マラケシュからアトラス山脈を越えて、砂漠へ日帰り@ワルザザート/モロッコ

【アイットベンハドゥ/AIT BEN HADDOU】
モロッコのマラケシュで絵葉書をチェックしていたら、砂漠の岩山にずらりと四角い建物がくっついて建っている変な風景を発見した。
これは面白そうだから、友人知人にモロッコ便りとして送ってあげよう♪
しかし、見たこともない風景をまるで自分で見たかのように送ることは、世界旅行者の方針に反する。
調査をしてみると、この風景はマラケシュからアトラス山脈を超えて砂漠地帯に入ったワルザザートへ行く途中にあるらしい。
それならば、さっそくそこへ行くことにする。
わかるかな?僕は絵葉書を出すために、絵葉書の写真の場所へ行くんだ。
でも、行くのはチョー簡単。
マラケシュからワルザザートへバスが出ていて、それに乗ればいいだけ。
その前日は、マラケシュのフナ広場で知り合った、美人女子大生などと、高級ホテルへ歩いていってビールを飲んで盛り上がった。
「僕は明日、砂漠へいく!」と宣言すると、女子大生は「なんてすごい、格好いい人♪」と、潤んだ目で僕を見詰めていた。
僕は早朝、バスでマラケシュを出て、どんどんアトラス山脈を登り、砂漠へ出て、途中でこの建物群を見て、ワルザザートへ昼到着した。
しかしワルザザートには、一時間くらいいただけで、すぐにまた帰りのバスに乗り、夕方にはマラケシュへ戻ってきた。
だって、砂漠はアルジェリアで見るつもりだったし、これはただ、絵葉書を出すための行動だったんだからさ。
夕方、フナ広場の屋台を冷やかしていると、昨日の女子大生にばったりと出会った。
女子大生は「あれ、砂漠へ行ったんじゃなかったの?(口先だけのウソツキなの〜)」と、冷ややかな態度だ。
僕は「砂漠へ行って、すぐに戻ってきたんだよ。砂漠へ日帰りしたの」と説明したが、女子大生の一度冷めた心は変わらなかった…。

【写真】そのワルザザート近くの奇妙な建物群。
【旅行哲学】一度冷めた女子大生の心は取り戻せない。
morocco algeria tunisia africa index
xxx