『ケニア航空、ナイロビ鉄道駅、ウフルパーク、ニュースタンレーホテル、リバーハウスへと歩く』@ナイロビ/ケニヤ

【ラテマ通りのマタトゥ乗り場@ナイロビダウンタウン(1996)】
これは1988年の話で、「1ケニアシリングは8円」と考えていいです。

ナイロビという町の主要部分は、実際はとても小さい。
東西に走るケニヤッタアベニュー、南北に走るモイアベニューその南西側に、ビル街がある。

ここに土産物屋やホテル、レストラン、各種商店が詰まっているわけだ。
1988年は、特に、アフリカ各国の大使館もこの狭い地域のビルの中にあった。

だから、ビザを取るのはとても簡単。
そのころ存在した観光案内所で配っていた観光客向けの結構厚い冊子の中に、大使館の場所は細かく書いてあったしね。

午前中にある国の大使館でビザを申請する。
例えば翌日の午前中にビザをもらったら、そのまま隣のビルの別の大使館へ行く。

みたいな感じで、次々とビザが取れた。
1988年にはマラウィの大使館もこの中心街にあった。

ただ、1996年にナイロビに行ったところ、マラウィ大使館は
ちょっと郊外のウェストランズ地区に移動していた。

ナイロビの中心街が、だんだん危険になってきている影響かもしれないね。
でも1988年の段階では、特に昼間は危険を感じることなく歩いていた。

もちろん夜になる、とナイロビダウンタウンからは人影が消えてしまう。
シャッターを閉めた店の前には、黒人のガードマンが守っていたりする。

どの店も、頑丈なシャッターと、太い鎖に大きな南京錠をつけている。
だから、例えば、日本人の集まるリバーハウスから、僕の泊まっていたイクバルホテルへ戻ってくる時は、出来るだけ明るいうちにした。

夜になったら、道路の中央を走って戻ってきたこともある。
でもまあ、夜には、基本的に出かけなかったけどね。

さて、カイロからナイロビに着いて、僕がまず考えたのは「ナイロビからどこへ行くか」だ。
だってこの時代(1988年)は、ナイロビに来ただけで大冒険。

そうなると、ナイロビからどこへ行くか?が、次の問題になるわけでね。
ただ僕は、アフリカで動物を見ようとは、特に思わない。

そうなると、この1988年の定番旅行というのが、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、タンザニアと軽く小回りして戻ってくるルートだった。
かったるいけれど、この程度の小旅行をすれば、わざわざケニアへ来た言い訳は付けられるだろう。

ただ僕は、もっと派手な旅をするか、それとも、もっと小さくケニアにいてもいいと思った。
隣国タンザニアへ行くのもいいが、この時代は、タンザニアの道路が穴だらけだった。

「ケニアからタンザニアに入ったとたん、バスがすぐにパンクして、パンクの修理に24時間かかった」という話も聞いた。
でもまず、とにかく広く旅行情報を集めることが大事。

ザンジバルという島も1988年には人気だった。
ケニア航空のオフィスに行って、ザンジバルへの航空運賃を調べる。

ナイロビからザンジバルへ、片道1266シリング、往復1772シリング。
モンバサからザンジバルへ、片道520シリング、往復720シリング。

翌日、ナイロビダウンタウンの南にあるナイロビ鉄道駅へ歩いた。
聞くと、ナイロビからモンバサへは一日に2本の列車が走っている。

午後5時と、午後7時の2本。
ともに、一等寝台が340シリング、2等車が145シリング。

ケニアの海岸地帯をうろつくのも、悪くはないからね。
特に、ケニアの海岸地帯の町モンバサ、マリンディは行きたいものだ。

それから伝説の町「ラム」もいいだろうね…。
ケニアの海岸地帯をうろうろするのも、旅ネタとしてはいいだろう。

もちろん、思い切って、西アフリカへ飛んでもいい。
また、ジンバブエとザンビア国境にある世界三大滝の一つ「ビクトリアフォールズ」まで行っても悪くない。

いろんなルートが考えられるわけだね。
でもまあ、このときは、モンバサでケニアの海岸へ出て、そのあとザンジバルへ行くのが、軽い旅のルートだったわけだ。

鉄道駅からまた歩いて、ナイロビ中心街の西側にある公園へ行った。
ウフルパークを歩いていたら、ベンチに腰掛けて本を読んでいる日本人の若者を発見する。

話しかけると、コンゴ帰りの早稲田の探検部の学生だった。
「コンゴの幻の湖に恐竜を探しに行く」という口実で、朝日新聞社を騙して、1冊本を出すらしい。

ところが、マラリアの危険を全く考えてなかった。
だから、仲間の一人がすごいマラリアに感染して、ナイロビホスピタルへ入院しているのだそうだ。

彼以外の隊員は、とっとと日本へ帰国してしまった(笑)。
この時代は、何か学生が旅行をやれば、朝日新聞系列の馬鹿メディアが取り上げて、「大冒険(笑)」にでっち上げてくれたものだ。
朝日新聞は、このほかにも、世界一周自転車旅行(笑)などという、馬鹿旅行を持ち上げたりしてた(涙)。
とにかく、のどかな、ハッタリだけの時代だったんだよ。

僕が会ったこの早大生は、あまり頭がよくなかったので、僕はネタを拾っただけでわかれた。
次に欧米人の冒険旅行者が集まるという噂の、「ニュースタンレーホテル」へ。

ここのレストランでカレーを食べて、ビールを2本飲む。
そのあと、一度イクバルホテルへ戻った。

イクバル一階のレストランで日本人旅行者と会う。
確か、彼は漫画家だと自己紹介をした。

その漫画家(漫画家志望者?)が「リバーハウス」を知っているという。
僕は全く知らなかったが、いっしょに、伝説のリバーハウスを探していく。

リバーハウスは、案外簡単に見つかった。
リバーハウスで適当に話をして、夕食を取って、日本語の文庫本を2冊借り出した。

この日は、ナイロビがいくら狭い地域だったとはいっても、かなり歩いた。
そのせいか、左足の親指が痛んできた。

そこで翌日、「ナイロビ病院(Nairobi Hospital)」へ行くことに決めた。
夜はとっとと文庫本を読みながら寝ました。

(ナイロビを歩く2)
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx