『カイロ〜アカバ(2/3) カイロからバスに乗って、ターバ、そしてヌエイバへ(1988年8月)』

《カイロからヨルダンのアカバへ》
ケニアに飛ぶ前にカイロにいた時、4つ星の「クレオパトラホテル」に泊まっていた。
そのとき、ホテルのロビーで日本人技術者に会って一緒に食事をしたことがある。
ヨルダンで働いていた彼から「アカバ湾を渡ってヨルダンへ入国」というルートを聞いていたので、この道を行くことにする。
常識から言ってこのルートが存在するのは当然だが、頼りにしている「アフリカ・オン・シューストリング」にもこのルートの詳しい説明がない。
この本では「スエズ〜アカバ」の船旅ルートの説明が中心になっている。
まあ、そこに船があるかぎり、行けば何とかなるだろう。

朝5時に起床して荷物をまとめる。
泊まっていたカールトンホテル(シングル1泊21ポンド、つまり1260円)のレセプションに頼んでおいたタクシーがホテルの前に6時に来た。
タクシーでシナイバスターミナルに行って切符を買う。
窓口でどこからアカバ行きのフェリーが出るのか聞こうとするが、英語もフランス語もしゃべらないので要領を得ない。
個人でエジプト旅行をすると言葉が通じないというのがなかなか大変な問題なのだ。
どこで降りればいいのか解らないが、とにかく紅海方面へのバスは1本しかない。
バスの最終地点、ターバまでの切符を買う。25.5エジプトポンド。
バスの出発まで待合室でTVを見ながら待っていると、日本の女子プロレスを放送している。
懐かしい長与千種とダンプ松本の試合だ。
バスの出発が7:10AM
かなりくたびれた大型バスだが、一応クーラーもきいている。
以前に乗ったルクソールから紅海の町ハルガダ、ハルガダからスエズまでのバスとは大違いだ。
この時は満員バスに5時間立ちっぱなしだったのだ。
今回はリクライニングシートで快適なので、うれしい。

スエズ運河を地下トンネルで越えてシナイ半島に入り30分ほどたった。
そのまま紅海の東岸を走っている時、突然バスが停車した。

その後バスから降ろされた。
どうやらバスが壊れたらしい。

こういった所では何も頼れるものはない。
すべてを受け入れるしかないのだ。

このままひょっとして明日の朝まで待つのかしらん。
チョコレートを買っといてよかった。
そう覚悟を決めて、周りの砂漠を見回している。
と、30分ほどして乗り換えのバスが到着した。

バスが壊れるなんてよくあるのだからバックアップ体制もあったのだろうか。
それともたまたま通りかかったバスなのだろうか。

こういう所では考えても仕方ない。
そういえばこのバスはシナイ山にあるという聖キャサリン修道院に寄るということなのだから、神様が使わしたバスなのだろう。
それが一番納得の行く説明なのでそういうことにしておこう。
その聖キャサリン修道院への別れ道へは午後2時半頃に着いた。
バスを降りた所にある岩で出来た建物でちょっと休む。
建物の壁をぐるりと取り囲んで控壁があるのは不思議な感じのする建築物だ。
こんなに頑丈なのはよほど強風が吹くのだろうか。
ここで乗客の半分程が下りた。残っているのは7人ぐらいだ。

そのまま荒涼とした何もない砂漠の道を走っていくと前方に突然海が見えた。
これがアカバ湾。
バスはアカバ湾に沿って北へ走る。
朝早く起きたので眠くてうつらうつらしていると、大きな船の泊まっている港の前でバスが停車した。
これが午後4時ごろだったと思う。
僕の目覚し時計が、デイパックの中で鳴り出して、うるさかったのを覚えている。
乗客の1人がこの港で降りたが、残りの人たちはバスに乗ったままだ。
ここで降りるのか確かめようとして、港を指さして「ターバ?」と聞くが、どうやら違うらしい。
前方を指さすので、ターバはもっと行った所のようだ。
このバスに乗る人たちは当然僕と同じルートでアカバに渡るものと思いこんでいた。
言葉が通じないので、とにかく人数の多い方に着けばいいという日本人の付和雷同意識が出てしまったのだ。
それが間違いだった。

そのままバスは走り続け、終点に着いた。
午後5時。ここがターバだという。
おやおや、高いビルの立ち並んだ大きな町が見える。
バスを降りた乗客はぞろぞろとその町へと進むのだが、その前には金網の張った検問所らしいものがある。
イメージとずいぶん違うね(涙)。
「船はどこから出るんですか?」と近くにいたバス会社らしい人に聞く。
「ここから船は出ないよ」
「ここはターバで、ここからアカバ行きの船が出るんじゃないですか」
「ターバだけれど、向こうはイスラエルのエイラットだ。船が出るのはヌゥエイバだよ。ここに来る途中に大きな港があっただろう?」
しまった!やはりさっきの所がそうだったんだ。
「どこか泊まる所はありませんか?」
「国境を越えてエイラットに行けば宿はあるよ」
確かにそうだ。
そうなのだけれども、僕はヨルダンのアカバに行きたいんだ。
イスラエルとエジプトを除くアラブ諸国は敵対しているので、イスラエルの入国スタンプがあればヨルダンへは入国出来ない。
イスラエルはそれがよく解っているので、別の紙に入国スタンプを押してくれる。
しかしイスラエルの入国スタンプが無くても、エジプトの出国スタンプにある地名でイスラエルに入ったかどうか当然解るわけだ。
ターバでのエジプトからの出国スタンプがあれば、エイラットでのイスラエルの入国スタンプが無くてもイスラエルに入ったことはミエミエ。
つまり、ヨルダンへは入国出来ない。
ターバというのはただ国境を越える場所で、宿も何も無い所なのだ。
どうしてもヌエイバに戻らなければならない。
バスはもう無い。
乗り合いタクシーでもと思うが、一緒に行く人がいない。
タクシーを借りきるしか仕方ないが、今までのやり取りで足元を見られてしまった。
こうなった時のアラブ人は強い。
往復のタクシー代として60ポンドとふっかける。
交渉してもこちらの立場が弱過ぎる。
結局45ポンド(2700円)でヌエイバに戻ることにした。
夕闇迫る岩と砂のアカバ湾沿いの道を飛ばして、ターバからヌエイバまで45分(到着が午後6時前)。
でも、なかなか気持のいいドライブだ。

過ぎ去ったことをいちいち悔やんでいては旅行なんか出来ない。
これは僕の慎重さが無かったのがもともとの原因なのだ。

ヌエイバは大きな港とそれにくっついたホテルと食堂のあるだけの雑然とした町だ。
2軒当たって、看板も無いホテルに部屋を取る。
E£17.25(約千円)で2階のトイレ・シャワー付きのぼろぼろのシングルルームだ。
国境はどこもこういうものだ。
しかし、やっとたどり着いた港町では当然ビールをぐっと引っかけたい。
ところがどこにもビールが売ってない。
何軒か当たって、やっと町はずれの「フイッシャーマンズ・クラブ」にビールがあるという話を聞き出す。
真っ暗な中をビールの魅力に曳かれてえっちらおっちら歩いて行く。
途中で道端に何か暗いものが横たわっているのを見つける。
覗き込むと、その物体はゆっくりと僕の方に頭を向けた。
らくだ君だ!
「らくだ君。今晩わ!」とていねいにお辞儀をした。

更にどんどんビールのあるという所へ進む。15分ぐらい歩いてやっと着いた。
さて「フイッシャーマンズクラブ」に押しかけて行ったが、陰気なおじさんが出て来て「ビールは無い」と断られてしまった。

エジプトは禁酒国という訳ではないのだからどうも納得が行かない。
まあいいさ。また歩いてホテルのそばのレストランへ帰る。

途中でまたらくだ君に話しかける。
「らくだくーん。ビールが無いんだってさ!」
結局この日の夕食はチキンにライスを付けて紅茶を4杯飲んで3.5ポンド。
ヌエイバで降りそこなって、ターバへ行くというトラブルはあったが、それもまた旅の話のネタだ。
egypt jordan Israel syria turkey asia world index

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)