映画「カンプチア」を見て、ルワンダのビザを受け取り、若者に影響されて、ザンビアのビザを取ると決める。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月9日。
昨日(6月8日)タンザニアビザを受け取って、そのままルワンダビザを申請した。
ルワンダビザは、今日の午後4時から5時の間に受け取ることになっている。
これはきちんと受け取りに行く。
今日の夕方に受け取る予定のビザを、横着こいて明日の朝に取りに行こうというのは、ダメだ。
アフリカの国は、いつ体制がひっくり返るかわからないんだから(笑)。
だから、夕方にはきっちりと町のど真ん中のビルに入っているルワンダ大使館へ行く。
今日は木曜日で、明日は金曜日。
夕方にルワンダのビザを手に入れても、今日別のビザを申請するのは無理。
だから、申請は、明日の朝になる。
金曜日(6月10日)の朝一番にどこかの国のビザを申請しても、受け取るのは早くても来週の月曜日で6月13日。
それからすぐに別の国のビザをまた申請すると考えていくと、一週間で2か国のビザしか取れない。
アフリカをちょっと旅するだけで、ビザ集めが大変だとわかるだろう。
個人旅行でアフリカのビザを取る場合、ビザを取るためだけで、ナイロビに長期滞在することになる。

だから、一週間や二週間程度で、アフリカをあちこち旅するのは無理。
日本で前もって計画を立てて、アフリカビザを取るのも、ビザの面倒くさい条件を満たしてゲットしていくのはなかなか大変。
いまはアフリカ諸国も、ビザがカンタンに取れるところも増えたかもしれない。
でも、アフリカ旅行の問題点は、「ビザを取る」ことなんだよね。
本当に時間がたっぷりあれば、基本的には隣国で取っていけば、楽なんだけどね。
ただ、僕のこの時のアフリカ旅行は、ケニアへ来て、適当に面白そうな国に足を伸ばそうという程度。
しかも、ケニアに来た航空券は、アテネからカイロ(エジプト)経由ナイロビ往復の切符だ。
つまり、どこへ旅するにしても、ナイロビに戻ってくることになるだろう。
そうなると、あまりに大胆なルートは取れない。
それに、アフリカのあとは、ヨーロッパへ戻って、鉄道旅行をするつもりなのだし。
夕方まですることもないので、朝はイクバルホテルのレストランで時間を潰した。
イクバルホテル一階のレストランにいれば、誰かしら日本人旅行者が見つかるものだしね。

この日は誰も見つからなかった。
日本からナイロビへどこかの都市を経由して、飛行機がつく日があって、その日は必ず新人さんが見つかるものだが。

暇つぶしに、「JAPAN INFORMATION CENTER」へ行った。
これは、日本文化の紹介施設で、日本紹介の雑誌やパンフレットが置いてあるところ。

僕が行くのは、日本の新聞を読むため。
それと、誰か日本人旅行者に会えるかもしれないと考えたから。
しかしここでも、日本人旅行者はいなかった。
もちろん「リバーハウス」へ行けば、誰かしら日本人はいる。
ただ、僕はリバーハウスにどっぷり浸かるのも、好きじゃないんだ。
日本人と付き合うのもいいが、ベッタリするのはイヤ。
ぶらぶらと町を歩いていると、映画館を発見。
ナイロビには、立派な映画館がいくつもある。
たまたまやっていた映画が、時間も適当だったので、映画館に入った。
映画館は冷房が効いているし、時間を潰すには最適。
僕のノートには、映画のタイトルが「KAMPUCHEA」となっている。
インターネットで調べてみると、「KAMPUCHEA THE UNTOLD STORY(1985)」というのが見つかったので、これでしょう。
中身は戦争映画で、かなり残酷なシーンもあった。
きれいな女性兵士が、撃たれて、死ぬシーンもあった。
そこで、映画館が沸いて、笑い声が起きたのが、違和感があったね。
案外こんなところで、国民性の違いを感じたりするものだ。
映画としては戦争の残酷さを売り物にしたもので三流映画、知っている俳優も出てなかった。
しかし、冷房が効いたところで時間が潰せたのはよかったかな。
映画が終わって、すぐ近くのルワンダ大使館へ行って、ビザをもらう。
映画を見てたのは、ルワンダ大使館へ行くための時間潰しでもありました。
そのあと、リバーハウスへ顔を出す。
適当に雑談をして、本を4冊借りました。
リバーハウスにいた日本人の若者と連れ立って、イクバルのレストランへ行く。
というのが、ナイロビのリバーロード周辺は、この時期でも非常に危険と言われていた。
暗くなったら、とても歩けない。
商店もすぐに閉めてしまい、頑丈な鍵をかける。
屈強な黒人ガードマンが立っているところもある。
僕は、リバーハウスへ顔を出しても、暗くなる前には、自分の部屋へ戻っていた。
この時は、ちょっと知っている若者と一緒だったので、イクバルホテルの食堂で話をしたのかな。
旅先で話すことといえば、旅の情報交換。

例えば、タンザニアの道路状態が非常に悪くて、何時間かかるかわからない、みたいな事。
これからの旅行ルートについても語る。
若者は、ケニアから南下していくとの話。
僕もタンザニアのビザは取ったが、今日、ルワンダのビザを取った。
ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、タンザニア、ケニアのルートを考えていたが、ちょっと迫力がないかも。
彼の旅行ルートみたいに、ケニアからタンザニア、ザンビア、ジンバブエと下っていって、ビクトリア滝を見るのもいいね。
それじゃ、明日は、ザンビアのビザを取りに行きましょう。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx