タンザニアのビザを取り、すぐにルワンダのビザを申請する。ホテルをちょっと安い「ヒルクレストホテル」に移動する@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月8日。
今日は、まず月曜日に申請していた「タンザニアビザ」を受け取りに行く。

1988年の時点では、ナイロビにあるアフリカ諸国の大使館というのは、大体町の中心に固まっていた。
それも、ビルのオフィスを利用したものだ。

たとえば、あるビルの3階に大使館があったら、隣のビルの4階に別の大使館があるという感じ。
東京でビザを取るよりも、移動距離としては、とても短い。

また、海外でビザを取るときは、必要とされる書類が、とても少ない。
パスポートと証明写真と、手数料と、ビザ申請書程度だ。

これが日本で、アフリカの国のビザを取る場合、とんでもなく面倒な書類を要求されることがある。
思いつくだけでも、「身元を証明する書類」「エイズにかかってない証明書」「無犯罪証明」「旅をする経済的な裏づけ(保証人のサイン)」「旅行計画書」なんかね。
他にもいろんな書類が必要な場合がある。
これは、一つ一つ柔軟に対応しなければならない。

さらに、こんな書類を全部、英文で書かなければならないわけだ。
でもまあ、こういう書類はこけおどしで、英語さえ恐れなければ、自分で書ける程度のものです。

世界中の誰も、普通の日本人がこんな書類をすらすらと、間違いなく書ける能力があるとは思ってない。
たどたどしくてもそれらしいことを書けばいい。

日本にある外国大使館では、(日本人の英語能力が低すぎて英文申請書を書けないので)書類の見本を用意してあって、その通りに書けば、受け付けてくれるところもある。
また、受付の人に泣きつけば、いろんな抜け道を教えてくれたりする。

例えば、ある国への往復航空券が必要だという規則になっていても、航空会社の予約確認書でもいい場合が多い。
その場合は、ある特定の航空会社だと、簡単に建前だけの書類を出してもらえるとかね。

実際に日本でアフリカ諸国のビザを取るためには、面倒なことが多いわけだ。
しかし、アフリカに来てしまえば、難しい書類を要求されることはほとんどない。

もちろん例外はいろいろあって、アフリカの某国では、日本人は日本国内の某国大使館でビザを申請しなければならない(海外ではビザを発行しない)というところもある。
しかし、そういう国でも、アフリカでビザを取ったといううわさもある。

ビザの件はいろいろなんだね。
ただ旅行者としては、「取るのが難しいと言われているビザを自分の才覚で、いろんな条件を切り抜けてゲットした」というのが勲章なんだ。

そういう意味でも、ビザが必要なくなって、誰でも簡単に旅ができるようになったら、旅の面白さは、どんどん無くなっていくわけだ。
さて、1988年のナイロビでビザを取る話を続けよう。

6月6日の月曜日に申請した「タンザニアビザ」を2日後の今日6月8日にもらいに行く。
受け取るときにお金を支払って、パスポートを受け取った。

僕がゲットしたのは、タンザニアのシングルエントリービザ(一回入国ビザ)で42.45ケニアシリング(340円)。
有効期間などはこのときメモしてないのでわかりません。

いま調べてみたら、世界一周パスポートを見たら、有効期間は3か月になってました。
料金もいやに安いが、この時代はそんなものだったのでしょう。

僕は1996年にケニアから南アまで陸路で旅をしましたが、そのときは、タンザニアのビザも、もうちょっと高価になってました。
さて、タンザニアのビザを取ったら、すぐ次のビザを申請しなければならない。

前にも書いたように、この時代のナイロビの大使館は、中心部のビル街に固まっていた。
ひとつの国のビザを取ったら、その隣のビルへ行けば、すぐに別の国のビザを申請できるという感じね。

僕はなぜか、次に「ルワンダ(RWANDA)ビザ」を申請した。
これは、たぶん、すぐ近くにあったからでしょう。

今日6月8日の午前にルワンダビザを申請すると、明日6月9日午後4時から5時の間に受領。
なぜ、タンザニアの次に、ルワンダのビザを申請したのか。

思い出してみると、この時代は、ケニアから隣国のウガンダ、ルワンダ、ブルンジというルートが人気だった。
ブルンジまで行って、タンガニーカ湖からタンザニアへ入り、ザンジバル経由で、モンバサへ出て、戻ってくるというのが、お手軽な周遊ルートだった。

だから、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジのビザは、順序かまわずに取っていたのでしょう。
これで、アフリカ旅行のだいたいのイメージはできた。

結局、ビザを取るために、ナイロビに結構滞在しなければならない。
すると、ホテルを変えたほうがいい。

いま泊まっているのは、ナイロビ空港の観光案内所で見つけた、「ソラスホテル」で、一泊250シリング(2000円)。
なかなかきちんとしたホテルで、掃除もやってくれるし、セキュリティもいいが、このままだらだらと泊まり続けるのはよくない。

いま出入りしている「リバーハウス」はドミだが、一泊20シリング(160円)。
プライバシーを大切にする僕は、いつか「IQBAL HOTEL(イクバルホテル)」のシングルに入るつもり。

イクバルは、ドミとして使うと、ベッド1つが45シリング(360円)。
ベッド2つのツインを1部屋1人で使えば、90シリング(720円)。

イクバルに移動すれば、現在泊まっているソラスホテルの250シリングよりも、ぐっと安くなる。
イクバルの部屋を確保しようと、黒人マネージャーの「アリ・サム」氏に話をしたが、「ホテルの予約はできない」との話。

とにかくこの時代のイクバルホテルは、世界中のバックパッカーが集まる場所。
1階に大きな食堂があって、長テーブルが並んでいる。

ホテルの部屋は一階から階段で上った2階になる。
チェックアウトが正午12時なので、その時点で空き部屋がわかる。

泊まりたい旅行者は、だからイクバルの階段に列を作って、12時前から並んでいる。
12時過ぎになって、部屋を客に渡すわけだ。

人気のあるホテルで、常に満室なので、この時代、ホテルスタッフのほうが客よりも威張っていた。
僕はその雰囲気が、ちょっとイヤだった。

ナイロビにも慣れてきて、ソラスホテルに一泊2千円は高すぎるとは思う。
ただ、イクバルのマネージャーとは、なんとなく気が合わない。

リバーハウスはドミ(共同部屋)だから避けたい。
それなら、とにかくソラスホテルよりもっと安いホテルに移動すればいいだろう。

というので、トムムボヤストリートとアクラロードの交差点にあった「ヒルクレストホテル(HILL CREST HOTEL)」へと移動した。
このホテルだと一泊シングルが、160シリング(1280円)。

客層は、ケニアの真面目な黒人ビジネスマンかな。
気がついたのは、朝食のフルーツが、バナナ一本だけだったこと。
僕は基本的に朝食を食べないので、こっちの方がスッキリする。
朝食が豪華なソラスホテルに、だらだら泊まっているよりはましだが。

イクバルに入り込んでしまえば、僕のナイロビ滞在は、完璧になるのだが。
まあ、無理に悩むことはない。

ここはアフリカで、別に急ぐ旅ではない。
それに、正直言うと、アフリカへ来た目的も何にもないんだから…(笑)。
 
xxx
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx