ナイロビ鉄道駅でモンバサへの列車を調べ、ウフルパークへ(UHURU PARK)いくと「コンゴの幻の湖の怪物を調査に来た若者」と出会う。@ナイロビ/ケニア

【世界旅行者@ラテマロード/ナイロビダウンタウン(1996)】
1988年6月5日、日曜日。
この日は、ナイロビ鉄道駅へ歩いて、ケニア東海岸の町モンバサへの列車を調べる。
他に予定もないので、はじめてソラスホテルの朝食を食べに食堂へ行った。
僕はもともと朝食を食べないし、旅先では朝からすぐに動き出すので、いままで食べてなかった。
ビックリしたのは、果物の種類が多くて、食べ放題だったこと。
ただ、朝からこんなに食べていたら、すぐに眠くなるだろうと感じた。
朝食を終わって、ナイロビ鉄道駅へ歩く。
ナイロビという町の中心街は、本当に小さくまとまっている。
ナイロビ鉄道駅も、モイアベニュー(MOI AVENUE)を南へ歩けばすぐだ(10〜15分程度)。
町を知るには、町を歩くことが一番。
僕はソラスホテルを出て、ぶらぶらと南へ歩き、鉄道駅に到着しました。
さすが大英帝国が建設した鉄道駅は趣があるね。
列車の到着、出発以外では、駅はガランとしていて、それもまたいい感じ。
窓口でモンバサ行きの列車の情報を入手する。
ナイロビからモンバサへは、毎日午後5時と午後7時に発車する。
1等が340シリング(2720円)で、2等は145シリング(1160円)。
夕方にナイロビを出て朝にモンバサへ到着するのでしょう。
この時は、下調べに行っただけなので、細かい時間を聞いたりしませんでした。
夕方に出発するとなると、ホテルをチェックアウトして、バックパックを駅の「LEFT LUGGAGE OFFICE(手荷物預かり所)」に預けることになる。
気になったので確認すると、午前8時から12時まで、と14時から18時30分までオープンしているとのこと。
駅をチェックしたので、駅を出て、モイアベニューを北へ歩き、ハーレセラシエアベニューを西へ歩く。
ナイロビ市街の西を走るウフルハイウェーへ出でる。
ウフルハイウェーを越えると、そこが広大な「ウフルパーク(UHURU PARK)」だ。
公園の中をのんびり、ぶらぶらと歩く。
なお、注意しておきますが、ウフルパークの中をたらたら歩いていると、強盗に襲われる可能性が非常に高いです。
僕が町を歩いていたのは、1988年ですから、今の状況は、自分で確認ください。
公園のベンチに、日本人らしい若者が1人でいるのを発見。
当然、気軽に話しかける。
彼は、早稲田大学のサークルで、「コンゴの幻の湖に生息する謎の生物を探がしに来た」のだとか。
すでに探検自体は終わって、(もちろん怪物は見つからなかったわけだが)「探検隊員」は、ほとんど帰国した。
隊員の1人が、探検中に重いマラリアにかかって、ナイロビ病院(NAIROBI HOSPITAL)に入院した。
彼は残って、マラリア患者の世話をしているのだとか。
この時代までは、大学探検部というのが、わけのわからないことをして、メディアに取り上げられたりしたものだ。
でも、大学生の旅行好き程度は、年齢から言っても、旅行経験から言っても、所詮、旅行初心者なんだね。
20歳前後の大学生なんて、まだまだ子供。
社会経験もほとんどないし、海外旅行に必要な最低の英語力もない。

ただ、やる気だけはあるわけなので、まあ、暴走族の下っ端みたいなものだ。
それを、日本を戦争に持っていって反省もしていない、あのウソツキ馬鹿新聞系列のメディアが持ち上げて、本を売ろうとしていた。
人生経験のほとんどない若者が、冒険(無鉄砲な行動)をして、本を出版しようというのがしばらくはブームだったと思う。
このあとも、アマゾンを筏で下って兵士に殺されたり、パキスタンのインダス川を川下りしてトラブルを起こしたりしていた。
こういう冒険をあおっているのは、ある新聞社だと、旅行者仲間では話題になったものだ。
「世界一周自転車旅行」だとか、「南米縦断自転車旅行」だとか、わけのわからない旅行を持ち上げていた。
とにかく頭の弱い体力勝負の自転車乗りをむやみに持ち上げたから、彼らの人生は破壊された。
でも、バブル前の景気のよかった社会では、そういうことも許容されたわけだ。
昔は、学生に対して、社会が優しくて、無謀な行動でもなんでも、寛容な驚きをもって、受け入れられたもの。
ぼくもそういった本を愛読していたことがある。
有名なのは、「ブワナトシの歌」だ。
これは、京大の霊長類研究所が、調査のために研究施設を現地で建設するときに、ついていった著者の書いたもので、探検とか冒険というものではない。
また同じころ読んだ本としては、京大探検部の「ヤワイヤ号の冒険」があったね。
これは、ヨット自体を作るところから始めるというところが面白かった。

手作りヨットを製作するだけではなくて、海上保安庁のお世話になったり、いろんな手続き自体が興味深かった。
この時代は、「冒険」も、すべてが手探りだったので、本当に冒険だったのだと思うね。
ただ、1980年台に入れば、メディアに乗るための、見せかけだけの「冒険」になってしまった。
いまでは、ちゃんと仕事を持っている普通のサラリーマンやOLさんが、とんでもないところへ旅をしている。
だから、どこへ「探検」に行っても、意味がなくなったんだね。
これは僕としては、スッキリしている(笑)。
探検隊の彼は、ナイロビのユースホステルに泊まっているとか。
まだしばらくはナイロビにいるそうなので、「イクバルホテル(IQBAL HOTEL)ででもまた会おう」と言って、別れた。
そのあと「ニュースタンレーホテル(NEW STANLEY HOTEL)」へ行った。
「THORN TREE CAFE」でビールを2本、カレーを食べる。
そのあと、いずれは泊まらなければならない「イクバルホテル」へ行ってみた。
そこで誰か日本人旅行者と知り合って、一緒に、「リバーハウス(RIVER HOUSE)」へ行ったんだった。
僕もこの旅行で日本を出たのが、去年(1987)の9月だったので、すでに、10か月ほど旅をしている。
すると、ある程度大きな顔をしても許されるだろう。
そこを、下手に出て、すぐに勝負をかけないのが、慎重な僕らしいところ。
この時は、様子見のために、おとなしい話をして、日本語の本を2冊借りました。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx