タンザニアのビザを申請し、「ナイロビ病院(NAIROBI HOSPITAL)」で診察してもらい、リバーハウスで本を2冊借りる。@ナイロビ/ケニア

世界旅行者の「世界冷や汗一人旅」
1988年6月6日、月曜日。
土曜日、日曜日と、動きが取れなかったが、月曜日になれば、さっそくアフリカのビザ取り開始だ。
その前に、バークレイバンクへ行って、70英ポンド(2万円弱)をケニアシリングに両替する。
ビザの料金は、結構高いものだし、もちろん大使館では、現金払いだからね。
さて、どこの国のビザを取るかというと、もちろん、自分が旅する予定の国のビザを取るわけだ。
ただ、この時点では、まだアフリカ旅行のルートが決まっていない。
ナイロビを基点とした、この時代の旅行ルートというのは、ある程度定番化していた。
まず、手近なところでは、ケニアの南のタンザニア旅行。
タンザニアとは、もともと「タンガニーカ」というアフリカ本土の国と、「ザンジバル」という島国が一緒になったもの。
タンザニアでは、この時代、ザンジバル旅行が手軽で、人気だった。
タンザニア北部には、「ンゴロンゴロ国立公園」や「キリマンジャロ」もあったが、この時代はとにかく道路状況が悪くて、カンタンに観光できるところではなかったんだ。
道路状況がよくなったあとは、ナイロビから陸路で、キリマンジャロ登山が、人気になったけどね。
アフリカ旅行というのは、その時点での情勢、危険度があっという間に、コロッと変わるもの。
例えば、僕が旅をしていた1988年の時点では、南アフリカにはアパルトヘイトがあったので、南アのスタンプがあると、ブラックアフリカの国々には入国できなかった。
だから、特にアフリカの国々に着いては、ビザの状況や入国の問題、治安は、その場その場で、考えるしかないわけだ。
有名な「ルワンダ大虐殺」は、1994年だったね。
エジプトの治安が悪化してからは、お気軽にツアーに参加することも、難しくなった。
僕が1988年春に旅をした、「アルジェリア」も、それ以降ずっと治安が悪い状態が続いている。
だから、海外旅行をするときは、旅先でも国際ニュースに気を配っていなければならない。
それには、世界中どこでも手に入る「インターナショナルヘラルドトリビューン(International Herald Tribune)/IHT」を日常的に読むことが基本。

【IHTを読む@ヒースロー空港にて】
この時は、タンザニアの陸路の状態がひどいという以外は、特に問題もない状況だったので、まずタンザニアビザを取ったわけだ。
どういうルートで旅をするにしても、ケニアの隣国タンザニアには行くだろうからね。
月曜日の6月6日にタンザニアのビザを申請すると、受領は6月8日の水曜日と指定された。
ビザの申請自体は、書類を書いて、写真をつけて提出するだけで、簡単に済んだ。
とすると、今日一日、まるっきり暇だ。
そこで、「ナイロビ病院(NAIROBI HOSPITAL)」へ行くことにした。
昨日町を歩いていたら、左足の爪が少し化膿してきて、歩きにくかった。
この程度ならば、特に問題はないが、ここはアフリカだし、悪化しないように、薬でももらうのがいいだろう。
それと、最近、「ナイロビ病院」の話がよく出ている。
旅先で、あることが話題になれば、自分で行っておいた方がいい。
早稲田の探検隊の1人が、マラリアで入院しているのも、そういえばナイロビ病院だった。
ナイロビ病院の話題が出てきて、僕の足に傷があるなら、それを理由に、病院へ行くのも、いい暇つぶしになるでしょう。
市バスに乗って、ナイロビ病院へ向かう。
バスの中の乗客に、ナイロビ病院へ行くと話をして、病院前でおろしてもらう。
ナイロビ病院は、落ち着いた感じのところで、診察を受ける患者も少なかった。
50歳くらいの黒人医師の診察を受ける。
傷自体は、自分で見てもたいしたことはなくて、軽く化膿している程度。
ただ、なにしろここはアフリカで、下手な病原菌が入ると、一気に悪化するかもしれない。
ナイロビ病院は、おそらく、東アフリカ一の病院だろうし。
傷を見てもらって、膿を検査に出して、傷薬をもらった。
ついでに、破傷風の予防注射もされた。
破傷風(tetanus)は、3回注射しなければならないようで、注射の日付も書いてもらったが、忘れてしまって、僕はこの一回だけでした。
僕の旅行ノートには、この病院の支払いが、「260シリング+280シリング+196シリング」となっている。
合計736シリング(5888円)。

僕はこれまでも、ロンドンで、パリで、診察を受けている。
この時代は、一回病院に行くと、1万円かかったね。

もちろん、僕は旅行保険に入っているので、かかった分は保険で降りるのだが。
時間がたっぷり余ったので、絵葉書を買って、実家と友人知人に書いた。
リバーハウスへ行って、本を2冊(現代、世界の歴史)を借りました。
パスポートをビザの申請のために、「タンザニアハイコミッション」に預けているので、動きが取れない。
でも、旅先では、うろうろしていれば、なにか新しいことが起きるもの。
明日は、援助団体の人と知り合うことになります。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx