ケニアの「リ・エントリー・ビザ」を取り、ザンビアビザを申請し、イタリアレストランでワインを飲んで、リバーハウスで日本女性2人と会う。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月10日(金曜日)。
昨日(6月9日)夕方、ルワンダのビザを取った。
そのまま隣国のウガンダ、ブルンジのビザを取るつもりだった。
しかし、昨夜、ちょっと知っていた若者の旅行ルートを聞いて、考えがコロッと変わった。
彼はケニア、タンザニアから、中国が建設した「タンザン鉄道」を使ってザンビアへ入り、ジンバブエへ旅するという。
ザンビアとジンバブエの国境には、「ビクトリア滝(VICTORIA FALLS)」がある。
彼は、このビクトリア滝を見に行くのが目的だった。
僕は別にビクトリア滝にこだわりはない。
でも、僕が考えていた「ケニア〜ウガンダ〜ルワンダ〜ブルンジ〜タンザニア〜ケニア」という周遊ルートよりは迫力がある気がする。
あんまり南まで行っても面倒そうなので(南アまで行くのはこの時点ではヤリスギだと思った)、とにかくビクトリア滝を見ればいいだろう。
実はこれも、旅行ルートを作るための言い訳だった。
この時の僕にとっては、「ビクトリア滝」自体、それほどの魅力的なところでもなかったし。
1988年のこの時点では、僕はまだ「ナイアガラの滝」も、「イグアスの滝」も見てなかったし。
ただ、アフリカといって思いつくのは、ビクトリア滝だっただけなんだけどね。
僕ははっきりしない性格で、優柔不断。
しかし旅に出ると、決断力が出てくる。
日本の日常生活では、優柔不断でも何とかなってしまう。
ところが、海外個人旅行では、決断しなければ何にも進まず、なんにも起きない。
間違っていても何でも、動かなければダメだから、動いてしまうんだよ。
まず、ケニアの再入国ビザ(RE-ENTRY VISA)を取りに行った。
これは、その場で発行された。
料金は10ドル。
続いて、「ザンビア大使館」へ行き、ビザを申請する。
金曜日(6月10日)の午前中に申請して、受け取るのは月曜日(6月13日)午後4時。
これで、旅行者としての、今日の仕事は完了!
ナイロビの中心街を歩いて、イタリアレストランを見つけたので入ってみる。
「TORATTORIA」で、スパゲッティと赤ワインを一本。
昼からワインを一本空けて、軽く酔っ払ったところで、リバーハウスへ歩く。
リバーハウスへ行くと、今日来たばかりの女の子が2人いた。
僕はもちろん、気軽に話かける。
2人とも、エジプトから来たとか。
エジプトなら僕も旅したばかりなので、いろいろ適当に話をして、カイロはどこへ泊まったという話になる。
僕はカイロでは、4つ星の「クレオパトラホテル」と、「アングロスイス」だった。
彼女たちは、「オックスフォード」に泊まっていたとか。
オックスフォードといえば、僕と一緒に旅していた学生さんが泊まってたはず。
そのことを話すと、「あー、あなたが西本さんね。注意するように言われてるわ(笑)」という返事だ。
僕が一緒だった学生さんに、スエズからカイロのバスの中で、ちょっと危ない恋愛論を語ってしまった。
女の子2人は、学生さんから、僕の話を聞いているようだ。
僕の恋愛論や恋愛体験は、普通の人が何人かいるところで話したら、絶対に拒否されるタイプのもの。
でも、知的レベルの高いエリート女性は、スンナリと受け入れてくれるような、そういう種類だ。
だから、平均的な知能の人が数人いるようなところでは、ダメなんだよね。
この女性たちは、ごく普通の、平均的な日本女性だと見切ったので、あっさり退散しました。
彼女たちとはこのときしか会わなかったので、多分、カイロで旅行先のビザを取っていたのだと思う。
長期旅行だと、どこでビザを集めるか、というのが問題になる。
東南アジア旅行だと、バンコクでビザを取る人たちが多い。
中近東だと、イスタンブールでビザ集めをする人たちもいるね。
東アフリカでは、ナイロビが普通だ。
西アフリカだと、セネガルの首都ダカールが多い。
北アフリカだと、カイロでビザ集めをする人たちがいた。
この時代は、エジプトからスーダンへ陸路移動するビザが面倒で、カイロで1か月待ちという話をよく聞いたよ。
どこでビザを集めるかという問題は、結局、滞在する町が居やすいってことなんだけどね。
僕はナイロビに馴染んでいるので、ビザ集めを口実に、長期滞在してもオキラクだ。
ところでこの日まで、僕は「HILL CREST HOTEL」に泊まっていた。
でも、朝はイクバルホテルのレストランに顔を出して、ボーイ連中とも知り合いになっていた。
夕方はリバーハウスへ行って、食事をしたり、ビールを飲んだり、本を読んだりしていた。
まあ、ごろごろしていたわけだが。
すると、そろそろ本格的なアフリカ旅行をしなければならないだろう。
つまり、イクバルホテルに移動するってことね。
明日は土曜日で、何もやることがないから、あすイクバルへチェックインしましょう。
そうすれば、イクバルの一階食堂で、一日だらだらしていても、旅は成立するからね。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx