ナイロビで、ソラスホテル(SOLACE HOTEL)に泊まり、ナイロビの町を歩いて、インターコンチネンタルホテル、ヒルトンホテルで食事をする@ナイロビ/ケニア

【イクバルホテルのアリ・サム氏と(1996/06/15)】
1988年6月3日、僕はカイロからナイロビへのエジプト航空機で、早朝にナイロビへ到着した。
ナイロビは、高原地帯にあるので、猛烈に暑いということはない。
イギリスが、ナイロビを高原地帯に作ったのは、暑さを避けるためと、マラリアを防ぐため。
それと、水もよかったらしいね。
朝のナイロビはさわやかで、時間はたっぷりあるので、空港内をうろうろして、日本人を捜す。
誰かいれば、一緒にナイロビへ出ようと考えていた。
しかし見つかったのは、人当たりのいい、日本で英語を教えている英国人。
適当に話をして、時間潰しをした。
この時代は、ケニアのシステムは、まだまだちゃんとしていて、空港にもナイロビにも観光案内所があり、空港からナイロビへのリムジンバスも走っていた。
空港の案内所では、ナイロビの中級以上のホテルの、予約もしてくれる。
しかし、1996年に再訪したときは、観光案内所はなかったし、全体的にシステムが崩れていっていた。
僕は実は、1976年に、バーレーンの空港で、ナイロビ在住のイギリス人とビールを飲んでケニアの話をしたことがある。

その時も、「ケニアはイギリスが統治していたころはすべてがきちんとしていたが、どんどん悪くなっている」と話をしていたね。
残念だが、アフリカ諸国は独立したあと、治安が悪化し、植民地時代のシステムも劣化していくのが流れだ。
だからいま思うと、1988年にケニアに滞在していたことは、とてもよかった。
読者も、僕の旅行記を読んで、ナイロビ滞在の参考にしてはいけません。
いまはもっと、ずっと、危険になっているでしょうからね。
でも1988年のナイロビは、理由もなく滞在している旅行者が結構いたものなんだよ。
さて僕は、空港からのリムジンバスでナイロビの町に向かった。
多分40分程度で町に入ったと思う。
空港からナイロビへの道はサバンナで、キモチのいいところだった。
途中では、国立公園(ナイロビ国立公園/Nairobi Nationa. Park)もあったよ。
ナイロビは、背の高いビルが並んだ、きれいな町でした。
バスは乗客をホテルに次々に下ろしていく。
「ソラスホテル」は、特にきれいでもなく汚くもない、普通のビジネスホテルという雰囲気のところでした。
町の中心を南北に走る「トムムボヤ通(TOM MBOYA ST.)」と東西の通り「市役所通(CITY HALL WAY)」の交差点にあった。
窓が小さいのと、確か三階の部屋だったので、景色はよくない。
ただ、全体的に、きちんと管理されている雰囲気があった。
部屋は結構広くて、シャワートイレ付き。
ツインのシングルユースで、250シリング(2000円)だから、最初の宿としては文句ありません。
ナイロビ到着が朝早かったので、街歩きに出て、「ウフルハイウェイ(UHURU HIGHWAY)」沿いの「インターコンチネンタルホテル(INTER-CONTINENTAL HOTEL)」で、ビールを飲む。
ナイロビの町の中心部は、ビルが立ち並んでいて、レストラン、お土産屋がたくさんある。
店を冷やかしながら、身体をナイロビに慣らしていく。
いったんソラスホテルに戻って、昼寝をした。
夕方になって起きだして、近くのヒルトンホテルのレストランへ行く。
僕は常に誰か日本人はいないかとアンテナを張っているので、日本人のビジネスマンぽい人(でも多分、普通のサラリーマンではない)を見つけて、声をかける。
狙いたがわず、青山通りの「ベルコモンズ」に入っているお店の人で、アフリカの美術品を買い付けに来たとのこと。
黒人作家の、木彫りの置物が人気だそうだ。
僕もこの旅に出るまで、港区の南麻布に住んでいて、250CCのバイクに乗っていた。
麻布、広尾、渋谷、赤坂、青山は、僕の守備範囲だったので、話が合う。
特に、僕は国立競技場のトレーニングセンターの会員だったので、麻布から国立競技場までバイクで通っていた。
だから、246と外苑西通りの角の「ベルコモンズ」は、日常的に見ていたものだ。
1988年、日本はバブルの絶頂期に向けて、昇り調子で突き進んでいた時期。
OLさんでも、アフリカ彫刻に心引かれて部屋に飾ったりする人もいたのでしょう。
僕もこの時期、いま考えれば、分不相応に優雅な生活を送っていた。
夏になれば、神宮プールで身体を日に焼くのが習慣だったし(それ以前は、プリンスホテルのプールのシーズンパスを持っていた)。
きれいな女性とも結婚していたし、、、。
思い返すのは止めましょう。
過ぎ去った酒とバラの日々でした。
僕は今も、一緒になってくれた女性に、感謝している。
さて、ナイロビで、中級ホテルに泊まって、インターコンチネンタルやヒルトンで食事をしているのでは、アフリカ冒険旅行っぽくない。
もちろんそれは十分に理解している。
普通のバックパッカーがナイロビで目指すところ、それは、「イクバルホテル(IQBAL HOTEL)」なんだ。
ただ、イクバルホテルは、「ラテマロード(LATE,MA RD.)」にあって、この通りから東は、ナイロビの危険地帯ということになっていた。

僕は、正直、気が小さいので、ナイロビ滞在も、慎重に考えている。
徐々に、生活水準は下げていく計画。

今日は行けなかったが、明日の昼間に、イクバルホテルとラテマロードを探検するつもりです。
 
xxx
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx