1988年6月18日(土曜日)までに、ナイロビで出会った旅行者のまとめ、と「登山君」の話。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
ここまで、1988年6月18日(土曜日)までに、ナイロビで出会った人たちの紹介をしてきた。
まず、680ホテルのレストラン「赤坂」で出会って親しくなった援助団体の「援助さん」
イクバルホテルで知り合って、一緒に「リバーハウス」へ行った「ヌンチャク君」
いつもラグビーシャツを着ていた「ラグビー君」
ブラジル滞在が長くて、僕とモロッコのフナ広場で、出会っていた「ブラジル君」もいたね。
日本で死ななければ止められない宅配便の仕事から逃げてきた、「宅配君」
僕は、イクバルホテルに泊まっていて、午前中はだらだらイクバルホテルのレストランに居座っていた。
昼までは、イクバルホテルの食堂で、本を読んでいた。
面白そうな日本人がいれば、必ず声をかけていた。
ナイロビの状況を説明して、リバーハウスに興味がある人は、僕が連れて行っていた。
ほとんど毎日 リバーハウスで、タスカービール(TUSKER BEER)を飲んで、だらだらと話をしていたのだから、他にも多くの人と話をした。
ぼんやり記憶に残っている人もいるが、はっきりノートに残してないので、書くほどのエピソードはない。
例えば、6月16日の旅行ノートを見ると、6人の旅行者のことがメモしてある。
この日は、ヌンチャク君、ブラジル君、宅配君のほかに、3人の旅行者のことがメモしてある。
S君には「ひとことおおい」、T君には「髪型がカッコイイ」、M君には「つくば」とだけ書いてある。
一言多いウザッタイS君、髪型がカッコイイT君のことは、全く記憶にない。
「つくば」とは、これは間違いなく筑波大学の学生だったのだろう。
僕は結構、旅行者の出身大学名は気にする癖があるんだ。
さて、今日は「登山君」の話。
彼は確か、某大学の探検隊のメンバーだったはずだが、大学はそこではないという話を聞いた気がする。
でも、僕と話が合って、常識があって、冗談も通じた。
僕は1968年に現役で東大を受けて(落ちて)、1969年に(東大紛争が起きて試験がなかったときに)京大を受けて合格した人間。
だから、頭の悪い人間には、とても厳しくて、イライラする。
それが僕の欠点なんだよ(笑)。

僕と感覚が合った登山君は、けっこうまともな大学の学生だったのだと思う。
が、詳しくは聞かなかった。

ラグビー君、登山君と僕の3人で、一緒に、ナイロビをあちこち歩いていた。
僕はとにかく、午前中にイクバルホテルの食堂へ行けば、そこでチャーイ(インド風ミルクティー)を飲んで、本を読んでいたから、だいたい見つかる人間。
暇潰しの相手としては、最適な旅行者ね。
だって、この時期、僕の心の中では、アフリカ旅行は面倒くさいと感じて、諦めていたからね。
ただそれだけでは、わざわざケニアまで来たのに、ガッカリだという認識はしていた。
このままナイロビにいただけで、終わるのは出来ない。
日本からバンコクへ行っただけで、カオサンでだらだら過ごした日本人旅行者は多い。
カンボジアにも、ラオスにも、ベトナムにも、マレーシアにも行かないヘタレ旅行者だからね。
僕はそういう連中を馬鹿にしていたので、せっかくナイロビに来たのに、どこへも行かないってことは考えられない。
ただ僕の皮膚感覚で、アフリカ旅行は危険だという警報が鳴り続けていた。

暇な人間同士集まって、午後の遅い時間に、適当なレストランへ入って、だらだら話をしていた。
ナイロビのそのころのレストラン事情に着いては、結構面白い話があるので、また項を改めて、きちんと語りたいと思う。
いま僕がやろうとしていることは、最初のアフリカ旅行の出来事を、一日一日、正確に記録しておくこと。
こういうだらだらした旅行記は、他に存在しないだろうからね。
いまは、1988年6月18日(土曜日)までの旅行記を完成させて、一区切りつけるつもりだ。
というのが、このあとの、6月19日(日曜日)には、いかにもアフリカらしいことを、するからだ。
それは、僕が知り合った、「援助君」との話だった。
援助君は、自分で4WDを持っていると言っていた。
その4WDが6月19日の朝に、イクバルホテルの前のラテマロードに出現することになる。
ナイロビで4WDがあれば、行くところは決まっているよね。
そう、それは…。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx