詐欺にあった有名大学の院生をからかい、援助君と一緒に3人で、グレートリフトバレーに入り、「ナクル湖国立公園」へ@ナイロビ/ケニア

【イクバルホテルの部屋(1996)】
 
1988年7月31日(日曜日)、 またナイロビでの快適な生活が始まる。
昨日、イクバルホテル2階の25号室にチェックインした。

目が覚めて、部屋のシンクでヒゲを剃り、歯を磨き、アラブ式の共同トイレで、スッキリする。
日本にいるときは、緊張感がないので、お酒ばかり飲んでいるが、旅先では無理に酒を飲むことはないからね。
イクバルホテルの1階の食堂に下りるのが、朝の8時から9時の間。
この時間になれば、人もぽちぽちいるし、さーっと見回して、面白そうな人間がいれば、話かける。
この日は、日本人の大学院生と知り合った。
どちらが声をかけたのか覚えてないが、すぐに親しくなった。
それはそのはずで、彼は日本の旧帝大の大学院生で頭がよかった。
僕は京大工学部を出ているので、ものすごく頭はいい(どこかで働く気力はなくしたが…)。
頭がいい人間同士は、すらりと分かり合えるものなんだよ。
それに反して、旅行自慢しかすることのできない、日本によくいる、自称「旅のベテラン」諸君とは話が合わないんだ。
旅先で出会っても、お互いタイプが違うので、ちょっと顔を見ただけで、お互いに避けるようになる。
不思議なものだが、そういうことってあるんだよね。
彼はナイロビに着いた日に、町で偽警察官から声をかけられた。
「偽のトラベラーズチェックが出回っているから、調べさせてくれ」と言われたらしい。
そのままトラベラーズチェックを持ち逃げされた。
これは旅先ではよくある詐欺だが、やはり、声をかけられるのは、見るからに線の細い、旅慣れてない、学生さんや女性が多い。
正直彼も、旅行慣れしていないという雰囲気がすぐわかったからね。
トラベラーズチェックを取られても、トラベラーズチェックの控えもあるし、すでに警察に届けを出していると言う。
ナイロビにはトーマスクックのオフィスもあるが、ロンドンのオフィスに電話をかけて、再発行をしてもらうことになるとか。
このときの手続きを僕が手助けしたような気もするが、はっきり覚えてない。
僕はロンドンで、イギリス人も合格しない、「ケンブリッジ英検特級(CPE)」を取ったばかりなので、英語で話するときに、替わってやってあげた記憶もある。
ただ、その部分は、いつだったか、僕の旅行ノートに書いてないので、はっきりしない。
彼は現金も持っていたし、いますぐ特に困っている様子もなかった。
トラベラーズチェックはすぐに再発行されるものだしね。
これが、いまみんなが使っている、クレジットカードやキャッシュカードだと、情報を盗まれて、知らないうちに金が全部引き出されて、大変なことになると思うよ。
とにかく、海外旅行では盗難や詐欺、強盗の可能性があるので、お金は複数の手段で持っていった方がいい。
僕もこのあと、ヨーロッパからアメリカへ渡り、サンディエゴのYMCAでトラベラーズチェックを盗難にあった。
この時は、アメックスに電話一本かけただけで、すぐに再発行してもらえた。
だから彼の盗難話は、再発行が確実だし、いい笑いのネタになっただけだ。
詐欺君とお気楽な話をしていると、援助君が僕に会いに、イクバルの食堂にやってきた。
援助君は援助活動をしていて、4WDを持っている。
彼は僕を連れて、「ナイロビ国立公園」へ行って、ライオンをひき殺しそうになったことがある。

そして今日は、日曜日で、援助君はやってきた。
「ナクル湖でも見に行きませんか」という話だ。
僕は男性2人で車に乗るのは、苦手。
男性と2人きりだと、気を使うからね。
女性と2人きりで、ドライブしていると、これは楽しいよ。
でも、今日は、トラベラーズチェックを盗られたばかりの、「詐欺(の被害者)君」がいる。
彼は、新しい知人でもあるし、頭も悪くないので、話は途切れないだろう。
適当にからかっていれば、一日は退屈しない。

僕としては、新しい旅行者とワイワイやることが出来れば、イクバルでも援助くんの車の中でもどちらでもいい。
というわけで、詐欺君を誘って3人で、援助くんの車で、ナクル湖方面へ出発。
ナイロビを出て、しばらく走り、リムルという町で肉屋に立ち寄った。
援助くんの話では、「ここの肉はやわらかくておいしい」とのこと。
なぜか控えてあるが、牛肉1KGが29シリング(232円)だった。
これは、援助くんの個人的な買い物。
引き続き走ると、グレートリフトバレー(GREAT RIFT VALLEY)を望む。
それから、リフトバレーの中に入り、「ナイバシャ湖(LAKE NAIVASHA)」を見る。
続いて、「エレメンタイタ湖(LAKE ELEMENTAITA)」に入り、ここでフラミンゴの大群を見た。
引き続き「ナクル湖国立公園(LAKE NAKURU NATIONAL PARK)」へ。
ナクル湖ではなくて、エレメンタイタ湖に車を停めて、フラミンゴの大群を見たのだと思う。
このとき覚えているのが、「詐欺君」がなぜか、4WDのキーを預っていたら、それをなくしたこと。
車のキーをなくしたら、日本でもあわてると思うが、僕たち3人はちっとも焦ったりしなかった。
一つには、キーは車の中か(車のドアはロックしてなかった)、詐欺君の身体にあるか、湖畔の土の上に落としているか、だからだ。
僕が覚えているのは、アフリカで車のキーをなくしても、何とかなると思ったこと。
援助くんも別にあわてたりはしない。
車のキーをなくしても、何とかなると、みんな思っていた。
僕は4WDで一晩寝たとしても、それも話のネタになるなーと考えていた。
理性的に考えて、詐欺君が歩いた地面を探していたら、しばらくして、見つかった。
でも、そのことで誰も、文句を言わなかった。
こののんびりした感じが、アフリカなのかしらと思ったね。
国立公園に入ると、入場料がかかるので、ナイバシャ湖国立公園やナクル湖国立公園には行かなかった。
グレートリフトバレーと、エレメンタイタ湖でフラミンゴの大群を見ただけで、僕は十分でした。
帰りに、リムレに寄ったら、そこからナイロビへの道で、少し迷った。
この日は、リバーハウスへ行ったのか行かなかったのか、わかりません。
ひょっとしたら、詐欺君をリバーの人たちに紹介しに行ったかもしれない。
それはわからないが、明日は、多分詐欺君とナイロビをうろうろしましょう。
ケニア滞在も終わりに近づき、やることがいろいろあるんだ。
注意:エルメンテイタ湖、ナクル湖、ボゴリア湖は2011年に世界遺産に登録された。フラミンゴはどこかにいるらしい。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world index
アフリカ  西アフリカ INDEX 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
xxx