アフリカの旅行記を書く僕のスタンスと、「ヌンチャク君」の話。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
旅行記というのは、自分が実際に経験したことを書くだけだから、とても楽だ。
誰でも旅行記を書けるから、旅行好きな人は、自分の記録として残して置いたらいいだろう。
文章を書くのはちょっと面倒だが、慣れれば誰でも書けるので、才能は必要ない。
書き慣れれば、いくらでもだらだら続けられる。
それが面白いかどうかは別だが、自分の記憶を確認して、自分のために書いていると考えれば、オキラクだ。
実際、僕がいま書いているケニア旅行記は、自分でも、ケニアにいたときのことを忘れてしまったので、記憶を再発掘して、確認するために書いている。
旅行記の場合、次々に移動しているときは、書くのはとても簡単だ。
ある町に着いて、宿を捜し、観光をして、次の町への移動を調べ、バスや鉄道の手配をする。
食事をしてビールを飲む。
新しい旅行者と会って話をして、面白そうな情報を得る。
そして、また移動する。
書くことがたくさんあるので、それを整理しさえすれば、旅行記のかたちはつく。
それぞれの料金を細かく記録しておけば、読者の参考になるだろう。
何十年前の値段だって、「そのころは安かったんだなー」と感動を与える。
この旅行記を書いていて、1988年のアフリカ諸国のビザ料金が、数百円と安かったことに驚いている。
いまだと、一か国一万円でも、普通なんだけどね。
物価が変わってなければ、それはそれで、興味深い情報ではある。
物価が急に上昇したり、またメチャ安になったりすることもあるよ。
ところが、一か所に滞在している場合、変化がないので、書くことがなくなってくる。
宿も部屋も同じだし、食事をするところも、だいたい一緒。

行動範囲も限られてくるので、話す相手も、話す内容も同じようなこと。
わざわざメモを取る必要もないので、一日なにをやっていたのか、旅行ノートに書かなくなる。
旅行ノートに書かないでいると、メモしない癖がついて、面白いことが起きても、記録しない。
ナイロビでビザを取りまくっていたころは、アフリカ旅行に行く気があって、細かくメモをつけていた。
いろいろ本を読んだり、話を聞いたりしているうちに、ナイロビから出る気力が減衰していった。
すると、何も書くことがなくなっていく。
この時期の僕の旅行ノートには、ある一日に「リバーでゆうめし」くらいしか、書いてない。
これはもちろん、午後に、有名な日本人宿の「リバーハウス」へ行って、1人20シリング払って、夕食をとったってこと。

一行だけ「Alliance Francaise de Nairobi」と書いてある日もある。
これもケニヤッタアベニューのビルの中の「アリアンスフランセーズ」に行って、授業を受けただけの話。
リバーハウスで旅行者の皆さんとだらだら話をしていたのだから、面白い話、変わった話が確かにあった。
この時代、わざわざアフリカで個人旅行をするというのは、ホント、普通の日本人が考え付くようなことではなかったからね。
僕の場合は、そんなに本格的ではない。
ケニアに来たのは、アテネから、カイロの航空券を買うときに、エジプト航空が、さらにナイロビまで路線を持っているというだけだったけど。

僕がケニアに来たのは、ただの弾みだった。
ただ、僕は海外旅行の経験は豊富なので、東アフリカのケニアでも、それなりに考えることはあるけどね(旅行哲学)。
リバーハウスは、個人旅行者がやってきては、旅立っていって、また戻ってくる安宿だった。
だから、面白い話はいろいろあったよ。

もちろん、つまらない話をしているのを横で聞きながら、僕が本を読んでいるときもあったけどね。
ただ、面白い話でも、書けないことがある。

たとえ40年前のことだとしても、その時期その場所にいた旅行者で、こういう人と書けば、(わかる人には)すぐ特定できるだろう。
すると、その人が言ったことを書きにくいわけだ。

長期旅行者同士の話だから、いろいろとさしつかえが出てくるかもしれないね。
いろいろ考えたが、面白い話があっても、迷惑のかかるようなことは、書かないことにした。
だから、アフリカ話は当たり障りのないものになりますが、本当はもっととんでもないものかもしれないと、想像力を働かせて、読んでください(笑)。
さて、僕は、ほとんど情報無しに、ナイロビへやってきた。
僕は、ガイドブックとして、「Lonely Planet AFRICA」を、持っていた。
アテネで買ったか、カイロで買ったか、ナイロビで買ったか、それともロンドンで買ったのかもしれない。

Lonely Planet AFRICA (2013/11) 
「Lonely Planet AFRICA」の面白いところは、各国の独立の歴史が細かく書いてあったところ。
その時期は、どういういきさつで国となって独立したのか、をまとめて読めるものがなかったので、そこを読むだけでも興味深かった。
いまだと、Wikipediaを読めば大体のところはわかるだろうが、信頼できるかどうかは不明。
「Lonely Planet AFRICA」は、著者が責任を持って書いているので、偏りはあるが、それがまた大胆で、読んでて面白かった。
日本語のガイドブック「地球の歩き方」もアフリカ編を出していたが、東アフリカをちょっと紹介してあるだけだった。
最新版を図書館で借りてきて読んだが、昔と比べて、エチオピアが中心になっているのは、日本人観光客の興味が移っているのでしょう。

「地球の歩き方・東アフリカ」2014-2015
思い出す旅行者を軽く記録しておこう。
ナイロビに来て、まだイクバルホテルに住み着く前、イクバルホテルの食堂で出会った若者「ヌンチャク君」。
彼が、リバーハウスのことを教えてくれたんだと思う。
彼はアフリカについて、日本で、かなり調べてきていた。
ナイロビが危険だという情報も、リバーハウス情報も持っていた。
僕は彼と一緒に歩いて、リバーハウスへ行ったんだ。
彼は、ナイロビが危ないというので、いつも「ヌンチャク」を持っていた。
ただ、僕は下手に争うと、反対に、殺されると思ったけどね。
ちなみに、リバーハウスへいくときは午後の時間だった。
食事をしても、ビールを飲んでも、話をしていても、明るいうちにイクバルへ戻ったものです。
少しでも暗くなってきたら、道路の真ん中を走って帰った。
僕が二度目にナイロビを訪れた1996年には、リバーハウスは消滅していた。
長期にアフリカを個人旅行する人が、いなくなったのでしょう。
旅行者も、お金のある、短期旅行者で、サファリを目的にする人が増えただろうし。
ヌンチャク君とは、ナイロビ滞在の初期にしばらく付き合っていたが、彼はイクバルからリバーハウスへ移ったようで、イクバルでは見かけなくなった。
僕がアフリカ旅行に出る気力をなくしたころ、1人で南へ下っていったらしい。
それがわかったのは、郵便物を確認しに、日本大使館へ行ったとき、ヌンチャク君がタンザニアから出した絵はがきがあったから。
この時期は、日本大使館気付で、郵便物を送ったもの。
日本大使館では、郵便物を別に整理することなく、箱に入れていた。
絵はがきだったら、誰でも自由に、手にとって読めた。
何年も前に送られて、引き取られないままの絵はがきを見たりした。
いろんな旅人が決意を持って、アフリカ旅行をしていたんだなーと、感慨深かった。

ちなみに、このヌンチャク君とは、5〜6年後に、東京の街角でばったり会って、声をかけられました。
軽く立ち話をした程度で、別れました。

ま、こんな調子で、記憶に残っている人のことを、当たり障りなく、記録しておきたいと思います。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx