ナイロビ滞在の整理をしていたら、ラグビー君が恋人と結婚するという相談でやってきた。おまけの「語学論」@ナイロビ/ケニア

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月4日、今日がナイロビ滞在の実質的に最後の日になる。
明日の早朝に、僕はナイロビを出て、カイロへ飛ぶ。
今日はそのための準備がちょっとあるだけ。
リバーハウスへ行って、持って行った本を寄贈し、文庫本を三冊ほど手に入れる。
フランス語と英語の本を本棚に置いてきた。
フランス語の本は、ナイロビのフランス語学校「アリアンスフランセーズ」で使っていたものだったと思う。
アフリカにはフランス語圏もあるわけだし、僕と同じようにナイロビでフランス語の勉強をする人もいるだろう。
とは、全く思わなかったが…(笑)。
世界中を旅行するとしたら、英語さえ話せれば、普通は問題ない。
中南米を長期に旅行するときに、スペイン語があった方が旅が楽になるくらいだ。
だから、中南米旅行の途中で、スペイン語を勉強する人は多い。
でも、フランス語圏を旅するからといって、フランス語学校に通うという人には会ったことがない。
これは基本的に、スペイン語の方が、日本人にとって、単純明快だから。
発音も日本人には楽だし、単語とちょっとした動詞を覚えてしまえば、スペイン語圏を旅行するのに不自由は感じない。
長期中南米旅行をするために、旅の途中でスペイン語学校に通う人は多い。
僕はもともとスペイン語は、日本でかなりのレベルまで勉強していた。
といっても、そのころの「ラジオスペイン語講座」で、半年ほど勉強しただけだが。
「ラジオフランス語講座」と平行して勉強していて、スペイン語をフランス語に書き直したりしていた。
もちろんフランス語は、日本で学校に通って一年ほどやっていた。
フランス語をやって、文の構造がわかっていたので、スペイン語はとても楽でした。
ケニアに来る前に、この最初の世界一周旅行では、バルセロナ(スペイン)でスペイン語学校に通っていた。
さらに、南米では、グアテマラのアンティグアでスペイン語の個人レッスンを受けることになる。
といって、スペイン語が特にうまくなったというわけではない。
海外旅行をするのに必要な言葉は、とても限られていて、数も少ない。
よくある「中学英語だけで海外旅行は出来る」という主張は正しい。
海外旅行をするための英語は、結局、海外旅行でなにをしたいか、そのためになにをしゃべりたいかという、単純な問題になる。
海外旅行をしていて、乗り物の出発時刻を聞いたり、品物の値段を知ったり、宿を値切ったり、だったら簡単だ。
でも、自分の生き方を語ったり、相手の人生相談に乗るためには、それなりの語彙も必要になる。
だから結局、語学力とは、なにを考えていて、なにを言いたいかという知的レベル総和の問題なんだよ。
日本人は、自分で考えることがないので、パターン化された英会話の文を丸暗記している。
でも、自分が言いたくないこと、将来も言うことがなさそうなことを、いくら覚えても無駄だ。
「海外旅行に必要な言葉」自体は、本当に少ない。
この理屈がわからないまま、日本人はコツコツと、永遠に、英語の勉強を続けている。
「英語の勉強」とは、意味のない言葉。
「旅をするのに必要な英語」とか「海外で日常生活を送るための英語」とか「仕事で使う英語」というのはある。
ただ、日本人は、「英語で道案内を頼まれたときの英語」などという、ほとんど意味のないことを、自分の時間とお金を使って、学んでいる。
だから、一生満足の出来る英語はしゃべれないんだよ。
日本人とは自分の意見がなく、周囲の空気に合わせることしか出来ない。
自分の意見などは最初から持たないように育って、教育されてきている。
英語が出来たとしても、英語で話す内容がないので、話せば、頭スッカラカンだとばれる。

馬鹿だとバレる前に、英語を口にしない方がいいだろう。
もともと、日本人は英語を話す必要がないので、英語の勉強は止めた方がいいんだ。
今日は、詐欺君がモンバサへ行ったと書いてある。
彼は望遠レンズや一眼レフカメラを持っていたので、サファリに行くつもりだと思っていたが、海岸へ行ったようだ。
これは僕が、海岸地帯から戻ってきて、その話をした影響があるだろう。
旅に出たら、そこで出会った人の影響を受けてしまうものなんだよね。
明日朝の、空港行きタクシーのことを調べる。
ドイツ人の若者ケビン君と一緒に行く約束をしている。
しかも、フライトは2人とも早朝で、僕のカイロ行きエジプト航空便は、午前5時20分にチェックイン開始となっている。
ケビン君は多分ヨーロッパへ(ドイツへ)飛ぶのだろうが、同じく早朝のフライトらしい。
ナイロビ市内から空港へは近いので、タクシーさえ捕まえればすぐに移動できる。
タクシーはイクバルホテル前のラテマロードにたくさんいるので、車を予約する必要はない。
ケビン君と話をして、確認した。
もしどちらかが寝ていたら、部屋を訪ねて起こすこと。
時間が遅れるようならば、置いていくことを確認する。
これで明日のことは片付いた。
文庫本でも読みながら、早めに寝ようと、部屋に戻る。
するとドアがノックされる。
出てみると、なんと、一緒にビクトリアフォールズを見に行く計画を立てていた、ラグビー君だよ。
しかも、「THE PUB」で一緒に口説いてあげた、黒人の女の子も一緒だ。
「話がある」というので、外に出ると、タクシーで「グロスバナーホテル」へ向かった。
「グロスバナーホテル」には、日本レストラン「将軍」が入っている。
日本料理を取って、日本酒を飲んで話をした。
覚えているのは、日本酒の一合トックリが、85シリング(700円)もしたことだけ。
彼の話では、ラグビー君は彼女と結婚するとのこと。
彼女の町(村)へもすでに行って、家族にも、村長さんにも挨拶した。
日本大使館へも行って、正式の結婚手続きを始めているそうだ。
僕は、彼女があの面倒くさい日本で住むとしたら、大変だと感じた。
正直、日本ほど、人間関係や生活が面倒くさい国はないからね。
生活は便利だが、それに伴ういろんなことを、黒人の若い女の子がやっていけるかな。
僕は離婚して世界一周旅行にでたわけだから、夫婦の間の考え方の違いやなんか、を解決するのは大変だと思っている。
日本の中でも、別の地域には、別の考え方があるからね。
しかし、旅行経験も多いラグビー君は、そのことはちゃんと考えていた。
「日本に行って住むのは無理だから、僕がケニアに住む」と言う。
「日本から金を送らせて、こっちで牛でも飼って暮らすよ。」という。
僕が感じたとおり、彼の実家は金持ちで、もともとが「おぼっちゃまくん」なのだろうね。

僕は彼の瞳を見て、本気だとわかった。
僕がロンドンで下宿していた「ハルバート婦人(MS. HALBERT)」のところに、一緒に住んでいた、スイス人の若者と同じ目だ。

スイス人の若者と僕は、ほとんど毎晩、近所のパブに行っていた。
ある晩、僕の部屋に入ってきて、ハンガリー人の女の子との恋愛相談をしてきた。
そのとき彼は、いつもより3割男前が上がっていて、目がキラキラしていたよ。
恋というものは、本当に人を変える。
僕も結婚をしたときは、大きな決断をしたから、きっと目が輝いて、魅力的だったろうなー。
ただ、日本の日常のなかで、いつの間にか、つまらない魅力のない人間になった。
僕はラグビー君の結婚を祝福した。
僕は明日早朝、カイロへ飛ぶ。
だから遅くならないうちに別れた。
ラグビー君は連絡の着く住所を紙に書いてくれた。
僕はこのあと、エジプトからトルコへ中東旅行をした。
さらに、東欧から西欧北欧と、ヨーロッパ中を鉄道旅行した。
北欧の小さな町から、ラグビー君の住所へフィヨルドの絵はがきを書いて送った。
書いた言葉はとても短かった。
「僕はまだ旅を続けています」
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx