8月になって、急に新しい人とたくさん出会う。町をうろついて、マタトゥで「国立博物館」「スネークパーク」へ行き、学割で入場して、歩いて帰る。@ナイロビ/ケニア

【「間違いだらけの海外個人旅行」】
 
1988年8月1日今日は月曜日だ。
新しい月になったし、月曜日は町が動き出す日。
僕は8月5日にナイロビを出て、カイロへ飛ぶ予定だ。
残り少ないナイロビの日々を考えると、やり残したこともいろいろあるね。
今日は、少し気分を入れ替えて、行動的になりましょう。
僕の旅行ノートの8月1日のところの最初には、「日本人いろいろと会う」と書いてある。
昨日(7月31日)は、ナイロビに来たとたん詐欺にあって、トラベラーズチェックを盗られた大学院生の詐欺君と出会った。
日曜日で仕事が休みだった援助くんの4WDで、ナクル湖までドライブして、フラミンゴを見た。
日本は夏休みに入り、この時期はバブルの絶頂期に向かって、ガンガン上り調子の時期。
世界中に、日本人旅行者が溢れていた。
僕が1988年春に、バルセロナでスペイン語学校にいた時も、ランブラス通には日本人だらけだった。
バルセロナの鉄道駅に行くと、スペイン語も英語もしゃべれない日本人学生諸君が、国内線の切符売場に、国際線の切符を買うつもりで、長い列を作っていた。
僕が「国際線ならば、隣の窓口だよ」と言うと、一斉に移動したのが面白かった。
海外には、雰囲気でとにかく海外に出た若者がたくさんいたんだ。
2015年では「さとり世代」という言葉があって、若者はすべてにわたって気力がなくなり、海外旅行に出ようというキモチもない。
ただ1988年は、みんな海外旅行に出ていたが、流行に乗っていただけ。
海外で「これからどこへ行ったらいいでしょう」という相談をよく受けた。
とにかくバブルの時代は、特に目的もなく、若者は誰でも海外旅行に出るのが常識だったんだよ。

そのバブルの1988年の8月だから、どどっと日本人が海外に出る時期。
ナイロビの1988年8月は、日本人が溢れる予感がしていた。

ただ僕は、人が多すぎるのもイヤなんだ。
ヨーロッパに入るのは、出来るだけ遅くして、観光客を避けたいと考えている。
僕のノートに従って、今日(1988/08/01)の旅行記を書いてみたい。
まず、バークレイバンクへ行って、40ポンド(約1万円)を両替して、ケニアシリングにした。
8月5日にナイロビを出るので、それまでの生活費が必要だったからね。
続いて、エジプト航空のオフィスで、予約の再確認(RECONFIRMATION)をしようとした。
ところが、オフィスのコンピューターがダウンしていて、できない。
これはまた明日、オフィスに来ることにした。
「ジャパンインフォメーションセンター(JAPAN INFORMATION CENTER)」へ行って、「なだしお事件」の記事を読んだ。
続いて、680ホテルの日本レストラン「赤坂」で昼食をとる。
さらに、680ホテルの屋上のバーに行って、ビールを飲んだ。
これは、1人で行ったはずがないので、誰か(たぶん詐欺君?)と一緒だったのだと思う。
このあと僕は一人になって、一度イクバルホテルに戻った。
そして、「国立博物館(NATIONAL MUSEUM)」と「スネークパーク(SNAKE PARK)」へ行こうと考える。
イクバルホテル前のマタトゥ乗り場で相談をして、乗せてもらう。
国立博物館近くになったら、降ろしてもらった。
そこから歩いて、「国立博物館」へ。
入場料は50シリング(400円)だったが、国際学生証を出したら、10シリング(80円)になった。
展示物は、ほとんど印象に残ってない。
続いてすぐ近くにあった「スネークパーク」へ。
ここもほとんど記憶にない。
ただ、国際学生証(ISIC)で、30シリングが10シリングになったと、ノートに書いてある。
一番記憶に残っているのは、ナイロビへの帰りは、歩いて戻ったこと。
道端でマタトゥを待つよりも、ぶらぶら歩いた方がスッキリすると思ったからね。
マタトゥに乗ってきたときに、この距離だったら、帰りは歩けると思ったし。
でも、今は、ナイロビ市内を歩くのは危険だと思います。
これは1988年の話なので、歩いてナイロビへ戻って、さらにリバーハウスへ行った。
リバーハウスには、新しい旅行者がたくさんいたが、「コロッケ」とあだ名を付けた旅行者と会った。
多分面白い人だったのだろうが、残念ながらメモしてないので、忘れてしまった。
あと、イクバルホテルに8月1日から4日までの宿泊費を払う。
「COLLECT THE BAG」と書いてあるが、何のことかわかりません。
まあとにかく、ナイロビ生活の終了へ向けて、いろいろやってました。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx