アフリカを1人で旅するのは危険だと感じて、誰か一緒に行く人を捜そうと思う。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月16日(木曜日)。
この日は、マラウィビザを受領する。
他はなんにも用事がない。
フランス語学校の「アリアンスフランセーズ」に通っているが、それは、毎週月、水、金の3日だけで、お昼の1時間程度だしね。
マラウィビザを受け取るのは、ビザの預り証を見せるだけで、とてもカンタン。
問題なのは、次にどこのビザを取るかということになるが…。
僕がナイロビに着いたのは、6月3日の朝だった。
今日が6月16日。
つまり、まるまる2週間、ナイロビに滞在したままだ。
その間なにをしていたのかというと、ナイロビを歩き回って、徐々にナイロビに身体を慣らしていった。
ホテルを、ソラスホテル、ヒルクレストホテル、そしてイクバルホテルへと移動して、落ち着いた。
日本人バックパッカーが集まる安宿「リバーハウス」を知って、顔なじみになり、自由に出入りする状況を作った。
リバーハウスから、日本語の文庫本を借り出しては、むやみやたらと読んでいる。
英語のペーパーバックも、調子よく読んでいる。
フランス語学校にも通って、フランス語に磨きをかけている。
問題は、アフリカ旅行の計画が立ってないってことなんだよなー。
ビザは、すでに、タンザニア、ルワンダ、ザンビア、ケニアのリエントリービザ(再入国ビザ)と取って、今日、マラウィのビザを取るわけだが。
アフリカ旅行計画が立たない理由は、この時代、アフリカ旅行がかなり危険だと考えていたから。

それと、アフリカを旅して来た旅行者から話を聞いているうちに、アフリカの旅にウンザリしたってことがある。
普通の日本人にとって、例えば、ケニアとタンザニアの違いがわかるだろうか。

ルワンダとウガンダとブルンジの違いをわかっているひとはほとんどいないだろう。
国の名前をにしても、初めて聞いたという人が多いかも。

誰も聞いたことがない国へ旅をしても、誰も興味を持ってくれず、話を聞いてくれることもない。
しかも、身の危険を感じるとしたら、わざわざ行くなんて、馬鹿っぽい。

確かに入国スタンプは違うだろうが、それ以外では、特徴はないのでは?
動物が好きな人は、各国に国立公園があるから、それを見るのは理由になるだろう。

でも僕は、高い金を払ってまで、たかが動物なんかを、見たいとは思わない。
それと、僕はエジプト航空の往復切符でカイロからナイロビへ来ている。

ナイロビからどこかへ旅をしたとしても、またナイロビへ戻ってきて、カイロへ飛ぶことになる。
それだと、ナイロビから遠く旅をしても、また戻ってこなければならないわけで、遠くへ旅するのは面倒なだけだ。

この時期、アフリカで知っている観光地といえば、「ビクトリアフォールズ(VICTORIA FALLS)」くらいしかないしね。
そのためにビザも揃えているわけだが、ビクトリアフォールズへ行っても、滝があるだけだろうしなー(笑)。

とにかく、アフリカ旅行は危険だ。
この時期、ケニアの首都ナイロビの治安も、夜は外を歩けないくらい危険だった。

僕はイクバルホテルに泊まっていたが、ちょっと歩いたリバーハウスへ行っても、暗くならないうちに、戻ってきたものだ。
暗くなったら、商店はすぐに頑丈なシャッターを下ろし、大きな鎖と南京錠で戸締りをしている。

そしてガードマンが見張りに立っているという状況が普通だ。
つまり、結構開けている、ケニアのナイロビでも、かなり危ない。

これが、わけのわからない国へ行って、町をふらふら歩いていたら、どんな目に遭うかもしれない。
警察だってまともに機能しているとは考えられない。

第一、一人旅の日本人旅行者なんて、行方不明になっても、誰も気にしないだろう。
サバンナに放り出されて、ライオンの餌食になってオシマイだ。

そう考えて行けば、わざわざアフリカ旅行をする気がなくなってきた。
それよりも、ナイロビにぐーたらだらだら滞在していたほうがオキラクだし、安全だと思う。

大体僕がナイロビに来たのだって、「アフリカ大冒険旅行」なんて、だいそれたものではない。
カイロから、軽く足を伸ばしただけなんだから。

僕は非常に頭がいいので、自分の限界を知っている。
そんなたいした旅行者でもなく、冒険家でもないよ。

自分の限界を超えて、無謀なことはしない。
せっかくナイロビまで来ているなら、軽く近隣の国へ行くことくらいは、やってもいい。

そのためには、誰か同行者がいればいいわけだ。
もしアフリカ旅行をするなら、だれか一緒に旅する人間を捕まえることが必要になる。

僕はいままで、一人旅が不安だからという理由で、誰かと一緒に旅したことはない。
でも1988年の、情報がほとんどないアフリカ旅行なら、誰かと一緒だった方が、生き延びる確立は上がるだろう。

 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx