スワコプムントへのバス@ナミビア

ナミビアは正直言って、砂漠の国だ。
ひとつの国といいながら、実際は南アフリカ共和国の一部のようなところで、税関も実際は南ア国内として扱っている。
最近日本人でも行く人たちが多いようだが、彼らはだいたい車を借りて移動しているようだね。
でも、世界旅行の感覚としては、常に「現地の交通機関を使う」のが原則。
ツアー会社に頼んだり、自分で車を借りたりして旅をするなら、誰でもできる。
そして、誰でもできる旅では、誰でも同じような印象しか受けない。
世界中どこへいっても、おなじ記憶しか残らない。
せいぜい、どこの旅行会社の手配がよかった、下手だった、という話。
ガイドの○○さんが、親切だった、かわいかった、ていどの記憶しか残らない。
これでは、金を使っただけ損だね(笑)。
というわけで、世界旅行者はウィントホックからナミビア海岸のスワコプムントへ行くのだって、わざわざ現地のバスを使いましたよ。
このバスは、ウィントホックからスワコプムントヘ行って、引き続き、ウォルビスベイへ行きます。
【写真】ウィントホックからスワコプムントへのバス。途中で休息している。
【旅行哲学】本当の旅は現地の交通機関を使うことから始まる。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx