写真を焼き増しして、フランス語学校のレッスンを受け、リバーハウスでフランス語をしゃべる。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月15日(水曜日)。
昨日マラウィのビザを申請して、受領は明日の6月16日と言われた。
それでは、今日6月15日に、何もすることがないかというと、そうではないんだよ。
僕は、ナイロビのフランス語学校「アリアンスフランセーズ」に、通っている。
今日がレッスンのある日だ。
東アフリカのナイロビで、しかもフランス語を上級クラスで学ぶとしたら、東南アジアでボケーッとしている日本人旅行者諸君とは大きく違う。
知的レベルが、完全に違うってことだけどね。
軽く粋な話ではないかな(エヘン)。
その前に、先日焼き増しをして腕を確かめていた町の写真館で、さらに20枚、パスポートサイズ(5cm×5cm)の証明写真を頼んだ。
ナイロビで、このままどんどんビザを取るつもりがあったのと、安ければ、枚数稼いでいた方がいいからね。
ちなみに、海外で使うビザ用の写真は古くてもかまわない。
確か日本のパスポート用写真は、「6か月以内に取ったもの」という規定があったかもしれないが(要確認)、ビザの写真は古くてもかまわない。
この時が、最初の世界一周旅行(1987-1990)だったが、二回目の世界一周旅行(1996)でも、この時の写真を使ってビザを取ったよ。
ケニヤッタアベニューの「アリアンスフランセーズ」に行って、黒人OLさんたちと一緒に、お昼の授業を真面目に受けた。
よく「西本さんは、なぜフランス語がぺらぺらなんですか?」と聞かれることがある。
それは当然で、僕は、この世界一周旅行に出る直前に、日本で「フランス語検定試験2級」に合格したばかりだった。
だからフランスを旅するときは、当然フランス語をしゃべっていた。
北アフリカ3か国(モロッコ、アルジェリア、チュニジア)を旅したときは、もちろんフランス語を使っていた。
このあと2002年に西アフリカへ行ったときも、全く不自由なくフランス語でやっていた。
あまりにフランス語がスイスイ出てくるので、日本人美人女子大生がビックリしたくらいだ。
「西本さんってすごいですねー。フランス語がペラペラで、あんなにしゃべれるなんてびっくりしました!」というお言葉をもらったことがある。
だから、1988年のナイロビでも、全くフランス語に不自由はしていなかった。
僕はナイロビでフランス語を学ぶこと自体ではなくて、「ナイロビでアリアンスフランセーズに通ったという経験が欲しかった」だけなんだ。
もちろん、語学というものは、常に勉強していないと、すぐに力が落ちるものだけれどね。
授業内容は、先生がフランス語でしゃべり続けて、その内容を書き取ることがメインだった。
フランス語は、発音がちゃんとしていれば、発音通りにカンタンに書き取れるものなので、難しくはなかった。
が、適度に頭が疲れた。
やはり人間、常に勉強することが大事ね。
語学学校に通えば、フランス語のレベルは上昇する(or維持できる)わけで、時間を無駄にしているわけではない。
一日を充実して過ごしたといえるかもしれない。

一日分の活動には十分だね。
フランス語学校のために、ノートを一冊買って、「ジャパンインフォメーションセンター」へ行って、日本の新聞を読む。
暇潰しのために、リバーハウスへ顔を出して、現地の「タスカービール(TUSKER BEER)」を飲む。
リバーハウスでは、タスカービールを箱買いしておいてあって、一本10シリング(80円)で勝手に取って飲んでよかった。
もちろん冷蔵庫などはないので、生ぬるかったが、全く気にならない。
といっても、生温かいビールが好きというわけではなく、ナイロビ鉄道駅のレストランでは、ビールに氷を入れて飲んでたけどね。
リバーハウスへは、ほとんど毎日、顔を出していた。
その理由は、読み終わった日本語の文庫本を返却して、また借り出すため。
あとは、旅行者の出入りがあったので、面白そうな人がいないかと、チェックする。
ほとんどは、だらーんとして、適当な話をしているだけだが…。
この日は、僕がフランス語学校に通っているという話になった。
それで、「これはフランス語でどういうの?」みたいなことを聞かれて、僕が次々フランス語をしゃべった。
まあ、僕にとっては、旅に必要なフランス語なんて、とてもカンタン。
いままで実際に使って旅をしてきているので、躊躇なく、すらすらと言葉が出る。
なにしろ、東京で受けたフランス語検定2級の試験では、会話ですらすらりと、難しい構文でしゃべったことがあるしね。
僕はなにしろ、普通の日本人はいくら勉強しても絶対に合格不可能な「ケンブリッジ英検特級(CPE)」を取ったばかりだし。
フランス語は、英語からの類推で、意味はわかるんだ。
英語が出来るという自信があるので、フランス語なんかは、少々間違ったくらいでは全く気にならない。
外国語をしゃべれるってことは、そういうことなんだよ。
ま、外国語論に着いては、また別に語るつもりです。
とにかく、今日はフランス語のクラスに出席して、無難にこなした。
そのあと、リバーハウスでビールを飲んで、グダグダ話をしたってことね。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx