エジプト航空の8月5日の予約を再確認し、ヒルトンホテルで泳いで、イクバルで日本女性3人に声をかけられ、リバーハウスから680ホテルへ。@ナイロビ/ケニア

【世界旅行者と3人の日本女性@リバーハウス】
 
1988年8月2日、今日は、とにかくエジプト航空の予約の再確認をすることが第一。
8月5日にナイロビからカイロへの予約が、すでに入っている。
その予約を再確認しておかなければならない。
昨日、エジプト航空のオフィスへ行って、やろうとしたが、コンピューターがダウンしていて出来なかった。
だから今日はまず、予約の再確認をする。
歩いてエジプト航空のオフィスへ行くと、今日はコンピューターの調子がいいらしい。
僕は予約を入れなおすときから、何度もエジプト航空のナイロビオフィスへ足を運んでいる。
オフィスの女の子たちとは、いろいろ話をして、顔見知りになっているので、話は早い。
無事、1988年8月5日のフライトのリコンファメーションが出来ました。
僕としては、今日はこれで十分。
8月5日に間違いなく飛行機に乗れさえすればいい。
リコンファメーションをしたことで、今日の用事は終わり。
あとは、夕方ごろリバーハウスに行って、昨日話した旅行者の皆さんとまた会って、夕飯を食うくらいか。
僕の最初のブラックアフリカ滞在も、そろそろ終わりだ。

ヒルトンホテルのサウナとプールとも、お別れだね。
一流ホテルのサウナに入ったり、プールで泳いだりというのは、ナイロビで経験しただけだ。
最後だからというわけで、またヒルトンホテルへ行って、ゆっくりと泳ぎ、サウナにも入りました。
それからビールが飲みたくなったので、「THE PUB」へ行って軽く飲む。
思い起こせばこの店(THE PUB)は、ラグビー君が黒人女性と出会った場所だったなー。
彼は今頃どうしているのだろう。
と、物思いにふけって、彼との再会のネタを振っておく。
これは文学的な伏線を張っているわけで、この伏線は、8月4日に回収されます。
イクバルホテルに戻って、1階の食堂で本を読んでいたら、日本人旅行者から声をかけられた。
日本女性が3人で、ナイロビに来たばかりだという。
彼女たちは、日本を出るときは、別々だった。
しかし、乗り継ぎ途中で親しくなって、一緒のホテルに泊まっているようだ。
だから目的地は、1人1人違っていた。
確か一人は、「ルワンダへゴリラを見に行く」とか。
これは興味深い話だったのでじっくりと聞いた。
ルワンダへ行けば、ゴリラを見るツアーがあるらしい。
いま検索をかけても、日本からルワンダへの「ゴリラ見学ツアー」もあるくらいで、有名なようだ。
彼女は、1人でルワンダへ行って、現地でツアーに参加するとか。
それにはまず、ルワンダのビザを取らなければならない。
ところで僕は、ルワンダのビザはケニア滞在の初期に、個人でルワンダ大使館へ行って、自分で取っている。
結局行かなかったんだけどね。
だから、ルワンダビザについては、取り方や書類の書き方に着いてウンチクを語れる。
ルワンダビザについて、いろいろ説明してあげたよ。
「フランス語で書くからちょっと面倒だ」なんて言ったら、焦ってたのが面白かった。
ルワンダビザの申請書には、フランス語の書式と、英語の書式があった。
最初にフランス語の書類をもらったら、英語の書類をくださいといえばいいだけなんだけどね。
これは1988年の話なので、いまなら最初から英語の書類を出してくるでしょう。
僕は英語もフランス語も、スペイン語もわかるので、英語以外の書類が出されたときは、チャレンジしてみるけどね。
スペインのバルセロナで、米国のビザを取ったときは、スペイン語の申請書を渡された。
この時は、スペイン語学校に通っていたから、意地でもスペイン語で書こうとがんばったものだ。
ただ、その書類はスペイン語で記入するだけではなくて、スペイン国籍向けの書類だったので、僕がいくら努力しても、そもそも無理な相談でした。
そのときも、最終的には英語の書類に書いて、インタビューを受けて、無事ビザをゲットしたんだけどね。
ビザのウンチクを語れたので、とても気持ちがよかった。
さらに、日本女性3人に、ナイロビのいろんな話をして、持ち上げられるのはウレシイ。
正直、ナイロビに1か月以上いて歩き回り、ケニア東海岸に3週間いたのだから、ケニアに着いて僕は語れるだろう。
個人でナイロビ中を歩いていたしね。
ナイロビ見学というわけで、3人をリバーハウスへ連れて行った。
そのときの写真が、トップにあるものです。
女の子の1人が、そのとき写真を取っていた。
何年もたったあと、ネットで僕を偶然発見して、送ってくれた写真だ。
画像のサイズが小さいのは、その時代は、画像のサイズを小さくするのがマナーだったから。
写真を取った女性は、1人であの時代に、ジンバブエまで行ったというから、ビクトリア滝も見たのでしょう。
僕もジンバブエへ行くつもりで計画はしたけれど、同行者(ラグビー君)がいなくなったので、止めた。
僕は以前から言っているが、日本女性は度胸があるので、日本男性よりものすごい旅をしているものだ。
リバーハウスで女性を紹介したあとは、とっとと退散した。
リバーハウスにいる旅行者と、彼女たちは、雰囲気が違ってたので、合わないのはわかってたしね。
イクバルに戻って、そこで別れたんじゃないかな。
さらに話をした記憶もないし。
旅行ノートに寄ると、僕はリバーハウスのあとで、「680ホテル」に行っている。
女の子たちと別れて、1人で680ホテルに行ったのか、誰かを捕まえて数人で行ったのだろうか。
それは記憶にありません。
でも、旅行ノートにちゃんと書いてあるので、行ったことは間違いない。。
そこのところはよく覚えてませんが、詐欺君だったような気がする。
僕と詐欺君だったら、話すことはたくさんあるしね。

イクバルホテルに戻り、ホテルのメッセージボードで、8月5日早朝に空港へ行くタクシーをワリカンにする相手を募集した。
タクシーをワリカンにする理由は、料金を安くするためもあるが、誰かと一緒に行動して、安全に旅するためだ。
今日は運動もしたし、日本女性3人と話をした。
一日中ビールを飲んでいた。
やり残したことはあるかな。
やり残しがあったとしても、すべてはそのまま、過ぎ去っていくものだが。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx