ニジェール川@コリウメ(トンブクトゥ)/マリ
《道なき道を進む四輪駆動車は砂漠の中であっさり壊れる》

トンブクトゥを出発した車は最初は道らしい道を走った。
僕はこの車がどういうルートを取るのかさっぱりわかっていない。

トンブクトゥではフランス語も通じるが、現地の人たちは部族語を話すのでわけがわからないのだ。
もちろん今までの経験でマリの人たちを全く信用してないってことなんだけれどもね。

一時間ほど走ると目の前に川が見えてくる。
これはもちろんニジェール川だ。

するとここがトンブクトゥの外港コリウメのようだね。
車はそこで停止し、みんなが降りて川岸の食堂へ入ったりして時間を潰す。

僕はちょっとはずれに行って立ち小便をする。
ぼーっと川を見ていると、しばらくして小型のフェリーがやってきて車はそれに乗せられる。

乗客も一緒に乗って、すこし川を移動して対岸へ渡る。
コリウメには小型、中型の荷物を積んだ船が停泊していて、川岸沿いに小さな建物の並びが見える。
フェリーは20分ほどで向こう岸に着いたが、そこには船着場だけで、他には何もなかった。

ニジェール川といえば、スコットランドの探検家マンゴ・パークが命を掛けて川の流れの方向を調べに来たところだ。
フランス人のルネ・カイエが大冒険の末にトンブクトゥへたどりつき、泥の家だけだとヨーロッパへその報告を送ったこともある。

でも、ニジェール川は彼らと関係なく、ずっと流れ続けていた。
人生とは何か人が生きる目的とは何か、僕はニジェール川を見ながら深く考えることがあった。
ただちょっと考えると頭が痛くなったのですぐに考えるのを止めた。

「大人の海外個人旅行」より『西アフリカ旅行記』
【写真】ニジェール川
【旅行哲学】旅に出て人生を考えるのは格好いい。でも役に立たない。