ヌンチャク君、登山君、援助君、一周君と彼の奥さん、ラグビー君、年の差カップルのことなど。最初のナイロビ滞在のいろいろ。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年のナイロビ滞在では、いろんなビザを取って、旅行計画を立てたが、どれもモノにならなかった。
最初は、「ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、(タンガニーカ湖)、タンザニア、(ザンジバル)、ケニア」という周遊ルートを回るつもりだった。
ただ、ビザを取っているうちに、「アフリカを個人旅行をするのは、危険だ」と感じた。
次は、ジンバブエとザイール国境の「ビクトリア滝」にいくつもりだった。
しかし、一緒に旅する予定だった「ラグビー君」に彼女が出来てしまったので、一緒に行けなくなった。
いろいろあっても、ナイロビを脱出できなかったのは、僕にとって、結局、ナイロビ滞在が、楽しかったせいだけどね。
前にも書いたと思うが、この時代のナイロビは、治安もそれほど悪くなくて、昼間だったら、歩き回っても危険は感じなかった。
そのあと、ナイロビの治安はどんどん悪化していったので、いまは無理でしょう。
さて僕は、午前中は、イクバルホテルにいて、1階の食堂で本を読んでいた。
本を読みながら、誰か日本人がいれば、声をかけて(声をかけられて)、お気楽な話をする。
僕は慎重なので、暗くなったら、外出しないのが基本。
ナイロビには「マイアミ」「マイアミ2000」というクラブがあったが、僕は行ったことがないので、わかりません。
ナイロビは気候がいいので、エアコンがなくても、快適だ。
部屋で、ペーパーバックを読んで寝ているだけでも、とてもキモチイイ。
正直、世界中で、東京ほど気候の悪い都市はない。
夏は蒸し暑いし、冬は寒い。
「さわやかな秋晴れ」とか「五月晴れ」というのがあるのは、記憶の中だけで、実際にはほとんど存在しない。
しかし、海外では気持ちいい天気がずーっと続くことも不思議ではない。
日本人が我慢強いのは、悪い気候でも我慢する性質だってことだろう。
忍耐強くなければ、とっくに日本を捨てて、フィリピンの避暑地「ダバオ」なんかに首都を移しているだろうからね。
日本では、本当に気持ちのいい天気は、おそらく一年に10日くらいしかないと思うよ。
日本の人間関係も、変に生ぬるくべたべたして気持ち悪いか、人間関係が本当に冷たく乾燥してささくれだっているかのどちらかだ。
僕は、じめじめべたべたした関係よりも、冷たくてもいいから、あっさりした関係が好きだけどね。
ナイロビにいると、気候は申し分ないし、旅行者の人間関係は、原則的にあっさりしているので、最高にキモチイイ。
例えば誰かと約束をしたとする。
その約束が守られなかった場合、日本だと、変に気まずくなったり、約束を守らなかった相手を責めたりする。
でも旅先では、もともと「約束は守らなくてもいい」んだ。
誰も約束を信じていない(笑)。
だから、ナイロビでは、約束はしないし、約束が守られなくても誰も気にしない。
その日に出会った人と、興味深い話をするだけだ。
深い話をしても、それが後を引くことはない。
もちろんこれは、ナイロビだけのことではなくて、僕のような本格的な長期旅行者の本質なんだけどね。
そういう感じで、ナイロビで出会った人のことを決着つけておこう。
僕が最初のころ親しくなった「ヌンチャク君」は、(以前も書いたが)南へ一人旅に出たが、数年後千駄ヶ谷の「東京体育館」の前で偶然出会った。
でもちょっと立ち話しただけで別れて、それっきりだ。
「登山君」は、ケニア山から戻って、しばらくして、日本へ帰国した。
ずいぶん親しくしていたのだが、日本の連絡先を交換したりもしなかった。
「援助君」はナイロビで仕事(援助活動)があるので、仕事のあとに、よく僕を訪ねてきた。
これから僕は、ケニア東海岸のビーチで、泳ぎまくった。
僕がナイロビへ戻ってきたら、知らせてもいないのに、すぐにイクバルで会った、

世界一周中の教師さんを、ここで「一周君」と呼ぶ。
彼はナイロビで奥さんと待ち合わせをしていた。
僕は、人妻という存在自体が大好きなので、奥さんが来るのをきっかけに、新しいシャツを買った。
これは、ナイロビではかなりの高級品で、「HARD CORE」というブランドだった。
「ラグビー君」は、黒人の彼女が出来てしばらくは、町で目撃情報があったが、いつのまにか消息不明になった。
「歳の差カップル」は、20歳くらいの女の子がアフリカに行きたいというので、50歳くらいの旅慣れた男性が、連れてきただけなのかもしれない。
僕は人妻さんも好きだが、人の彼女というのも大好き(笑)。
いくらでも、女性の喜ぶような、ぎりぎりのきわどい話が出来る。

どんなことを言っても、無責任な冗談として通るので、とても楽しいものだ。
こうした楽しい楽しいナイロビ生活にも、一区切りつけることにした。

ナイロビ生活にも飽きちゃったんだね。
そうなれば、ケニア東海岸の、ビーチへ行って、しばらく過ごすのもいいだろう。
ケニア東海岸には、モンバサ、マリンディ、ラムという町がある。
タンザニアのビザをすでに取っているので、モンバサからザンジバルへ飛んで、軽くタンザニア旅行をすれば、この時代なら、それなりの旅になる。
というわけで、僕はさっそく、ナイロビからモンバサへの鉄道切符を買いに行きました。
これが1988年7月8日。
ナイロビへ到着したのが、6月3日だったので、もう一か月以上、ナイロビでごろごろしていたことになります。
さて、次は、モンバサだ!!
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx