ケニア東海岸モンバサへ鉄道で向かう前の、僕のナイロビ生活(1988/06/21-1988/07/07)@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
ナイロビの生活を描き続けようと思ったが、データがないのに気がついた。
まず、旅行ノートにほとんど記録してない。
たまに書いてあっても、映画のタイトルがあるだけだ。
ナイロビでは映画館が多かったし、値段も安かったので、暇潰しによく行ったものです。
「アメリカンニンジャ2(AMERICAN NINJA2)」などと、メモしてある。
「フルメタルジャケット(FULL METAL JACKET)」もナイロビで見た。
ノートに「CRY FREEDOM」とメモしてあるのは、邦題「遠い夜明け」で、南アのアパルトヘイトを描いたものだ。
これは、よく記憶している。
この映画は、人種差別も描いているが、最後は南アからの脱出のサスペンス映画になっている。
だから、そんなに深刻な映画ではありません。
僕がナイロビにいた1988年は南アに「アパルトヘイト」が存在した。
いまは、アパルトヘイトがなくなって、日本人観光客も増えたようですが、南アに行く前に見ておいた方がいいでしょう。

ミシェルカーンと真田広之の「IN THE LINE OF DUTY」も見た。
これは、ネットで調べたら、原題が「皇家戦士」という香港映画だった。
この映画は日本の歩行者天国のシーンから始まった。
僕が1987年、日本を出発する直前まで、日曜日は代々木公園へ行って、「THE GENIUS」というバンドを見ていた。
そのバンドが映ってたので、ちょっと懐かしくも、うれしかったね。
旅に出ていると、時間潰しには映画をよく見る。
長期海外旅行をしていると、中途半端に時間を持て余すことがあって、そんなときは、映画を見るのにちょうどいい。
それに、映画の話が出たついでに、自分の海外旅行を語ることが出来るからね(海外で映画を見るのは、ただの時間潰しではない)。
ヒルトンホテルの室内プールとサウナにも、相変わらず、適当に通っていた。
アリアンスフランセーズのフランス語は、6月一杯でやめた。
フランス語圏を旅する程度のフランス語がしゃべれることは、フランスでも、北アフリカでも、実証されている。
僕はフランス語をナイロビのアリアンスフランセーズで学んだという、話のネタが欲しかっただけだからね。
それよりも、アフリカ旅行の件だ。
ずっとナイロビに居続けというのでは、あまりにも情けない。
この時期、ラグビー君とアフリカ旅行の計画を立てていた。
西アフリカへ行くルートも調べたが、どうやらアフリカを東西に横断するルートは、航空運賃が高いようだ。
エチオピア航空で、西アフリカまで、あちこち途中降機しながら行けるのは調べた。
ただ、アフリカ諸国は、とにかくビザを揃えるのが大変で、それも手間がかかる。
結局ビクトリアフォールズを見て帰ってこようという程度の、おとなしい計画になる。
ビクトリアフォールズ行きのためには、ザンビアのビザは取ってある。
ビクトリアフォールズは、ザンビアとジンバブエの国境にあるので、ジンバブエのビザを取りに行った。
すると、日本人には、ジンバブエはビザ不要という話。
これは、ビクトリアフォールズへ行けっていうことかしらんと、旅行代理店でフライトの予約を入れた。
ラグビー君と一緒に、旅行代理店へお金を払いにいく途中で、「THE PUB」というパブに入った。
そこで、ちょっと顔だけ知っている黒人の女の子と出会ってしまった。
「顔だけ知っている」という意味は、本当に町の通りで出会ったときに、こちらから手を振ったりしていただけ。
ナイロビの中心街は本当に狭いので、歩いているだけで、同じ人とよく出会うもの。
ラグビー君は、いつも派手なラグビーシャツを着ている東洋人だし、ニコニコして手を振っていれば、目立つ。
僕も気軽な人間なので、ラグビー君と一緒に、ニコニコして手を振っていた。
ラグビー君が「あの子が好きなんだ」というので、パブの中で、僕が声をかけて話をした。
昼間からビールを飲んで無責任な話をする。
スペイン生活も長く、ラテン系の僕は、「彼は、ずっとキミのことが好きだったんだよ」「いつもキミのこと話してるんだ」と、言葉が簡単に出てくる。
自分で女性を口説くとしたら、自分の言葉には、責任を取らなければならない(と考えるのが僕だ)。
でも、他人のことだから、とてもオキラク。
調子よく話をしているうちに、ラグビー君と黒人女性は、2人でどこかへ行ってしまった。
これで、切符を買う直前まで行った「ビクトリアフォールズ旅行計画」がダメになった(涙)。
自分ひとりだけでもビクトリア滝へ行こうかと考えて、ジンバブエの首都ハラレへのフライトを予約しようとしたら、行きたいと思った日が満席だった。
ハラレまで飛んで、ビクトリアフォールズは、ちょっとルート的に問題があるので、このとき行かなくてよかった。
実際は、1996年に「2回目の世界一周旅行」をやったとき、やはりナイロビから陸路で南下して、ビクトリア滝は見ました。
中途半端に、この1988年に、ビクトリア滝を見てなくてよかったです。
あと、山好きなリバーハウス仲間が5人くらい集まって、「ケニア山(Mt. Kenya)」に登りに行った。
確か一週間程度で戻ってきた。
僕の友人の登山君は、そのとき、1人だけ高山病で苦しんだとかいう噂もありました。
登山君は、ケニア山登山に出かける前に、僕に彼の航空券を預けて、リコンファームをするように頼んでいた。
彼の切符はパキスタン航空で、週に2便カラチとナイロビの間を飛んでいる。
リコンファームはとても大事なことなので、信頼できそうな僕に頼んだのでしょう。
だが、僕は冗談も大好きなので、彼が戻ってきたら、「ごめん、リコンファームのこと、忘れてた…」と謝罪した。
登山君は、日本へ帰れないと焦ったが、すぐにリコンファームして、ステッカー処理済の航空券を見せました。
こういう風にして、のんびりと、ナイロビ生活は過ぎていきました。
あと一回ナイロビ生活を書いて、次は移動の多い(ネタがたくさんある)ケニア東海岸の話に移ります。
 
xxx
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx