映画館オデオンとナイロビで見た映画の話@ラテマロード/ナイロビ/ケニア

【映画館オデオン@ラテマ通り/ナイロビ】
ナイロビでは、中心街の映画館によく行ったものだ。
写真にあるのは、「イクバルホテル」の隣の「ODEON」という映画館。

実はオデオンには行ったことがない。
やはりなにか、危険な感じがしたからね。

僕はビジネス街の映画館によく歩いていった。
思い出すのはそう「長い夜明け」これは、南アフリカのアパルトヘイトを描いた映画だった。

アパルトヘイトの映画は、アフリカで見るのがいい。
また、「これが正しい海外個人旅行」にも書いておいたが、有名な「ジュマンジ」も、ナイロビで見た。

スタローンとバンデラスが競演した「アサシン(ASSASSIN)」も見たな。
このときは、協力隊で西アフリカに行ったという、なんか変に突っ張った女に絡まれた。

発音でああだこうだ言ったものだ。
というのは協力隊の女はフランス語が出来て、フランス語風に読むんだけれど、英語読みとは違うからね。

文句をつけたのは女の子の方だ。もちろん僕が正しかったけどさ。
協力隊の経験は貴重なものだけれども、変に自信を付けたら人から嫌われると思うよ。

でもね、そんなことはどうでもいいんだよ。
もともと、発音が違っていると思っても、それを指摘しないのが常識なんだ。

僕にも経験がある。
エジプトのアスワンで「日本歩け歩け協会副会長」というツルッパゲのおじいさんに会った。

彼が、ルクソールのホテルを紹介してくれたとき、「ウィンドソールホテルがいい」と言った。
もちろんそのホテルは「ウィンザーホテル(Windsor Hotel)」だと気がついた。

でも僕は、わざと、ずっと「ウインドソールホテル」と、話を合わせていたんだからね。

【写真】イクバルホテルの隣の映画館「ODEON」
【旅行哲学】旅では他の人の間違いに気がついても、話をあわせるのがエチケット。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080729