イクバルホテルのチェックイン行列で大阪夫婦と話、部屋に落ち着いて、リバーハウスで夕食を取る。「ホテルは予約しない方がいい」@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月30日、ナイロビの「ヒルクレストホテル」で、スカッと目覚める。
前日には、マリンディからナイロビまで、9時間近くのバスに乗りっぱなしだった。

でも9時間のバスに乗っても、全くこたえなかった。
僕はこのときまだギリギリ30歳代で、元気一杯だ。
これが若さというもので、そうでなければ、長期のバックパッカー旅行なんかはできない。
体力もあり、忍耐力もあり、好奇心もあり、チャレンジ精神もある。
新しい物事に対しての積極性もあるし、どんな出来事に対しても、柔軟に対応できる。
これはやはり、肉体も精神も、若いからなんだね。
特に僕は、大学に入学して以来、大学でも就職した企業でも、真面目に勉強も仕事も、してこなかった。
就職しても、もともと仕事を馬鹿にしてたので、出来るだけ仕事を避けてきた。
歳をとっても、頭は使ってないので、新品のままだ。
精神は若いし、肉体はなにしろ「国立競技場スポーツセンター」の長年の会員で、鍛え続けていたから、とにかく元気。

以前も書いたと思うが、歳をとってから海外旅行に出るというのは間違っている。
だって、歳をとれば、いろんなしがらみが出来て、海外旅行に出るつもりでいても、ほとんどの人は長期の旅には出られないもの。
歳をとったら、体力がなくなって、体力がなくなれば、面倒くさいことをわざわざやる根性もなくなる。
体力も根性もなくなったら、すべてにおいて、やる気がなくなり、金を使って安易な方向へと流れてしまう。
例えば、面白くもおかしくもない一流ホテルに泊まって、タクシーで名所へ行ったり、ツアーバスで観光するようなことだ。
こんなものは、旅行でもなんでもないね。
例えば、ツアーバスに乗っていて、バスの窓からバックパッカーが町を歩いているのを見る。
すると、失った青春を、胸が張り裂ける想いで、振り返ることしか出来ない。
実はこれは僕が、世界一周のあと仕事でボルネオへ行って、帰りにクアラルンプールの一流ホテルへ、タクシーで向かってたときの実話だけどね。
クアラルンプールヒルトンホテルに泊まっていても、本気で中華街かなんかの安ホテルにあこがれていたものだ。
僕がこうして、世界一周旅行に出たのも、離婚をして、家を引き払ったからだ。
ずいぶん多くの荷物を捨てたが、離婚してなければ、荷物の整理もつかず、長期海外旅行なんかにはとてもとても出られなかっただろう。
そういう意味では、僕が世界一周旅行に出たのは、神の導きがあったからだといえるだろう。
また、長期の世界一周旅行というのは、計画してはできない。
あまりに馬鹿馬鹿しい行為なので、真面目に考えたら、とてもとてもやってられないものだよ。
だから、その日になにをするかだけ考えればいい。
それが続いていくと、いつの間にか世界一周をしてしまうことになるわけだ。
長期の世界一周旅行などというものは、ただ日本に帰れなかったというだけなので、尊敬には値しない。
正直、長期旅行者なんて、ろくでもない人間なんだよね。
さて、僕にとって今日やることは一つだけで、それは絶対にやり遂げなければならない。
ナイロビの超有名バックパッカー宿「イクバルホテル」にチェックインして、一部屋を自分1人で確保すること。
昨日、「リバーハウス」に行って、日本人旅行者の皆様に、「今日からイクバルへ移る」と宣言してある。
ナイロビの日本人社会はとても小さいので、あっという間に僕がイクバルホテルに戻って、昔のように生活しているという情報が流れる。
すると、(どこからどう伝わるかわからないが)イクバルホテルにいるだけで、いろんな旅行者がやってくるはずだ。
そのためには、イクバルホテルに間違いなく部屋を見つけることが大事。
ヒルクレストホテルでぐずぐずしていても、意味がない。
荷物をバックパックにまとめ、ホテルに預けて、朝の8時半にはイクバルの食堂へ行った。
食堂の椅子に座って、チェックインが始まるのを待ちながら、いつもの朝食を取る(チャーイとサモサ)。
食堂のテーブルで、大阪から来た夫婦と知り合った。
彼らもイクバルホテルに部屋を取るとのこと。
お昼に僕と同じように、イクバルホテルの二階の受付の前に、並ぶってことだ。
この時代のイクバルホテルはとにかく人気があったので、チェックインのために並んでも、部屋が取れない人がいた。
原則、ベッドひとつが45シリング(360円)。
ベッド2つのツィンルームが、90シリング(720円)。
僕はシングルルームに泊まりたいわけだから、ベッド二つ分を払って、部屋を取りたい。
しかし、とにかくイクバルホテルは、この時代、連日満室になる。
イクバルホテルのスタッフも、常に満室になるわけだから、愛想もサービスもよくない。
12時がチェックイン開始ということだったが、この日は始まるのが遅かった。
多分、チェックアウトするかどうかわからない客がいたのだろう。
いまはかなりの安宿まで、ネットで予約できるようになっている。
が、その実態を考えないで、表面的に「ネット予約は便利だ」などと考えていては、失敗するよ。
まず、ガラガラに空いているホテルの場合、わざわざ予約の管理などはしない。
予約の管理をしても、部屋はあるわけだから、実際は、来た人を受け入れるだけだ。
予約のリストも作らない。
また、混んでいる時期は、予約をかまわずにどんどん来た人から部屋に入れてしまった方がいい。
部屋が埋まってしまえば、遅く来た客に、適当なことを言って、近くの別のホテルへ廻してしまえばいいだけだ。
ネット予約の場合、ホテルは予約サイトに仲介手数料を払うことになる。
評判がよくて、常に客が来るホテルでは、そういうことをしたくないので、ネット予約の客は嫌われるものなんだよ。
それに、予約客は、ドタキャンするものだ。
また、予約に胡坐をかいて、到着時間が遅れたりする。
予約を勘違いしているので、わがままだ。
旅というものは、予定通りに行かないのが常識。
だから、予約をしていても、交通機関のトラブルで、その日に泊まれないなんてことは、日常的に起きる。
予約をしていると、きちんとキャンセル料を取られる(当日キャンセルだから、全額取られる)。
これが、予約無しだと、自分の目で見て、その場で決定して、交渉して、泊まるかどうか決められる。
だいたいは、ホテル代を値切って、安く泊まれるものだ。
ホテルなどというものは、現地に行けば必ず空き室があるもの。
だから、昼ごろに探せば間違いなくホテルは見つかるわけだ。
その例は、僕の旅行記に、たくさん見つかる。
常にホテル不足で、値段も高いムンバイでも、旅行代理店やネットで予約をしようとしたが、見つかった宿は、場所が悪く、しかも高かった。

そこで僕は、当日、自分で歩いて、インド門近くの「ホテルリージェンシーイン」に泊まった。
ここは、場所がよくて、出前も取ってくれて、とても快適だったよ。
また、フィンランドから東ヨーロッパを通ってたどり着いた、3度目のイスタンブールでは、昔評判のよかったホテルがダメになっていた。
そこで、交渉して、1泊35ドルの定価を、25ドルまで下げさせて、「ホテルモーラ」に決めた。
さらに、到着が遅れて夜になったが、客を入れるためにホテルを値引きすることもある。
ベトナムの首都サイゴン(ホーチミンシティ)に夜中に到着したときは、「リバティー3」の部屋を値切って泊まった。
こういう風に、当日の午前中に行くようにすれば、旅行者の立場は強いので、ホテルは選べるし、値下げの交渉も出来る。
予約しなければ、自分で納得してとまれるので、ネットで騙されて、町の中心から遠い中途半端なホテルに閉じ込められることはない。
旅慣れない人に忠告しておくが、ホテルはとにかく街の中心にあることが一番大事。
どんなに部屋の写真がよくて、値段がナットクできるとしても、町から外れたツアー用のホテルなんかに泊まったら、最悪だよ。
ホテルから街の中心を散策するのが、一苦労なんだから。
例えば、スペインのグラナダでは、中心の旧市街に泊まらないと、夜の散策が楽しめない。
安くてきれいなホテルでも、街の中心から外れていたら、グラナダのバールでの食事もゆっくりと楽しめない。
僕は、グラナダの中心の安宿に泊まって、アルハンブラ宮殿で出会った学生さんたちと、ワイワイやった。
これが郊外のホテルなんかに泊まっていたら、帰りの足が心配で、ゆっくり飲めないよ。
町の中心の安ホテルだから、酔っ払っていても、部屋にたどり着くことが出来るってわけだ。
なぜホテル論を長々と語ったかというと、わかる人はわかるだろう。
1988年7月30日は、僕の旅ノートには、ただ「イクバルにチェックイン」したことしか書いてないから、ネタがないんだよ(笑)。

イクバルホテルのチェックインは、遅れて、午後1時ごろになった。
部屋の鍵を手にするまで、午後1時半まで待たされた。
午前11時ごろから並んでいたから、チェックインするだけで2時間半もかかった。
いや、確実にチェックインするために、午前8時半から、イクバルの食堂で粘っていた。
だから、チェックインまで5時間かかったと考えても間違いではない。
旅先の貴重な時間を安宿にチェックインするためだけに、5時間も無駄にした。
とも言えるが、僕の今日の目標は、「イクバルホテルに1部屋を確保すること」だけなので、部屋さえゲットすればいい。
「25号室、180シリング」とメモしてあるので、イクバルの25号室を占拠して、今日と明日の分の部屋代180シリング(1440円)を払ったという意味でしょう。
あとは部屋で少し休んで、リバーハウスへ夕飯を食べに行きました。
これで、明日からは、イクバルホテルでだらだら午前中は1階の食堂で、本を読みながら、粘る。
午後は、部屋のベッドで、本を読みながら、ごろごろする。
夕方には、リバーへ行って食事をする、という理想的な生活が、待っているわけです。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx