『トム・ムボヤ・ストリート、ラテマロード、モイアベニュー、ヒルトンホテル、ママ・ンギナ・ストリートを歩く』@ナイロビ/ケニヤ

【ナイロビダウンタウン(1996)】
さて、2008年の現在、ナイロビのダウンタウンを歩くのはかなり危険だ。
それは僕自身も自覚していて、自分の本にもはっきりと書いてある。


1:西アフリカからラオスへ
サハラ以南のブラックアフリカは、東西冷戦が終了し、ソ連と米国の援助合戦も消滅した後、経済的にはめちゃくちゃになっている。
東アフリカ、ケニアのナイロビでも、僕の行った1988年と1996年を比較すると、明らかに1996年の方が治安が悪化していた。

現在の「地球の歩き方・東アフリカ編」にも、「ナイロビダウンタウンを歩かないように」と警告してある。

(page 192)
●ダウンタウンへは決して行ってはいけない
ダウンタウンはトム・ムボヤ・ストリートからナイロビ川方面の通称である。
非常に危険がともなう。
旅行者は誰ひとり歩いていない。
いつ、どこで、強盗、殺人事件が起こっても、全く不思議ではない。
モイアベニューからダウンタウンにかけては、旅人はおろか、在留邦人もゼッタイ行ってはいけない。

ところが、イクバルホテルはその「トム・ムボヤ・ストリート」から東へ入った、危険だといわれている「ラテマロード」にあるわけだよ。
いまはどうかわからないが、1988年はごく普通に歩いていた。

まず、カイロから到着した朝に、「ソラスホテル」にチェックインした。
このホテルは、(今はあるかどうかわからないが)トム・ムボヤ・ストリートにあった。

そこから歩いて、インターコンチネンタルホテルでビールを飲んだ。
これで心を落ち着かせて、まず、ナイロビの観光案内所へ歩く。

1988年には、ナイロビにはちゃんとした観光案内所があって、立派なパンフレットを無料で配っていた。
観光案内所はモイ・アベニューにあったんだけどね。

ただ、観光案内所はあったが、パンフレットを配るだけで、観光案内所主催のツアーなどはなかった。
つまり、パンフレットにはホテルやレストラン、旅行代理店のリストがあるだけなので、役に立たなかった。
昼はソラスホテルの自分の部屋で、ゆっくり休んでいた。
というのは、カイロからナイロビへのフライトはほとんど眠れなかったからね。

夕方になって、ヒルトンホテルへ歩いて、レストランで夕食を取った。
ここで日本人を見つけたので、話しかけた。

これがそのころ青山のベルコモンズにあった「*****」という店のバイヤーT氏だった。
彼は、アフリカの彫り物?を買い付けに来たのだとか。

いろんな人がいるものだね。
僕も、昼間うろついて、ママ・ンギナ・ストリート(Mama Ngina St.)でお土産屋は見ていた。

お土産屋には、もちろんアフリカの木彫りの人形もあった。
僕はとにかくなんでも話は、知的に合わせることが出来る才能を持っている。

だから、買い付け方とか、アフリカでいくらの値段を青山通りでいくら売るのかなど、興味深い話を聞きだしたよ。
この時代はまだ、アフリカに来ること自体が珍しかった。

だから、日本人と会えば、まあバックパッカーも、仕事できた人も、とにかく話はしたものなんだね。
実際、ただの旅行者の僕も、ナイロビ日本人会のイベントに参加したりしたんだから。

まあこうやって、1988年は、ナイロビのダウンタウンをあちこち歩き回っていたものなんだよね。

(この話続きます/to be contiuned)
xxx
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx