「ラグビーシャツ」の旅行者との出会い。(+「旅行のためのお金の作り方」)@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
僕の旅行ノートを読み返すと、とても大切な役割の人が、突然出てきたりする。
「ラグビーシャツの男」もそうだ。
彼がナイロビに来た日に話をして、ナイロビ滞在中はずっと付き合っていて、ラテマロードの「グリーンバー」でも、よく話をしていた。
もちろん名前を知っているが、出さない方がいいと思う。
どういうニックネームにしたらいいか考えていたが、ここでは「ラグビーさん」と呼びたい。
その理由は、彼がいつもラグビーシャツを着ていたから。
それも、緑や赤の、原色の派手なものだった。
彼は、どうやら(僕は人のことをあれこれ詮索しないが)東南アジアからやってきたようだ。
東南アジアで、現地の女性と同棲していた。
ナイロビに来たのも、アフリカで夜遊びが目的らしかった。
ガイドブックは「Lonely Planet AFRICA」を持っていて、英文を読んでいた。
ガイドブックの英語の難しい単語に、日本語で注意書きをしていたりするので、ちゃんと読んでいるのがわかった。

イギリスへ留学していたような話がチラッとあった。
もともと、東南アジアやアフリカで現地の人と付き合うためには、英語がしゃべれなければ無理だ。
このあとのいろんな出来事から推測すると、実家が地方の名士か大金持ちだったのではないか。
結局、お金がないと、海外旅行は出来ないからね。
長期貧乏旅行というもの自体は、普通の人が思うほど、大金はかからない。
問題なのは、普通の職業では長期に海外に出ることが不可能なので、長期旅行に出るときは、仕事は辞めなければならない。
普通の日本人のような、年功序列の、まともな仕事が出来ないので、出世も望めない。
ただこのバブルの時代は、お金がなくても、いくらでもカンタンに大金を手にできる状況だった。
日本の景気がよかったし、派遣業者を通さない(ピンハネされない)仕事はたくさんあった。
僕が聞いた話では、この時代、自動車工場で住み込みで働けば、「月に30万円貯金できた」という。
若者が3か月働いて、100万円程度貯めて、半年海外旅行に出るというのは、よく聞いた。
南米へ旅したときも、アメリカで働いて金を貯めて、長期南米旅行している人が結構いたよ。
僕は基本的に「がんばって働く」のが体質に合わないので、どんな仕事も、適当に流して、オキラクにやっていた。
バブルのころは、遊び半分でちょっと働くだけで、楽に食っていけたものだ。
例えば、僕は世界一周から帰って、日本で英語を教えていた。
僕は1時間5千円以下では仕事をしない主義だった(1980年代は、この程度が普通だった)。
金に困ったら、海外のプロジェクトに参加すれば、(もちろんアゴアシ別で)一日5万円くらいもらっていた。
これは、ボルネオでの一ヶ月ほどの仕事だったので、150万円手にした。

ロサンゼルスでグータラしていたときも、日本のメディアから僕に直接電話があって、取材の手伝いをして、一日4万もらった。
これは、一週間程度の仕事だったが。
一日3万円で、中東の国に行ってほしいという話があったが、安すぎて断ったこともある。
だから僕は、正直、本気で働いたことはないんだ。

最近、「西本さんは、どうやって、3年の長期の世界一周するお金を作ったのですか?」などという、質問をもらった。
こんなことをメールで聞いただけで、本当の正直な返事がもらえると思っているその考え方が、基本的に間違っているね。
まず、丁寧な真剣なお願いの手紙を書いて、おごってキモチヨクさせる程度のことは、少なくとも、考えなくてはね。
インターネットで調べれば、タダでカンタンに「情報」が手に入ると考えているレベルの人は、何にも得られない。
誰でもカンタンに入手できる「情報」なんて、そんなものは情報ではない。
本当の情報を得るには、お金も使わなければならないし、人格がちゃんとしてなければダメだ。
インターネットで得られる情報なんて、たいていは表面的な、不正確な、建前だけのものだよ。
旅行について言えば、常識と語学力があれば、情報は現地でいくらでも手に入る。
注意しておくが、常識がないと、ウソが見破れないから、とても危険だ。
インターネットで流れている旅行常識は、ほとんどは旅行を知らない人が、思い込みで、舞い上がって、書いているので、かなり危ないものが多い。
昔は僕は、ネットでいい加減な旅行情報を流している人に、横から口出ししていた。
でもこれをやっていると、旅行素人さんたちの間で、僕の評判が悪くなるので、止めたけどね(笑)。
日本で調べまくった情報は、もともと古いし、また聞きなのでバイアスがかかっている。
間違いが多いので、かえって邪魔になるものだ。

だから、英語や、フランス語、スペイン語の日常会話程度は理解できなければ、本当の海外個人旅行は出来ない。
英語もまともにしゃべれない人が、どんなところへ旅をしたって、言葉が通じないのだから、情報が手に入るはずがない。
どんなステキな出会いを描いても、もともと言葉がしゃべれないのだから、最初から最後まで、想像とでっち上げの羅列だ。
日本という世界から隔絶された極東の島国では、英語もしゃべれない旅行者が、海外の現地の人と深い話をしたという「御伽噺」が通用するらしい。

日本では、英語がしゃべれない旅行ライターもいるらしいから、ビックリだよ。
英語がしゃべれないのに「ジャーナリスト」なんて、世界では通用しない。

英語もしゃべれないのでは、海外旅行をして、語るようなことは何もないだろうし。
その分空想力が発達して、行ったこともない国の話を、書けるんだろうけどね。

そういう低レベルが、日本という国なんだよね。
ある意味、僕としては、簡単に優越感が得られて、簡単に馬鹿に出来るので、オキラクです。
「ラグビーさん」は、普通の日本人旅行者とは違っていたので、話が合わなかったのだろう、リバーハウスには行かなかった。
イクバルホテルの1階のレストランで、朝食を食べて、昼までグータラしているにいる僕の所へは、よく来て話していた。
あと、、リバーハウスで記憶に残っている旅行者を、紹介しておこう。
まず、ブラジル旅行をしてきた「ブラジル君」
実は僕は、彼とは、モロッコのマラケシュにある「フナ広場」で出会っていた。
それが1988年の春(1988/03/12)のことだと思う。
僕はいろんな人と出会うが、基本的に他人に興味がないので、相手の顔はすぐに忘れてしまう。
でも相手は、僕のことが強く印象に残っているらしく、向こうから「西本さん♪」と声をかけてくる。
僕はロサンゼルスで出会った女の子と、東京の地下鉄の中で「西本さーん」と声をかけられたことがある。
また、増上寺の境内で、「ホテル加宝」で知り合った女性から、「西本さん!」とビックリされたこともある。
西インド旅行に出るとき、成田空港で、「みどりのくつしたさん」と言われたこともある。
中国の昆明の「昆湖飯店」でも、「みどくつさん」と声をかけられた。
ブラジル君も、「あれっマラケシュで会った人でしょ?」と、僕に声をかけてきた。
僕は彼の顔などはすっかり忘れていたが、「ブラジルからモロッコへ飛んできた」というj話は覚えていたので、ちょっと盛り上がったよ。
モロッコで会ったのがこの年の3月半ば(多分3月12日か13日)。
再会したのが6月16日。
モロッコで出会った旅行者同士が、旅を続けていて、3か月以上の間隔を置いて、ケニアで再会した。
それでは感動的な再会シーンになるかというと、現実はそうでもないんだ。
お互いに、旅行慣れしているので、別に何の感動もない。
旅人は出会っては別れ、別れては出会うので、出会いも別れもあっさりしている。

ただ、一応、そういうやつがいたなーと、思い出しただけだ。
彼とは、リバーハウスで何度か出会って、話をした以上の付き合いはなかった。
あとちょっと記憶に残っているのが、関西から来た若者「宅配君」
全身バネのような肉体をしていたが、それもそのはず、そのころ悪名高かった「某宅配便の会社」で働いていた。
あまりに仕事がきつくて、辞めようとしても、辞めさせてくれない。
仕事をサボって家で寝ていると、無理やり起こされて、仕事場に連れて行かれ、仕事をさせられる。
仕事を辞めたいと言っても、強引に説得されて(脅されて)、辞められない。
そこで、わけのわからない理由「アフリカ旅行に行くので仕事を辞めたい」という言い訳を作って、やっと逃げられたとか。
口先でアフリカへ行くといっても、地元で隠れていたら、見つかってリンチにあう。
それで仕方無しに、アフリカへ逃げてきたそうだ。
でも、とにかく死ぬほど働かせられたので、お金だけはきちんともらって、たっぷり貯めていたよ。
この時代は、景気がよかったので、どこも人手不足。
いまのように、バイトなのにサービス残業なんて誰もしなかった(正社員がサービス残業するのは、日本の悪弊で変わらないけどね)。
つまり、金は、カンタンにオキラクに、手に入った時代だったってことね。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx