ザンビアビザを取り、続いて、マラウィビザを申請し、「THE JAPANESE CONSPIRACY」を読了する。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月14日(火曜日)。
昨日は、金曜日に申請していた「ザンビアビザ」を、ちゃんと、指定された午後4時に受け取りに行った。
しかしザンビア大使館は、「あれー、すんまへんな。でけてまへんねん」という対応。
僕もアフリカの雰囲気に染まってきているので、特に怒るわけでもない。
今日の朝に、またザンビア大使館へ行けばいいだけだ。
ザンビア大使館の受付で聞くと、僕のビザは出来ていて、パスポートにスタンプが押してある。
それを確認したが、思ったよりもビザ代が高くて、ケニアシリングが足りない。
ナイロビの中心部にある「バークレーバンク(BARCLAYS BANK)」へ行って、トラベラーズチェックを両替する。
この時は、100英ポンドのトラベラーズチェックを一枚、ケニアシリングに両替した。
この時期の英ポンドは、1ポンドが250円くらいだったので、100ポンドは2万5千円程度。
ケニアで2万5千円握ってれば、しばらくは過ごせるね。
すぐにザンビア大使館へ戻って、400ポンド(3200円)を払い、ビザがあるパスポートを受け取る。
今では、ビザの料金は、アフリカではどこも1万円近くするのが常識。
この時代は、ザンビアビザが3千円以上するというのは、ちょっと高めだったんだ。

タンザニアビザが、たったの「42.45ケニアシリング(340円)」だったしね。
さて、次はどこの国のビザを取ろうか。
このとき僕の旅行目的地は、ザンビアとジンバブエの国境にある「ビクトリアフォールズ」となっている。
ケニアからビクトリアフォールズへ陸路移動する。
タンザニアとザンビアのビザはすでに取っている。
その流れでいくと、ケニアからタンザニア、タンザニアからザンビア、そしてジンバブエというルートになるだろう。
しかしこのルートには、ちょっと問題があったんだ。
それが「タンザン鉄道」だ。
タンザニアの首都 「ダルエスラサーム」からザンビアの「カピリムポシ」まで、鉄道が走っている。
これは中国が援助として建設したもので、駅舎も中国風だ。
ただ、この時代、この鉄道は、非常に評判が悪かった。
外国人旅行者がタンザン鉄道に乗っていると、国境越えのときに、いろいろ虐められるという話が、たくさん流れていた。
持ち物のチェックで、裸にされたという噂もある。
この時代、アパルトヘイトがあった「南アフリカ共和国」へ行ったら、ブラックアフリカへは旅出来ない。
旅行者は、南アのスタンプがあるパスポートを紛失したとウソをついて、再発行することがよくあったわけだ。
そこで、パスポートを探すという口実で、旅行者を裸にすることも、一応筋が通ってたわけね。
この噂が本当かどうかわからないが、タンザニアの首都ダルエスサラームで、タンザン鉄道の評判をチェックしなければならない。
もしも余り居心地がよくないようだったら、別ルートを取ることも、選択肢に入れておきたい。
ところが、アフリカ旅行ではとにかく、こちらへ行こうと考えてスンナリ行けるわけではないよ。
タンザニアからタンザン鉄道で、ザンビアへ行かないとしたら、マラウィを通過することになる。
ところが、スンナリとマラウィへいけるわけではないんだ。
ここでも、マラウィビザを取るという面倒くさい作業が必要。
アフリカ旅行の問題はここにあるんだね。
例えばヨーロッパの東欧諸国のような、ビザが必要な国を旅する場合、隣国でビザを取ればいい。
このあと僕がヨーロッパ旅行をするときにやったように、隣国でビザを取って旅をすれば解決する。
ヨーロッパは国々にそれぞれ特徴があるので、国から国へ旅することは、とてお興味深い。
ヨーロッパを移動しながら、次に行く国のビザを取れば、効率的だ。
僕はこのあと、イスタンブール(トルコ)でブルガリアのビザを取り、ベオグラード(ユーゴスラビア)でハンガリービザを取った。
ブダペスト(ハンガリー)でチェコスロバキアのビザを取り、ウィーン(オーストリア)でポーランドのビザを取った。
ヨーロッパではこういう風に、移動しながら、観光を楽しみ、ビザを取っていくことができる。
ただ。アフリカというのは、国に分かれているのは、宗主国の植民地経営のためで、国としてたいして特徴があるわけでもない。
移動したからって、パスポートのビザと入国スタンプが増えるだけだ。
つまり、アフリカ旅行のポイントは、どこでビザを取るかということ。
わけのわからない国に迷い込んだら、動きが取れなくなるからね。
だから、居心地のいいナイロビでビザを集めているわけだが。
暇があるので、時間潰しにロンドンにいる語学学校の友人数人に、絵はがきを書いた。
お昼過ぎになったので、行きつけの日本レストラン「赤坂」へ。
焼肉弁当を食べて、ビールを飲む。
これで、87シリング(700円程度)。
先日知り合っていた援助団体のA氏から声をかけられて、世間話をする。
続いて「マラウィ大使館」へ行くと、ビザが受け付けられた。
ビザの申請は今日火曜日だが、ビザの発給は、2日後の木曜日になる。
マラウィ大使館では、ビザの申請のときに、料金を支払った。
それが50シリング(400円)。
いつもの通り、暇つぶしにリバーハウスへ行って、本を返却し、また日本語の本を借りる。
暗くなる前にイクバルホテルに戻り、部屋で本を読みながら寝ました。
ベッドの中で、「THE JAPANESE CONSPIRACY」を読了。
この本は、6月12日から読み出して、今日14日に読み終わった。
つまり、英語のペーパーバック一冊を、3日で読み終わったわけだ。
知的には、なかなかいい生活だったのではないかな。
 
greece-turkey-greece-egypt
ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx