ナイロビからモンバサへの一等寝台車。賑やかな白人カリフォルニアンガールと、黒人公務員と一緒。@ナイロビ〜モンバサ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月9日午後5時に、ナイロビから、列車に乗って、モンバサに向かう。
到着は、翌朝の午前7時だとか。
つまり乗車時間は、14時間。
ヨーロッパをユーレイルパスで鉄道旅行をするときに、乗車時間と列車の関係に着いては、深く考える。
ただ、14時間の列車旅だと、夜行(寝台)列車に乗るしかないだろう。
夕方の午後5時、午後7時に2本列車が走っている意味は、夜行列車しかないということ。
昼の列車があれば、アフリカの風景を見ながら、ゆったりと旅が出来るだろう。
が、14時間かかるのでは、そういう列車があったとしても、出発はまだ暗いうちで、到着も暗くなってから。
ナイロビは、暗くなったら危険な町なので、こんな列車の運行は出来ない。
第一、モンバサの土地勘がないのに、日が落ちたあと、暗い町を、歩いて安宿を探すのは不可能(自殺行為)だよ。
というわけで、僕は、まだまだ明るい午後5時の列車に乗るために、午後3時にはナイロビ鉄道駅へ行く。
イクバルホテルをチェックアウトして、余分な荷物を預ってもらう。
ビーチへ行くのに、荷物が多いのは、似合わない。
本当は、ショルダーバッグ一つで旅をしたいのだが、僕は本をたくさん持って旅をするので、どうしてもショルダー1つでは無理だ。
時間の潰しようがなくて、昼からは、中心街にある「THE PUB」へ行って、よく冷えたビールを飲んだ。
町を歩いて見つけた酒屋さんで、ウィスキー「TEACHER'S」を一本買った(330シリング/2640円)。
ナイロビ駅が始発なので、列車はホームに入っていた。
さっそく乗り込むと、一等寝台は2人用のコンパートメントでした。
1人でコンパートメント独占かと期待したが、出発間際になって、恰幅のいい黒人が入ってくる。
話をすると、ケニアの公務員のようだ。
狭い2人部屋で、知らない人と一緒というほど気を使うことはない。
夜遅ければ、そのまま寝てしまえばいいのだが、午後5時では、ついつい話をしてしまう。
日本人の海外個人旅行者と、ケニア人の公務員では、話が弾むわけもなく、気まずい雰囲気になる。
最初から話さなければよかったのだが。
ただ僕は、乗り物の中で一緒になった人とは、(英語がしゃべれるなら)軽く話すことにしているんだ。
それをどこで止めるかがわかって、それが出来れば、話術の天才だろうけどね。
車掌が来たときに、空いた部屋があれば移動したいと聞いたが、別料金がかかるとのことで止める。
隣がワイワイうるさくて、急に間仕切りの壁が開いたたら、そこにいたのは、20歳前後の白人若い女の子たちだった。
カリフォルニアから来たということで、適当に話をしたが、間仕切りを閉じてからは、少し静かになった。
いままでの、イクバルホテルの快適な1人だけの生活と違ったせいか、なかなか寝付けなかった。
翌朝も、早くから目が覚めて、うとうとするのを繰り返した。
神経が高ぶって眠れないのか、頭がボーッとしたままだ。
モンバサ鉄道駅に到着する前には起きだして、本土とモンバサを結ぶ「コーズウェイ(CAUSEWAY/土手道)」を見た。
モンバサは、アフリカ本土とコーズウェイで結ばれた島になってます。
このコーズウェイの上に、鉄道線路と道路があるわけです。
モンバサ鉄道駅への到着は、午前7時半になる。
寝不足で頭がぼんやりしたまま、駅を出る。
「ハーレセラシエ通り(HAILE SELASSIE RIAD)」を、海に向かってまっすぐ進む。
すると、「ディゴ通り(DIGO ROAD)」という大きな通りに出る。
ここら付近が一番の繁華街のような気がしたので、目に付いたホテルに飛び込んでみる。
「キャッスルホテル(CASTLE HOTEL)」という、まあまあのホテルだ。
部屋を見ると、エアコンもあり、バストイレ付き。
シャワーだけではなくて、大きなバスタブがある。
ホテルに入ったのが午前8時過ぎで、すぐこの部屋に決める。
料金は、ツインのシングルユースで735シリング(5800円)。
かなり高いが、とにかく疲れている上に、すぐチェックインできるのでここに決めた。
熱いお湯がどばっと出るので、ジーンズやTシャツを熱いお湯につけて、洗う。
それから、身体を洗って、ふかふかのベッドで、清潔なシーツに包まれて、ひと寝入りした。
午後になれば、ちょっと観光をして、明日はマリンディへ行くつもりです。
モンバサ自体は大きな町で、のんびり出来る雰囲気ではないからね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx