ヒルトンホテルのプールで泳ぎ、ヒルトンヘルスセンターでサウナに入り、フランス語を勉強して、気の合う友人とグリーンバーで飲む。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月20日(月曜日)。
昨日は、援助君の4WDで、ナイロビ国立公園へ行って、キリンやシマウマ、ライオンを見た
行く前はそれほど乗り気ではなかったが、行ってみればなかなか面白いものだ。
今では、ナイロビに行った思い出として、人に話す欠かせないネタになっている。
ケニアへ行ったら、国立公園でサファリをやってないと、迫力がないからね。
いまアフリカへ行く人は、ほとんどが短期旅行で、サファリ目的だろう。

短期でサファリをするとしたら、高価なサファリツアーだから、お金もたっぷりとかかる。
そういう場合、僕がナイロビ国立公園で、昼間の2〜3時間程度動物を見たというのは、話を盛り上げるには一番いいスタンスだ。
「いいですねー、僕もそんな豪華なツアーに参加したかった。でも貧乏なので、ナイロビ国立公園に、3時間程度行っただけです」
と、言うと、豪華サファリツアーに参加した人は、優越感に浸れるからね。
旅行話というのは、だから、セコイ話か失敗談でないと、誰も聞いてくれないんだよ。
赤の他人が、お金をたっぷり使って、豪華な旅行をして、楽しかった、なんて話、聞きたくないよね。
だから、旅行話を読んでもらうにも、聞いてもらうにも、失敗談、ドジ話がいいわけだ。
アフリカにサファリに行って、豪華ロッジに泊まった話を聞いてくれるとしたら、とんでもない偽善者だから注意した方がいいよ。

僕は、もともと動物に興味がなく、サファリにも行く気がなかったので、形だけでも国立公園を見れて満足
他人の4WDに乗せてもらったので、ほとんどお金はかからなかったし。
その場ではあんまり気が進まなくても、とにかく行動しておくことが大事ね。
と、旅行哲学してみました。
今日は月曜日なので、アリアンスフランセーズのフランス語レッスンが午後にある。
最近、アフリカ旅行に出る気がなくなって、どこにもビザの申請はしてない。
午前中に暇があったので、ヒルトンホテルへ行ってみた。
ヒルトンホテルにプールがあると聞いたので、ひと泳ぎしようと考えたからだ。
行ってみたら、そんなに小さくはない、まともな室内プールがあった。
誰も泳いでないので、一人で、泳ぎました。
「泳ぐ」ということに関しては、僕はいろいろ語れる。
1980年前後には、東京で「ホテルのプールブームが起きた」が、メディアでは注目されなかった。
シティホテルはどこも、プールを作って、そのプールが人で溢れたものだ。
東京のプリンスホテル系列だと、赤坂プリンスにもプールがあった(最近行かないが、プールはなくなったと思う)。
今でもあるのが、芝増上寺横の東京プリンスホテルだね。
プリンスホテルのシーズンパスを持っていたので、赤坂プリンス、新高輪プリンス、品川プリンス、東京プリンス、なんかのプールで泳いでいた。

僕は朝一番で、近所の、「麻布プリンスホテル」の庭のひょうたん型プールで泳ぐのが習慣だった。
地元の人以外、あまり知らない場所なので、いいネタになるからね。

この時代は、男性は金のネックレスと(ぶっとい)金のブレスレットをしているのが、定番ファッション。
サンタンオイルを使って、こんがりと焼くのがブームの時代だったね。

僕にも、真っ黒に焼けた肌に、金のネックレスという時代もあったよなー(遠い目をする)。
あのころは、「カルバンクライン(CALVIN KLEIN)」のジーンズをはいてた(いまは、「ユニクロ(UNIQLO)」ですが)。
ホテルのプールのブームが去ったあとは、千駄ヶ谷の神宮プールや東京体育館の50mプールに通ってた。
海外旅行へ出ても、最初は、リゾート地にある高級ホテルのプールで泳ぐのが好きだった。
その流れでいくと、ナイロビのヒルトンホテルで泳ぐというのも洒落ているね。
と考えて、1人でヒルトンホテルのプールへ行って、泳いできた。
一流ホテルのプールで、中年男性が1人で泳ぐのも、カッコイイね。
美女がそばにいると、とたんに俗っぽくなるわけだが。

それから、ヒルトンヘルスセンターのサウナに入って、汗を流した。
サウナも、東京ではよく行ってたものだ。
これが午前中で、午後はまず、アリアンスフランセーズの授業を受ける。
午後になって、イクバルホテルの食堂に戻って、本を読んでいると、「登山君」がやってきた。
だらだら話をしていると、「ラグビー君」も来た。
2人を紹介して、ラグビー君の話を聞くと、ナイロビへ来てすぐ親しくなった黒人女性に、お金を盗られたとか。
盗られたのは、300ドル。
彼はかなりお金は持ってる雰囲気だったので、問題にするような額ではない。
それをネタに、どうでもいいことをあれこれ話して、時間を潰す。
イクバルホテルのあるラテマロードには、「グリーンバー(GREEN BAR)」という有名なバーがあるので、そこへ3人で繰り出す。
僕としては、ナイロビに滞在しただけで、このまま何もせずにアフリカを去るのは、まずいと思っている。
ラグビー君が女性と別れたのなら、一緒にビクトリア滝を見に行かないかなと、提案する。
ラグビー君はそんなに乗り気ではないが、西アフリカなら、行ってもいいという雰囲気。
これは、一応、検討することにしました。
登山君は、近々、リバーの連中5人程度で、「ケニア山登山」をする計画があるそうだ。
僕も誘われたが、山登りだなんて、そんな疲れることは、お金をもらっても、ごめんです。
昼間からグリーンバーでタスカービールを飲んで、ぐーたらしゃべって、リバーハウスへ行って、食事をする。
リバーで顔見知りの宅配君は、これから列車で、ケニア東海岸のモンバサへ行くとのこと。
みんなそれぞれ、いろんな計画を立てて、動いているね。
僕も、ケニア東海岸のビーチ程度には行きたいが。
まあ、難しいことは、明日考えましょう。
明日になれば、なにか変化があるかもしれません。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx