イクバルホテルのツィンルームを1人で占拠し、本格的なナイロビ生活が始まる。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月11日(土曜日)。
僕のナイロビ滞在の目的は、ケニアを起点にしてアフリカの国々を回ることだ(少なくとも、そういうタテマエだった)。
いまだとケニアに旅する人たちは、野生動物を見るのが目的だろう。
ところが、僕は、野生動物にはまったく興味がない。
ケニアに来ているからには、ちょっとは見てみたいという気もするが、お金がかかるからね。
この時代でも、ちゃんとしたサファリツアーは、ものすごく高価だった。
国立公園にあるホテルは、1泊5万円程度と考えられていた。
たかが野生動物を見るのに、そんなお金は払えないよ。
だからバックパッカーが野生動物を見る場合、「キャンピングサファリ」がメインだった。
これは、テント生活で、1泊50ドル程度のツアー。
5日程度のツアーで、250ドル。
でも、車も食事もガイドも付いているとか。
さらに、運転手やガイドへのチップは、別に払ったようだ。
僕は参加しなかったが、ツアーに参加した人からいろいろ話は聞いたよ。
英語を満足に話せない日本人が、キャンピングサファリに1人で参加すると、「話し相手がいなくて、とても寂しい」とか(涙)。
安宿に泊まれば、誰かしら日本人がいたものだから、誰か見つけて、一緒に参加したほうがいいです。
野生動物に興味のない僕は、ナイロビに滞在していても、本を読んで、食事をして、ビールを飲んで、旅行者と話をしていただけだけ。
それで十分満足だけどね。
例えば僕がこのあと長期滞在するのが、ニューヨークロサンゼルスだったが、宿が問題だったね。
中南米旅行では、グアテマラのアンティグアや、ボリビアの首都ラパスだった。

この時は、落ち着ける宿があった。
長期滞在するには、滞在する町が魅力的であることももちろんだが、泊まるホテルがキモチイイことが、大切。
ナイロビの場合は、長期旅行者が滞在するのは、「イクバルホテル(IQBAL HOTEL)」と決まっていた。
ただ、とにかくものすごい人気で、常に混んでいた。
1人で一部屋確保したい僕としては、なかなか泊まれなかった。
何度か受付に並んでいたが、今日になってやっと、一部屋確保できた。
イクバルではだいたいは、ドミで泊まっていたので、1ベッド45シリング(360円)。
ツイン一部屋を1人で使うと、2ベッドなので、90シリング(720円)。
いままで泊まってきた、ソラスホテルが250シリング(2千円)。
ヒルクレストホテルが、160シリング(1280円)。
それに比べると、イクバルだと、一部屋720円。
イクバルだと、リバーハウスへ歩くにも近いし、1階のレストランにいれば、何時間でも暇潰しが出来る。
一日、ホテルにいて、だらだら本を読んでいてもさまになる。
食事は、レストランに下りればいいだけ。
食堂で本を読んでいると、それだけでも格好がつく。
何もしなくても、そこにいるだけで、ナイロビに来たばかりの旅行者が話しかけてきたりする。
だから、オキラクな状況が、出来たわけだ。
精神的に落ち着いたので、余裕が出てきて、日系旅行会社「DO DO WORLD」へ行ってみた。
これは、まだ行ったことがなかったので、様子見ということだろうか。
もちろん、アフリカ各地への航空運賃を軽く調べた。
西アフリカへの切符を調べたが、思いがけなく高かった。
だいたい、アフリカを横断する航空券というのは、かなり高い。
アフリカからヨーロッパへ飛ぶ飛行機は、安いんだけどね。
やはり、アフリカ横断は、需要がないのでしょう。
旅行関係のことを調べたということで、一応旅行計画が進んだという形は作った。
暇つぶしに、「SUNSET STRIP」という映画を見に行く。
680ホテルの赤坂へ行ったら、以前知り合っていた援助団体の人(援助さん)がいた。
イクバルホテルに落ち着いたと、部屋番号も知らせて、「まだまだ長期滞在するので、暇だったら来てください。」と、教える。
今日は、イクバルに落ち着いたということで、部屋で本を読んだり、一階の食堂で時間潰しをしたりした。
昼ごろには、リバーハウスで知り合っていた男が、声をかけてきたので話をする。
夜は、どこにも行かず、イクバルの食堂で本を読んでいたら、昼間会った援助さんが訪ねてきた。
いろんな話をするが、彼は、援助団体で使う4WDを日本から送らせて、持っているらしい。
ケニアに援助団体が4WDを持ち込むと、最後は寄付するという形にしないと、税金が高いとか。
彼が4WDを持ってるとなれば、いろいろ利用させてもらえるかもしれない(笑)。
ホテルをヒルクレストホテルからイクバルに移ったことで、僕のナイロビ滞在がガラッと変わった。
精神的な落ち着きが出来た。
これから、もっと余裕を持って、ナイロビ生活が出来るだろう。
いろんな人と知り合うが、覚えている人のことを、ちらほら書いていきます。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx