イクバルホテルに落ち着いて最初の日曜日を、「THE JAPANESE CONSPIRACY」を読んで過ごし、UNIVERSITY ROADまで歩く。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月12日(日曜日)。
昨日イクバルの部屋を確保してから、気分がガラッと変化した。
まさしく「居場所が見つかった♪」という感じかな。
最初に泊まったソラスホテル、次に行ったヒルクレストホテル。
両方とも、悪いホテルではなかったが、しっくりしていなかったんだ。
イクバルの小さな部屋に入ると、ここが僕の望んでいた通りの理想の居場所だと感じる。

【イクバルホテルの部屋(1996)】
部屋は狭くて、ベッドが2つあるだけ。
机も椅子もない。
でも僕は、2つのベッドの片方に寝て、もう一方を物置にするので、不自由はしない。
上の写真は1996年に、2回目の世界一周旅行をしたときの、イクバルホテルの部屋の写真。
最初に泊まった1988年と部屋の内部は全く変化ありません。
トイレとシャワーは、共同のものが2階の同じフロアにあって、いつもガラガラ。
見ればわかるとおり、部屋には洗面台がある。
ここで顔を洗ったり、歯を磨いたり、下着を洗ったりしてました。
ベッドに下着が干してあるのが見えるかな。
ナイロビでは、水洗いした下着は、一日あれば乾く。
日本のように、湿度が高くて、いつまでも部屋干しした洗濯物がじめじめしているってことはない。
だから、乾燥機も不要ね。

ナイロビは標高1600mの高地にあるので、暑くはない。
エアコン無しで全く問題ない。
日本から来た旅行者は、ナイロビが涼しくて(寒くて)ビックリするよ。
あわてて上着を買う人もいるくらいだ。
階段を降りた1階は有名な食堂だった。
ここに、アフリカ旅行に来た、世界各国からの個人旅行者連中が、いつも何かの相談をし、だらだらと話をしていた。
僕は別のホテルに泊まっていても、毎日イクバルの食堂に顔を出していた。
とにかくこの食堂で粘っていて、面白そうな雰囲気の人間を見つけたら、声をかけて、いろんな話が始まるわけだ。
僕が食堂にいるだけで、自動的に、新しい旅行者を集めているようなもの。
だって、この時代は、旅行情報は、その場にいる人からしか手に入らなかったしね。
今でも本当の情報は、そこに旅した人からしか手に入らないけど(笑)。
インターネットで見つけられる、レベルの低い、情報のようなものなんて、ナイロビの町を自分で歩けば、すぐにウソと勘違いだとわかるよ。
月曜日になれば、ザンビアのビザをもらって、また別の国のビザを取ることになる。
が、日曜日だと、何もすることがない。
「THE JAPANESE CONSPIRACY」を買っていたので、読んで過ごすことにする。
1988年は、日本の経済力がガンガン昇り調子で、世界には、わけのわからない日本陰謀論、日本批判本、日本礼賛本が溢れていた。
この本も、ほとんどは勘違いだったが、それでも、「日本はこんな陰謀を持って世界支配を計画している」と言われれば、うれしくなるよね。
日本にはそんなちゃんとした陰謀なんかなくて、ただ、バブルに浮かれて、調子に乗っていただけ。
日中戦争のときの「田中上奏文」もすばらしかった。
こんな計画を立てられるような知的な日本人だったら、もっとキレイに戦争を終わらせることも、出来ただろうけどね(涙)。
日本企業は、海外の大手企業や、有名ビルを買収したが、すべて大損こいて、撤退したからね。
でも、陰謀ができると考えられているというのは、褒められているみたいで、ちょっとこそばゆくて、ウレシイ。


勘違いが多い本だと、読んでて楽しいので、すらすら読めました。
旅行ノートに、「UNIVERSITY ROADまで歩く」とあるが、どこまで歩いたのか覚えてません。
本を読んでゴロゴロしていたので、散歩に出て、知らない道に迷い込んだということでしょう。
1988年だと、昼間にナイロビを歩くのは、それほど危険ではなかったよ。
1996年になると、全体的にシステムが崩れてきていて、町を歩くだけで、後を付けられたりしたよ。
だから、目的もなく町を歩くことも出来たんだけどね。
明日は、月曜日。
ザンビアのビザを取ったら、さて次は、どこのビザを取りましょうかね。

greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx