行番組(世界弾丸トラベラーなど)でも、女性からの人気が高い。
1988年3月の僕は、スペインからモロッコへ来たが、スペインへは戻らず、アルジェリアへ向かうつもり。
だから、モロッコで砂漠を見ようという気は無かった。
だって、アルジェリアへ行けば、サハラ砂漠のド真ん中へ旅することになるだろうし。
とすると、僕にとって、モロッコで気になるところは、そんなに多くない。
この時代の旅行者が訪れていたのは、まず、ジブラルタル海峡に面した「タンジェ(タンジール)」。
タンジェはスペインからフェリーで日帰りできるアフリカというので、いまでも人気のようだ。
それから、「迷宮都市フェズ」「映画にもなったカサブランカ」「キ○ガイ広場という別名を持つフナ広場のあるマラケシュ」も有名。
またもっと南へ下った海岸の「ビーチリゾートのアガディール」も、最近は訪れる人が増えているとか。
また、ブラックアフリカへ下る場合も、いまはモロッコからモーリタニアへのルートがメインになっている。
1988年以前は、アルジェリアのタマンラセットを経由して、ニジェールのアガデズへ抜けるのが定番ルートだったね。
僕としてはすでにアルジェリアのビザを取っている。
しかも、そのビザには入国と出国の日付が入っている。
だから、モロッコを隅から隅まで見て回ることもできないし、またその気持ちもない。
ただ、そのころとにかく、有名だったマラケシュのフナ広場(キ○ガイ広場)へ行かなければならない。
モロッコは小さい国なので、移動は簡単。
カサブランカの駅から列車に乗れば、マラケシュへも4時間で移動できる。
この時代マラケシュという響きは大きくまた、魅力的だった。
もしマラケシュがとてもすごいところだったら、そこに居続けることになるかも。
だったら、その前に、気になる町へ行っておいて、最後にマラケシュへ行けばいい。
つまり、マラケシュへ行く前に、迷宮都市フェズを見ておきたい。
そう考えて僕は、3月8日、アルジェリアのビザを取ったあと、モロッコの首都ラバト(RABAT)への列車に乗った。
ラバトは、カサブランカから鉄道でフェズへ行く途中にある。
午前中をアルジェリアのビザを取りに行ったり、カサブランカからアルジェへの航空券の値段を調べたりした。
ホテルプラザをチェックアウトして、列車に乗って1時間ほどで、ラバトの鉄道駅「ラバトヴィル(RABAT VILLE)駅」へ到着。
海外旅行の基本は、とにかく明るいうちに目的地に到着して、宿を見つけること。
カサブランカを午後に出て、フェズまで行くと、到着が夕方から夜になり、宿を探すのが面倒だ。
カサブランカの同じホテルに3泊するのも、芸がない。
ラバトへ移動して、そこで新しいホテルに泊まれば、それだけ新しい経験が出来るってことね。
もちろん、ラバトからフェズに行くにしても、カサブランカからよりも、移動時間が短くなる。
ラバトヴィル駅に到着して、左へ(北へ)歩き、ムハンマド5世通りに立つ「ホテルセントラル(HOTEL CENTRAL)」にチェックイン。
このホテルは、まあまあ大きくて、日本のビジネスホテルみたいな感じだったかな。
シングルルームで、51ディルハム(714円)、それに鍵のデポジットが8.5ディルハム(120円)。
1988年3月8日は、カサブランカのアルジェリア領事館でアルジェリアのビザを取っている。
カサブランカのホテルプラザ(93ディルハム)から、ラバトのホテルセントラル(51ディルハム)へ移動した。
カサブランカでは、客引きや両替商、自称ガイドなんかに声をかけられてウザッタかった。
でも、ラバトは、それとは違って、町全体が落ち着いている感じがする。
ラバトに、しばらくいようかしらと思いながら、ベッドに入って本を読む。
ところが夜になると、ホテルの部屋の壁から、水が流れる音がする。
一気にザザーッと流れる音がして、しばらく収まるが、また同じようにザザーッと流れる音が続く。
上の部屋の風呂からお湯がこぼれているのかとも思うが、時間が長すぎる。
2時間ほどして音はしなくなった。
が、明日も同じだとこれは困るね。
ホテルセントラルは、部屋自体もコンクリートの箱のようで、キモチがいいわけではない。
明日ホテルを移動しようと考える。
そうして翌日、町を歩いて見つけたのが、僕が今でも覚えている「ホテルバレーダ(HOTEL VALLEDA)」だったよ。
このホテルを見つけたことで、僕はしばらくラバトにいることにしたんだ(笑)♪
morocco algeria tunisia africa index