ナイロビからモンバサ経由ザンジバル、そしてストーンタウンへ@ナイロビ/ケニア〜ザンジバル/タンザニア

【モンバサを飛行機から見る】
1996年6月16日、午前4時に、ナイロビのラテマロードにある、イクバルホテルの部屋で目を覚ます。
今日は、ザンジバルへ飛ぶので、二度寝するわけにもいかず、ハインラインのSFを読んでいた。
読み終わった本を数冊、「イクバルホテル」の2階の食堂のラックに入れた。
これからナイロビを出て南アまで下るが、まあ、南アからどこへ行くにしても、ナイロビには戻ってこないだろう。
1988年にいたナイロビとは違って、1996年のナイロビは、全体的に、危険に、汚くなっていた。
将来的にも、また戻ってくることはないだろうね。
イクバルホテルの前からタクシーに乗ると、20分で空港に到着。
料金は600シリング。
このときのケニアシリングのレートは、100ドルが5460ケニアシリングだった。
100ドルが1万2千円と考えれば、1ケニアシリングは2.2円だ。
でも旅をしているときは、面倒なので、2円と考える。
とすると、ラテマロードのイクバルホテルから、空港まで、1200円ということになる。
ちょっと高いかな、と思わないことはないが、空港からダウンタウンに来た時は、900シリングだった。
つまり、来た時は、1800円だった(日本女性と割り勘にして、一人900円だった)ので、そんなものでしょう。
タクシーがナイロビ空港に到着したのは、午前8時半。
僕の乗る、ケニア航空「KQ490」便の出発は、昼の12時15分出発予定。
チェックインは、午前10時15分開始予定だった。
2時間ほど早く着きすぎたが、ホテルを出るのを遅らせても、何もすることがないのだから、これでいい。
海外旅行法則には「空港に着くのは、早ければ早いほどいい」というものがあるしね。
いつものように、空港で本を読んで時間を潰す。
チェックイン時刻は、10時15分ということだったが、実際にチェックインが始まったのは、午前9時半だった。
午前8時半に来て正解ってことね。
チェックイン後に、空港税を20ドルも取られた(涙)。
ドルでなくても、日本円でも払えるが、それだと2300円とノートに書いてあるので、やはりこの時期、1ドルは120円程度だった。
KQ490便は、ナイロビを出て、ケニア東海岸の都市モンバサへ行き、そこからタンザニアの島ザンジバルへと飛ぶ。
座席は「4A」で当然、飛行機の左側の窓側の席だ。
出国税(DEPARTURE TAX)を20米ドル払う。
50ドル札を出したら、20ドル札と10ドル札それぞれ一枚、合計30ドルおつりをくれた。
チェックインカウンターにケニアの出国カードがあったので、記入する。
トイレに行くと、20シリング(40円)支払う。
登場案内があるまで、朝食として、サモサ(インド風野菜ギョウザ)を2個、タスカービール(TUSKER PREMIUM)を1本買う。
サモサが一個30シリング、ビールが120シリングなので、合計180シリング。
このとき、1ドルは60シリングで計算していたので、1ドル札一枚と120シリングで支払った。
というのが、ケニアからザンジバルへ移動したら、そのまま南アまで下るつもりなので、ケニアシリングを使い果たすわけだね。
マラリア薬の「メフロキン」を1錠、ビールで飲む。
午後12時15分出発予定のフライトが1時間程度遅れて、午後1時になる。
ケニアの東海岸の町モンバサ到着が午後2時。
僕のノートには、ナイロビからモンバサまで1時間5分と書いてある。

【飛行機はモンバサを出て、ザンジバルへ】
モンバサを出たのが、午後2時。
ザンジバルへはたった25分のフライトで、午後2時半には到着。
ザンジバルの入国手続きは、黄熱病の予防接種のチェックがあった。
僕は1988年にアテネで受けた予防接種を証明するイエローカードがあり、有効期間は10年なので、それを提示する。
入国カードを記入するときに、滞在予定を適当に「1か月」と書いたら、申請通り1か月もらう。
そのあと、チェックインしていた僕のバックパックを引き取って、これで入国完了。
しかし、このまま空港の外に出てもだめ。
次は、タンザニアシリングへの両替が必要だ。
両替カウンターは2つあって、一つは現金のみの両替。
もうひとつが「THE PEOPLE'S BANK OF ZANZIBAR LTD.」で、こちらでドルのトラベラーズチェックを両替した。
100ドルのトラベラーズチェックを出すと、61,545タンザニアシリングのレートで、両替手数料が310シリング引かれる。
つまり、100ドルのトラベラーズチェックは、61,235シリング。
1ドルを120円と考えると、1タンザニアシリングは0.2円になるわけだね。
ここからは、シリングといったらタンザニアシリングのことです。
空港には観光案内所があったので、入ってみた。
ザンジバルのストーンタウンへの行き方を聞きたかったからだ。
そこに、30代半ばの白人女性がいた。
聞くともなく聞いていると、「ピックアップを頼んだインターナショナルホテルから迎えが来ない」んだそうだ。
案内所のスタッフは、地図を出して、ホテルの場所などを説明していた。
僕は声をかけて、一緒に行こうと提案する。
このとき聞いたが、ストーンタウンまで、マタトゥ(乗り合いマイクロバス)が100シリング(20円)、タクシーで4000シリング(800円)。
タクシーをシェアすることにして、一人2000シリング((400円)。
空港の表に出たら、タクシーとはピックアップトラックのことでした(涙)。
運転手の隣に、白人女性と僕が座って、まずは、彼女の泊まるインターナショナルホテルへ。
話をしていたら、フランスから来たという。
旅行代理店で、ホテルと出迎えを頼んでいたのに、迎えの車がいなかった。
インターナショナルホテルは、空港からストーンタウンへ行く途中にあるリゾートホテルで、彼女が車を降りる。
僕は彼女と泊まってもよかったが、僕はストーンタウンの安宿に行くので、一緒に泊まりたいと言われても困るし…。
と心配していたが、特にお誘いもなく、あっさりと別れる。
車はそのまま、ストーンタウンへ。
ストーンタウンの中の広場で、僕が車を降りる。
と、黒人の若者が3人やってきて、僕が泊まるホテルを聞く。
僕は、「Lonely Planet」で調べた「マリンディゲストハウス」へ行くつもりだ。
それを言うと彼らは、マリンディゲストハウスへ、僕を連れて行くという。
ストーンタウンの地理もわからないし、彼らと一緒に歩いていく。
危険だと思わなかったかというと、少し思ったが、まあ、まだ昼の3時ごろ。
今日は、ホテルにたどり着けばそれで十分なので、彼らの話に乗った。
とにかく町を歩けば、土地勘はできるからね。
ザンジバルはイスラム圏だ。
イスラム圏を旅した経験がある僕は、「イスラムでは騙しやボッタクリはあるが、暴力はない」と考えている。
それと、旅では流れに乗ることも大事だからね。
彼らは、僕が予期していた通り、別のホテルに連れて行った。
かなり大きなホテルだったが、人が泊まっている雰囲気がない。
10ドルでシャワートイレ付きの、特に悪くはないホテルだった。
一応部屋を見て、僕は言う「マリンディゲストハウスへ!」ってね。
そのまま特にトラブルもなく、若者たちは、僕をマリンディゲストハウスへ連れて行ってくれた。
マリンディゲストハウスには、その日、シングルの部屋がなくて、ツインの部屋で、15ドル。

【マリンディゲストハウスのベッド】
部屋の床も壁も、木製で、落ち着くね。
部屋も広いし。
今日は、ナイロビからザンジバルに来て、ストーンタウンの宿に落ち着けば十分。
少し休んで、定番の「アフリカハウスホテル(AFRICA HOUSE HOTEL)」のバーへ行って、夕陽が落ちるのでも見ましょうか。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx