ナイロビからカイロへ飛び、また「クレオパトラホテル」にチェックイン。カイロを歩くと、次々日本人に出会って、ジャッキーチェンの映画を見る。@ナイロビ/ケニア

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月5日、イクバルホテルの25号室で、午前4時15分に起床。
早朝に起きなければならないと思うと、僕は眠りが浅くなる。
もともと気が小さいのが理由だと思うが、だいたい2時間おきに目が覚める。
12時に寝たら、午前2時、午前4時には目が覚めて、時計を確認する。
だから午前4時には目を覚ましていて、実際におきだしたのが、午前4時15分という意味。
カイロへのフライトのチェックインが5時20分といわれていた。
アフリカだから、それほど時間に厳密ではないと思うが、わざわざ遅れていく意味もない。
きっちりと起きて、支度をして、ケビン君の部屋に行くのが午前4時30分。
さすが真面目なドイツ人らしく、彼も起きて用意を済ませていた。
忘れものがないか、もう一度確認して、イクバルホテル前のラテマロードに出ると、通りは真っ暗だが、タクシーはたくさんいる。
毎日この時間に空港へ行く客がいるわけで、タクシーも起きて待っている。
すぐにタクシーに乗り込んで、空港へ出発するのが、4時50分。

タクシー代をワリカンにして、ケビン君とはここでお別れ。
海外旅行では、バックパッカーは、そのときそのときですぐ協力するが、だからといって、べたべたはしない。

すぐ、ケニアの出国審査を受ける。
このとき、「ケニアシリングを持ってるか」と聞かれた。

朝が早かったので頭が回らず、正直に財布を見て、105シリングありますと申告した。
ところがこれがマズかった。

1988年には、ケニアの通貨を100シリング以上国外に持ち出すのは禁止だったらしい。
105シリングとは、1シリングが8円と考えても、千円しない。

没収されるかと思ったが、いろいろ文句を言われて、最終的には空港内の免税店で使えということで、放免された。
規則では違反になっていても、実際は問題にならず、誰も気にしないもの。
世の中には、建前と本音があって、そこの区別がわかっていると、「大人」と呼ばれる。
ただ、海外旅行のばあいには、基準がはっきりしないので、トラブルが起きたりする。
日本の常識では大丈夫なことも、海外のある場所では問題になったりする。
それが予測できず、自分の「常識」が通用しない場面に思いがけなくぶつかってしまう。
これが、旅の面白話のネタになったり、詐欺の原因になったりするわけだが。
自分が思い込んでいる常識が、カンタンにひっくり返されてしまうことが、旅をする知的な意味となるのだろう。
国外へ持ち出す千円以下のお金については、誰も普通は気にしないだろうね。
僕はこのとき見逃してもらった、「100シリング札(800円)」をずっと持って旅をしていた。
ロサンゼルスの「ホテル加宝」にいたときに、旅行者にケニアの話をしたことがある。
そのとき、この100シリング札を見せたが、話を聞いた旅行者が、とても感動していた。
多分、千円でも2千円でも、100ケニアシリング札を売りつけられたんだと思う。
ただ、僕はそれをずっと持っていて、最終的には使い途もなくて、明治神宮のお賽銭になってしまったよ。
空港の待合室で、本を読んでいたら、搭乗を示す「PROCEED(進め)」のサインを見逃した。
もともとアフリカの飛行機では、座席は適当に座るもので、切符にも座席番号は書いてない(書いてあってもみんなが無視する場合もある)。
搭乗が少し遅れたので、窓際の席が取れなかった。
ナイロビからカイロへの昼のフライトだと、興味深い景色が見れたと思うが、窓際の席が取れなかったのは失敗だった。
カイロに着いた時間は記録してないが、カイロからナイロビまでが5時間程度だったのだから、ナイロビからカイロも同じようなものでしょう。
カイロ到着は、1988年8月5日の昼ごろのはず。
空港で、50英ポンド(12500円)を両替して、197エジプトポンドを手にする。
空港からとっととタクシーに乗って、以前泊まっていた4つ星ホテル「クレオパトラホテル」にチェックイン。
クレオパトラホテルは、ツインのシングルユースで、46ポンド(2760円程度)。
さっそく地下の韓国レストラン「九龍飯店」へ行くと、顔馴染みの韓国女性が、迎えてくれた。
ケニアに旅をした話をして、機嫌よく食事をして、お酒(ビールとワイン)を飲むと、食事代が31ポンド(2000円近く)になった。
あと、すぐに中東の地図(14ポンド/840円)を買う。
これは、カイロから陸路で、イスタンブールまで移動しようと考えていたから。
町を歩いていると、さすがバブルの時期の1988年8月の始め、日本人旅行者と次々に出会った。

そのころの有名なバックパッカー宿「オックスフォード」に泊まっている日本人が3人。
彼らは、ジャッキーチェンの「怒りの鉄拳」という映画を見るという。

ジャッキーチェン「新怒りの鉄拳」
僕も暇潰しに、ついていって一緒に見たと思う。
映画の内容をネットで調べると、確かに見た記憶があるからね。
記憶にあるのは、この映画が日本人を完全な悪役として描いていることで、ビックリしたから。
どうやら日本の映画館では公開されなかったようだが、それもそのはず、これははっきりとした反日映画です。
一緒に映画を見た日本人の若者たちは、世界一周でもしていたのかな。
彼らは、これから米国へ飛ぶとか。
カイロからニューヨークへの片道切符をカイロの旅行代理店で、150米ドルで買っていた。
僕はその切符を見せてもらったが、安さに驚いたからね。

また通りを歩いていると、日本人を見たので声をかける。
彼はイスタンブールからカイロまで陸路でやってきた旅行者だった。
別に、カイロからイスタンブールへと旅をする予定の旅行者2人組とも会った。
この時代は、中東を旅する日本人が、結構いたわけだね。
カイロへ到着したその日に、アメリカへ行く若者3人とであった。
これは、アメリカを回って日本に帰れということかしら。
それはまだ先の話だが、中東をイスタンブールから下ってきた旅行者と会った。
さらに、これから陸路でイスタンブールへ行く旅行者2人と話をした。
これは、神が僕に、「中東を通ってスタンブールまで行け」と言ってるわけだ。
すると、当然、イスラエルへ行って、エルサレムで神に挨拶しなければ…。
そのためには、まず、ヨルダンのビザを取らなければね。
ビザを取るためには、ヨルダン大使館の場所を調べる必要がある。
いやはや、海外個人旅行というのは、いろんな面倒くさいことを処理しなければならないね。
その面倒くささが、実は、本当の「旅の楽しみ」でもあるわけだが。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx