昨日飲み過ぎたので、おとなしく禁酒日にする。日本大使館へ行ったが、自分への郵便物はなかった。ドイツ人のケビン君と8月5日の約束。@ナイロビ/ケニア

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月3日、今日は、とにかくひどい二日酔いだ。
昨日は、エジプト航空の予約の再確認をしただけで、あとはただひたすら飲んでいた。
日本人の女の子3人をリバーハウスへ連れて行ったのは覚えている。
ちゃんと一緒に写った写真もあるし。
でも、680ホテルへ行ったのが誰とだったか、おぼえていない。
女の子たち3人とはリバーを出て、(危ないので)イクバルホテルまで連れてきて、別れたと思う。
僕がわざわざ680ホテルへ1人で行くのもおかしいので、誰かと一緒だったはず。
二日酔いでくたっとしたという意味は、よほど話が弾んだのだろう。
それが誰だかわからないが。
ただ、この時期のイクバルホテルには、面白そうな旅行者がたくさん出入りしてたんだよ。
僕は海外旅行中は、二日酔いで動けなくなるほど、飲んだりしない。
僕の推定では、話が面白い人と、話が続いたのではないかな。
その結果、飲みすぎてしまって、今日はとにかく二日酔い。
気分も悪いし、頭も痛いが、今日は別にやることもない。

部屋で一日、寝ていればいいだけだ。
だから、午前中はしばらくベッドに横たわっていた。
ただ一つだけケニアで気になることがある。
それは、在ケニア日本大使館に来ているかもしれない、僕への手紙。
日本やロンドンの友達に出した暑中見舞いに、「ケニア日本大使館気付で連絡がつく」と書いておいたから、手紙が来ているかもしれない。
時間的にそれはちょっと無理かもしれないけどね。
もともとそれほど期待してないが、確認のために、行くのはいいことだ。
ケニヤッタアベニューのビルにあった日本大使館へ歩いた。
郵便物は、整理もされず、箱の中に雑然と入れてあるだけ。
箱は、受付の窓口においてあったと思う。
いまだったら、たぶん問題になるだろうから、取り扱いはしてないと思うが。
この時代は、手紙なんて、誰に読まれても気にしなかったものだよ。
手紙は、届いたり、届かなかったりする。
届いても、読まれたり、読まれなかったりする。
返事も書いたり、書いたことが気に入らなくて、書き直したり、書かなかったりする。
書いた手紙も、読み返してみて、出さないことがある。
だから、昔の方が、気楽だったね。
いまだと、電子メールをもらって、読んですぐに返事をしないと文句を言われる。
電子メールなんて、無料で、気軽に出しているのに、それを「読め」とか「返事しろ」だとか、いったい何様だと思うよ。
だいたい、みんなメールでやりとりをしているが、その内容はどうでもいいことだけ。
もともと必要のないものだ。
人間関係は、もっといい加減にしておけばいいと思うよ。
人間がスマートフォンに合わせることはない。
すべては「人間中心」に考えるべきだろうね。
さて、僕あての手紙やはがきは、日本大使館に届いてなかった。
マリンディから7月28日に自分へ出した絵はがきもなかった。
ただマリンディからナイロビに着いてないのか、日本大使館に送られてないのか、日本大使館が手紙を整理してないのか。
それはどうでもいい。
ただ、一週間前にマリンディで出した絵はがきが、ナイロビの日本大使館の郵便箱に入ってなかったというだけだ。
イクバルホテルに戻ると、ドイツ人で34号室に泊まっているケビン君がドアをノックした。
8月5日の朝空港へ行くタクシーをシェアしたいという。
2人で、午前5時に空港へ向かって、出発ということで、話を決めた。
それからぼんやりして、しばらくベッドで横になって、昼寝をした。
しかし、午後にイクバルの食堂へ降りると、詐欺君と会ったので、話をした。
続いて、援助くんもやってきて話。
さらには、チェックインのとき一緒になった大阪夫婦と会って、彼らのナイロビ話を聞いた。
旅先では、毎日いろんなことが起きて、誰かに話したいことがたくさんある。
詐欺君、援助くん、大阪夫婦と僕で、楽しくお話をしました。
旅先での旅行者同士の話って、、ホント楽しいよね。
日本国内では、話はすべてタテマエばかりで、ちっとも面白くないんだが。
この日は旅行ノートにわざわざ、「二日酔で酒飲まず」とあるので、ホントに飲まなかったのでしょう。
僕としては、海外旅行でも飲めれば毎日ビールを飲んでいた(禁酒国、禁酒地域、禁酒日を除いて)ので、とても珍しいことです。

あと気になっているのは、黒人女性と噂になっていて、最近姿を見ない、ラグビー君くらいかな。
明日が実質的にナイロビ滞在の最終日だけど、会えるでしょうか??
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx