ナイロビから、ケニア東海岸へ旅立つ前に、「旅の喜び」について、軽く語っておこう。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年の6月始めから7月始めの1か月程度の期間、僕はナイロビに滞在していた。
もう一度ここで、僕がナイロビまでやってきた経緯を説明しておこう。
というのは、僕の旅行記は、おそらく世界一長くて、僕が死ぬまでには完成しないだろう。
これを書いた僕以外に、最初から全部読んだ人なんているはずがないからね。
だから時々、旅を整理するためにも、僕の旅行経験を振り返る必要があるわけだ。
それに、僕の旅行記を読んでいる人が、中途半端な誤解をしないように、僕の経歴を出しておかなければね。

1987年夏、麻布十番を歩いていたとき、ジャガーに乗った銀座のクラブママから声をかけられた
息子が留学するので、イギリスの語学学校へ連れて行って欲しい。

僕も正式に離婚をしたばかり、日本を離れて、長い旅に出ようと考えていた。
世の中に起きるすべてのことは、神の導きだ。
一緒にイギリスへ行くことにした。
もちろん無料ではなく、30万円程度の航空運賃を出してもらったけどね。
2人でイギリスへ飛んで、スコットランドへ旅をして、ニューヘブリデス諸島のルイス島ストーノウェイまで行った。
スコットランドから戻って、別々の語学学校(僕はロンドンの「インターナショナルハウス」、若者はボーンマスの「アングロコンチネンタル」)へ通う。
12月になって、語学学校は、終了。
僕は、(日本人はまず合格不可能といわれていた)ケンブリッジ検定試験特級(CPE)を受けた。
ちなみに、僕は英検一級を1976年に取っているので、もともと英語は出来る。
某企業に勤めていたときは、海外事業本部にいて、英語の書類を読み、英語の図面を描いていた。
海外勤務もしたことがあるし、英語で不自由したことはない。
1984年から1985年にかけて、タイ、バングラデシュ、ネパール、インド、スリランカ、タイ、という旅行もしていたので、海外旅行にも慣れている。
日本では、この時期、僕は英語、フランス語、スペイン語を平行して勉強していた。
だから、一年程度ヨーロッパにいて、この3か国で学校へ通えばいいだろうというのが、最初のぼんやりした計画。

ケンブリッジ英検の試験が終わって、翌年春の結果発表までの時間潰しに、若者と2人で、スペインまで行くつもりで、ロンドンからパリへ移動。
パリで僕が体調を崩して、病院(アメリカンホスピタル)へ行った。
結局、若者は、パリからロンドンへ戻り、日本へ戻った(が、またロンドンへ来て、インターナショナルハウスへ通う)。
僕は、マドリッドから、バルセロナへ移動し、そこのスペイン語学校へ通った
ここから突然旅行モードに入ったわけだ。
その理由は自分でもはっきりしないが、「バルセロナの人妻との恋が終わった」ことが理由だったのではないかな。
アンダルシアを旅し、ジブラルタル海峡を フェリーで越えて、モロッコアルジェリアチュニジアと北アフリカ三国の旅をした。
そのあとイタリアへ入り、フランスを鉄道旅行し、シェルブールからポーツマスへと、フェリーで海峡を越えて、イギリスへと戻った。
そして、「ケンブリッジ英検特級」の合格を確認した。
問題はこの時だった。
日本を出て、8か月ほどたった。
英語学校にもスペイン語学校にも通い、北アフリカを横断して、イタリア、フランス、イギリスと鉄道旅行をして、ロンドンへ戻った。
この時点で、日本に戻ってもよかったわけだが、日本に戻っても、特に何もしたいことはない。
日本に帰っても、退屈な日常と、平凡な日本人との付き合いがあるだけだ。

金も暇もあるのに、ロンドンで試験に合格しただけで、あの何にも面白いことのない、つまらない日本に帰るなんて、馬鹿のやることじゃないでしょうか。
とにかく、エジプトのピラミッドだけは見たいというのが、日本に戻らなかった理由。
エジプトのピラミッドを見るついでに、ギリシア、トルコを旅した。
ケニアのナイロビにいるのは、ギリシアからエジプトのエジプト航空が、おまけでナイロビまで飛んでいたってだけなんだ。
ケニアに長く居るつもりはなかったので、最初の予定では、2週間程度のケニア滞在と考えていた。
ナイロビからカイロまでの復路のフライトは、6月13日に予約が入れてあった。
いまは、7月始めだから、ナイロビからカイロの予約は、新しく入れなおしておいた方がいい。
というわけで、約一か月後の、8月5日に予約を入れた。
あと一か月あれば、何でも出来る。
アフリカ中、どこかへ行きたければ、行くことは出来るだろう。

万が一、ナイロビにずっと居たとしても、それはそれで成立する。
長期旅行では、時々一か所に留まることも必然なんだしね。
長期旅行では、どんどん移動するわけだが、移動の連続では身体も精神も持たない。
移動の連続のあとで、居心地のいいところに滞在して、しばらく動かない。
ある程度一か所に滞在して、休息を取ったあとで、また移動を始める。
この、移動と滞在の組み合わせがないと、本格的な長期個人旅行は不可能だ。
この世界一周旅行を例に取ると、まずロンドンが滞在地だった。
次にパリ。
ロンドンやパリだと、町を歩いているだけで、いくらでも楽しめる。
僕はこれから何度も旅をして、ロンドンやパリに立ち寄って、しばらく時を過ごすことになる。

バルセロナも僕はスペイン語学校に通っていたので、ちょっと長くいたね。
でも、学校が終わったら、特に滞在したいとは思わない。
イスタンブールは、僕はこれから何度も行くことになるが、いろんな方向から来た旅人が集まるところなので、出会いが多く、楽しめるところだ。
つまり、旅の途中でしばらく滞在するためには、日本人がある程度いないと面白くない。
ナイロビの場合は、とにかく町が狭くて、日本人旅行者が集まる宿も、決まってた。
だから僕がイクバルホテルの食堂で、午前中をだらだら過ごしていれば、日本人旅行者から声がかかったものだ。
ナイロビにいても、中級ホテルの「680ホテル」や高級ホテルの「ヒルトンホテル」に泊まっていたら、旅行者との出会いはない。
でも、旅行者が誰でも知っている「イクバルホテル」の食堂に居れば、話し相手が、向こうからやってくる。
これは旅行者としては、とても楽な状況なんだよ。
いろんな人に声をかけられたが、思い出す人を、ちょっと書いてみよう。
まず、世界一周中の学校の教師がいたね。
確か、「KLMの世界一周航空券」を使って、世界一周をしているらしかった。
最初からルートが決まっている世界一周航空券ほど使いにくいものはない。
だって、ある町に行けば、行きたい場所は次々と出てきて、ルートを変えたくなるものだからね。
正直、本物の長期旅行と世界一周航空券は、合わないものなんだよ。
話のネタに(冗談で)、1か月程度で地球を一回りする程度なら使えるだろうが、本格的な長期個人旅行では使えない。
一時期、日本のメディアがでっち上げた、「世界一周航空券」のブームがあった。
が、すぐに見捨てられてしまった。

それは当然で、長期旅行のルートを、出発前に決めるなんて、それは長期旅行じゃないからね。
長期海外旅行では、旅をしながら情報を手に入れ、面白い人と出会い、それで行き先を決めていくもの。
長期海外旅行とは、「旅先での出会い」が本質なんだよ。
興味深い出会いがなければ、旅行なんかしない方がいい。
世界中の世界遺産を次々と見て回ったところで、豪華なホテルに泊まったところで、何の意味もない。
旅先で興味深い旅行者と出会って、深い話をして、自分が変化していくのを感じること、これが長期個人旅行の本質だ。
旅の出会いが予測不可能なのだから、旅のルートなんて、出発前に決められるはすがない。
まともな旅行を一度もしたことがない、旅行ライターや編集者が頭ででっち上げるような安っぽい話だ。
世界一周旅行の学校教師も、世界一周切符を持っていたが、ナイロビまで来るために、わざわざ別の切符を買っていた。
アジア横断を陸路だけでやったとしても、2カ月でできる(僕の「アジア横断旅行」で証明されている)。
飛行機で繋がなければならないルートはその場で安い切符を捜せばいいだけだ。
世界一周切符なんて使う人間は、素人さんだけだよ(笑)。

あと、50歳超えた男性と20歳くらいの女の子のカップルにも会った。
このカップルについては、リバーハウスで、「男女関係があるのかどうか」という話が盛り上がったけどね。
いま考えると、二人の中に普通にエッチはあったんじゃないかな。
僕も60歳くらいの時に、30歳くらいの超美人と、お付き合いしていたことがあるからね。
そうそうこの20歳くらいの女の子に、冗談で、僕の部屋に着たら楽しいことがあるよと、誘ったことがある。
そうしたら、その日に女の子が僕の部屋に訪ねてきて、焦ったこともあるよ。
このように、ナイロビ滞在は、とてもオキラクでした。
気候もいいし、適度な暇つぶし(映画、プール、サウナ)もあり、世界各国の料理(日本料理、中華料理、韓国料理、インド料理など)もある。
イクバルやリバーハウスにいれば、面白そうな旅行者が次々に現れるしね。
でも、ビーチが好きな僕としては、ケニアの東海岸へ、旅に出なければならないと、わかっていた。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx